ひきこもり・ニートが勉強やネットビジネスを始めた時の注意点

前回、前々回と当サイトの基本姿勢についておさらいしてみたんだが、そうこうしているうちにも、なんか物凄い数のスパムコメントが送られてきて困っている。うちにそんなものを送っても全くの無駄であり、即座に消去するし怒り心頭に発しているので、絶対に商売になどならないのだから、即刻やめてもらいたい。といっても相手は外人みたいなので、日本語で書いても無駄だし読んでもいないのだろうけどね。

 

さて、ひきこもりやニートのお友達が、一念発起して勉強とかネットビジネスを始めたとする。ここで、自己流で闇雲にやったり、無理な計画を立てたりしたら必ずすぐに挫折しちゃうので、正しい方法をよく調べてから効率的にやらなくてはいけない。できれば無駄を省いて最短距離で最大の効果を出したいものだ。いろんなやり方があると思うし、正解はないのだけど、当サイトで推奨している勉強法は、落ちこぼれ状態から一応成績優秀者の格好をつけられる一番簡単な方法と言うことはできるだろう。

いずれにしても、ノウハウコレクターになっちゃうのが一番よくないのである。いろいろな参考書をつまみ食いみたいにちょこちょこやったり、あるいはネットビジネスならば高額な教材を次々に購入してみたりするのは、多くの人が陥りやすい落とし穴であって、お金と時間の無駄なので注意しましょう。

 

と言いつつ、とりあえず自己流でやってみて失敗することもひとつの経験、ということもできるのだ。何回も失敗するうちに無駄が省かれていって洗練されていく、というのはゲームが上達する過程そのものであって、勉強やネットビジネスもゲームと同じ感覚で楽しんでやれれば、挫折することも少ないかも知れない。

僕はこのごろ、PCエミュで初代プレステの「グランツーリスモ2」をやっとるんだが、何度もやっているうちに無意識のうちに大金を稼げるようになっているので、自分でも驚いている。僕はシビック乗りなので、まず最初に中古のシビックを買って、ホンダのシビックレースに出るのだな。これで勝てば50万円貰えるので、七回走って350万たまると、今度は中古のR33スカイラインGT-Rを購入。それでマッスルカーカップの二番目のレースに勝ったら、プレゼントカーでコブラを貰えるんだけど、こいつを売ると1250万円になる(笑)。最近では、ここまでを全く無意識のうちにプレイしているわけだ。

現実世界でそれくらい簡単に稼げればいいのだが、こっちは何百円という話からのスタートである(アフィリエイトで数百円でも稼げればたいしたものなんだが)。僕はアダルトアフィリエイトを始めた頃、本当に何をどうしていいか分からず、サイトにどうにか閲覧者が来はじめるまで一年半くらいかかってしまった。そういう挫折とやり直しを何度も経験しているので、現在では最初に何をやるべきか、何をやってはいけないかということを身体が覚えていて、ある段階までは無意識で作業することができるわけだ。

先日、試しに新しいアダルトサイトを立ち上げてみたのだが、やり始めの頃に一年半とか二年とかかかった初期段階の集客を、一ヶ月ちょっとで達成することができたのである。とにかく行動してみて失敗を繰り返すことで、作業がどんどん効率化されていくということは確かにあるのだ。準備とか下調べは大事だが、準備ばかりしていて行動しないのでは進歩がないわけで、これと決めたらとにかく積極的にやってみることも大切なのである。

 

アダルトサイトの運営に興味のある人も多いだろうと思う。競合が多くて大変だとか、思ったほどは稼げないとか、ネット上ではいろいろなことが言われているのだな。それはそのとおりと言うしかないんだけど、きっちりやれば誰でもある程度(月10万くらい)まで稼ぐことはそれほど難しくない。ただし、その段階まで耐えられる人間はあまりいないだろうと思うので、その意味では難しいネットビジネスなのかも知れない。

このジャンルのアフィリエイトは、やることは非常に単純であって、毎日記事を更新してリンクをつけていく、ただそれだけだ。まず、毎日の単調な作業が続けられないという人には全く向かないのは確かだね。そして、数千とか数万のアクセスを稼がないと商売にはならないので、そこまでサイトを育てる根気が必要。その間の一年とか二年とかは完全なるタダ働きということになる。最初の頃はアクセス解析を見てもたいてい一桁、よくて10人とかいう状態がずうっと続くのだから、これはモチベーションとやらの維持が非常に難しい。というか、まともな神経とか社会常識を持っている人間ならば、初期段階でバカバカしくなってやめてしまうだろう。おそらく九割以上が三ヶ月以内に挫折するはずだ。

この挫折感、絶望感をくぐり抜けて続けていると、ときどき急激にアクセスが増える瞬間というのがあるのだ。しばらく停滞したかと思うと、また急にぐっと増えることがあり、気がつくとサイトがかなり育っていて、ぽつぽつと商品が売れはじめる。この時の達成感を味わいたくて、僕はアダルトアフィリエイトを続けているような気がするのだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもりの勉強講座 私立文系楽勝攻略法

ひきこもり経験者でも、落ちこぼれであっても、一年くらいの習慣的な勉強法で成績優秀者になれる、というのが当サイトのメインテーマなのである。もちろん、これは中学レベルの内容をクリアしていることが前提条件であって、有名進学校ではなくても普通程度の学校で、中位から下位をうろうろしているお友達に特に有効であることを注記しておく。

ざっくりと言えば、基本的に狙い目とする志望校は私立文系であり(理系好きだという人は理系でもいいですが)、国語・英語・地歴(日本史または世界史)の三科目か、国語を除いた二科目で中堅以上の名の通った大学に滑り込むことを目標とする。ここまではいいですね。

ここで大事なことは、余計な勉強は一切やらないことである。受験勉強というのはただでさえ時間が足りない。しかもひきこもり経験者とか落ちこぼれならば、普通以上にハンデを負っているわけで、そのうえに必要ではない科目まで勉強していては総崩れになってしまう。といっても地方公立高校などでは、まだまだ私立文系を馬鹿にする傾向があるため、ちょっとでも成績がいいと地元国立大学を受験させようとするのだな。結局、ズルズルと流されて五教科七科目をやらされる泥沼にはまりがちなのだ。

 

具体的に何をやればいいかというと、これは過去記事の繰り返しになってしまうが、大事なことなので何度でも言いましょう。英語(リーダー)と地歴である。このふたつは仕上げるまでに時間がかかるので、無意識の習慣にして毎日ダラダラとやり続けるのが非常に効果的なのだ。特に地歴は暗記科目ということで、短期間のガリ勉で覚えようとする人が多いのだが、これは大いなる勘違いである。重要事項を単語としていくら暗記しても、使いどころが分かってないので、結局は点数に結びつかないのだ。壁を重ね塗りするように、少しずつ知識を厚くしていくことが大事である。

それとは逆に、中間試験や期末試験の数学、そして英語(英文法、英作文)は、一週間程度の集中的な暗記で簡単に高得点を取れてしまう。だから、この辺の科目でいい点を取って成績優秀者としてアピールすることがまず先決。なぜかというと、ある程度の成績上位者でなければ有名私立を受けさせてはもらえないからだ。そして、長期的にはリーダーと地歴の二科目だけに専念する、という二段構えでいくことだな。

 

さっきも言ったように、世界史・日本史の難しさは、重要事項を意味のない単語ではなくて意味のある単語として覚えなくてはならない、というところにある。教科書の太字の部分をただ覚えても、なかなか点数には結びつかない。それはつまり、教科書というのは授業における先生の説明を前提として、できる限り簡潔に書かれているからなのである。

進学校の生徒ならば先生の言うことをしっかり聞いているだろうけど、普通レベルの公立校だとおそらくノートを取るのに汲々としているだろうし、わざと不真面目な態度をとるのがカッコいいと勘違いしているやつもいるだろう。要するに、点が取れないのは授業を聞いてないからなのだ。その意味で、授業をもう一回繰り返してくれる学習塾は、地歴に関しては重宝するわけである。そして、授業をいつでも追体験できる実況中継本を推奨する理由もそこにあるのだ。重要事項をただ暗記するのではなくて、歴史の流れの中で意味のある言葉として覚えることが大事。それが理解できれば、理屈の上では地歴一科目は攻略できたと言えるだろう。

特にナビゲーターには巻末に付録の問題集がついていて、これは定期試験用の復習にちょうどいい。授業で使っている山川世界史ノートあたりを、もっと簡略にしたような感じ。普段は毎日何十ページとか、ペースを決めて本文を読むことを習慣にしておいて、定期試験の前に巻末問題集をやれば、たいした苦労もなしに80点、90点くらいは取れてしまうのだ。

あと、これは邪道なんだけど、受験勉強でどうしても時間がないという人は、本文はざっと読むことにして問題集だけを丸暗記するという手もある。これはまあ、最後の手段だね。応用が利かないから、文章を記述する問題などには通用しないけれども、必要なことはひととおり覚えられるので、中堅大学程度ならばそこそこ得点できることは確かだと思う。

 

リーダーの予習復習と、ナビゲーターを使った地歴の習慣的な勉強だけで、私立文系狙いならば一年で偏差値58くらいまでは上げることができる。これは二科目だけに限れば、地方国立大をクリアできるくらいの学力であって、普通の公立高校ならば上位30番くらいに入るのではないだろうか。ひきこもりや落ちこぼれの状態から一年でそのレベルまでいければ、周囲を驚嘆させるのに十分だろう。それだけで親や教師からガタガタ言われることはなくなるし、同級生からも勉強のことで馬鹿にされるということは絶対になくなる。大学に受かる受からない以前に、まず人生が変わるのではないか

特に、当サイトのやり方では無意識の習慣ということを重視している。そのコツはただひとつ、毎日の日課にしてしまうことであり、歯磨きをしないと気持ちが悪いのと同じレベルで、勉強しないと気持ち悪くて眠れない、という状態を目指している。いわゆる受験勉強のイメージである、苦行的な単語や文法は一切やらないのがモットーである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

ひきこもりの人生リセット作戦 勉強とネットビジネスではじめよう

このところメインになっている勉強ネタですが、内容的にどうしても高校生向けになりがちなのである。それはそれでいいのだけど、元来はひきこもりで勉強しようにもどうしたらいいか分からない、というちょっと大きいお友達に向けて書いているわけである。大事なのはどこの大学に受かったとか、何点取ったかとかいった枝葉のことではなくて、ひきこもりや落ちこぼれの状態からどうやって人生を組み立てていくか、という長期的な展望にあるわけだ。

ちょうどメルマガ準備中でもあることだし(まだ言っているw)、当サイトとしても新たなスタートということで、基本中の基本を整理しておきたいのである。

 

ひきこもり経験者とか、まさに現在ひきこもっている人は、どうにも身動きが取れないという場合が多いと思うんだな。周囲からはいろいろ言われるし、働こうにも経歴が経歴だからなにかと難しい。ひきこもってゲームでもやっているより仕方がない、というのは僕も経験している。僕は体調が悪くて、十年くらい起き上がるのも難しかったので、さらに絶望的な状態だった。その頃はネットもない時代だったから、ネットビジネスはおろか、ちょっとした情報すら入ってこないので完全に社会から遮断された状況になってしまい、まるで無人島にいるようなものだった。

今はネットという便利なものがあるので、自宅に居ながらにして稼ぐことができるし、放送大学で学歴を得ることだってできる。これを最大限に利用して、ひきこもりであっても誰からもガタガタ言われない人生を築いていこうではないか、というのが当サイトの基本方針なのである。

僕はひきこもるのが悪いとは思ってないし、ひきこもりから脱出するべきだとも考えてはいない。ただ、落ちこぼれ状態からは脱出するべきである。勉強における落ちこぼれもそうだし、社会からも落ちこぼれて底辺にいるような状態から脱して、周囲から尊敬され一目置かれる存在になって、偉そうな顔して(?)生きてみようと言いたいのだ。そのために、大学卒業の資格を手に入れて、さらにネットビジネスで普通のサラリーマン以上の収入を手にすることを目指す。その域までいけば、たとえひきこもりであっても誰も何とも言わないばかりか、お金を持っているというので親兄弟や親戚が揉み手で擦り寄ってくることだろう。

 

そういうわけで、ひきこもり経験者がゼロから最短距離で普通の学力を身につけるにはどうすればいいか、というのを目指した勉強ネタだったのだけど、ちょっと現役高校生や浪人のみなさんに受けたので、「簡単に80点取る方法」というネタにシフトしてしまった。しかしまあ、基本は同じであって、無駄を省いて必要な勉強だけに集中すれば、短期間で名の通った中堅大学に入れるくらいの学力はつくのである。

ひきこもりの人はそうやって普通に受験して大学に行ってもいいし、放送大学で単位を取るのもありだ。大事なのは学力をつけて学歴を得ること。そして同時に、学費もネットビジネスで稼いじゃおうってことである。放送大学ならば年間17万くらいの学費負担で卒業することができる。これはネットビジネス初心者の目標としてちょうどいい金額である。

単純な話、学歴があって収入がある人間ならば、おいそれと馬鹿にされることはないし、不当な扱いを受けることもなくなるだろう。ひきこもり状態で身動きができないという人、何をどうすればいいのか分からないという人は、まずそのレベルを目指してみてはどうかと思う。そして、周囲から普通の扱いを受けられるようになったならば、それから改めて新しい人生の目標を定めればいいだろう。

当サイトの勉強ネタはその第一歩であり、普通の高校で無理なく成績上位に入る方法を解説している。具体的に言うと、英語・数学といった主要科目でコンスタントに80点以上取り、偏差値58程度の中堅大学に滑り込む方法を目指しているので、詳しいことは勉強カテゴリの過去記事を見てもらいたい。

 

あと、これが一番大事なんだが、勉強にしてもネットビジネスにしても、きっちり仕上げるには時間がかかるのである。まず一年単位で計画を立てて、毎日少しずつやって徐々に厚みを増していくのが基本なのだ。十日や一月で成果が出るものではないのだが、たいていの人はそれが我慢できなくて、途中で挫折してしまうのだな。特にブログアフィリエイトは、ブログが強くならなければ検索上位に表示されることがなく、つまりそれまではアクセス自体が増えないわけだから、売り上げが伸びるとなると一年とか二年とか先の話なのである。植物の種を蒔いてから実がなるまで数年かかるのと全く同じことだ。そう考えれば、途中でやめてしまうのがいかに馬鹿げたことかが分かると思う。

なにはともあれ、今はネットという便利なものがあって、ひきこもっていても勉強できるしビジネスもやれるのである。ひきこもっているというのは、自分の時間がたくさんあるので、逆に飛躍するチャンスでもあるのだ。どんな逆境にあっても、現在の状況を最大限に利用してのし上がり、お金と地位を手に入れて愚民どもを高みから見下ろしながら生きようではないか(笑)、と最後はいつも悪の首領みたいなことを言ってしまうのだが。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

アダルトアフィリエイトのセオリー 初期段階で読者を増やす簡単な方法

かねてより出す出すと言っていたメルマガですが(もはや本人も忘れていた)、どうやらいけそうなので、近いうちに始めることにした。というか、以前にやっていて休止中のやつを復活させればいいだけなんだけど、読者があまりいないので情熱を失っていたのである。近日中に登録フォームを出して、そこそこ読者数が集まったらちゃっかり出すことにしよう(姑息)。

週一くらいの発行で、アフィリエイトと勉強ネタ、ゲーム話あたりがメインになると思う。まあ当サイトとほぼ同じ内容なんだけど、みなさん、フォームが出たら登録してくださいね。読者が増えないと永久に出ませんから(ダメじゃん)。

 

ということで本題にいきたいんだが、PC(NEC Mate)がいよいよ完全に死亡してしまい、十年以上前のマシンを出してきて急場をしのいでいる。少し前にMateの弱点を記事にしたばかりだったのだが、まさにそのとおり、電源がいかれるのはこれが二度目で、もう修理する気力もない。数日前に異臭がしたのでデータのほとんどを移動させておいたのが幸いした。「こんなこともあろうかと」というやつだ。

それはいいんだけども、古いマシンだとPS2エミュが使えないので、やりたいゲームは全くやれず、アダルトサイトの記事を更新するくらいしかやることがない。作業はなかなかはかどらないんだけど、結果的に記事数ばかりが増えていき、サイトがやたら充実してしまった。毎日記事を更新するのは基本中の基本で、できれば一日に三記事から五記事は書くのが望ましい、といういつも提唱しているアダルトのセオリーを、はからずも自分で実践するはめになったわけだ。

 

アダルトサイトを始めたばかりの人は、まず一心不乱に二百から三百記事くらい書くことを目標にしてほしい。ある程度のボリュームがあり、しかも毎日更新しているサイトでないと読者がつきにくいし、同業者からも相手にしてもらえないからだ。だから三ヶ月から半年くらいは、何も考えずにひたすら記事を更新することに専念するべし。まあ、その間は何をどうやってもたいしてアクセス数を稼ぐことはできない。中には最初から異常な数のアクセスを集めるところもあるけれど、それは普通ではない手段を使っているのであって、そういう手段というものはいずれどこかで皺寄せが来ちゃうものである。

五十から六十記事くらい出揃えば、そろそろリンクをつけて読者を呼び込んでいっても恥ずかしくないサイトになっているだろう。といっても、初心者段階ではどうやってアクセスを増やせばいいのか、全く見当がつかないことだろうと思う。僕なんかその最たるもので、十年くらい前にアダルトアフィリエイトを始めたときなんか、本当に何をどうすればいいのか分からなかった。ようやくポータルサイトにひととおり登録するところまでいったのだが、そこから先がまるで分からず、一年くらいやっても一日に数人しか来ないという、信じられない状態だったのである。相互リンクということを知らず、タイトルにキーワードを入れることも知らなかったのだから、どうにも集客のしようがなかったのだ。

 

初期段階においてはサイトが育ってないから、検索で上位に入るのは無理。だから相互リンクによって読者を呼び込み、徐々にファンを増やしていってサイトを強くしていく、というのが基本的な考え方である。もちろん、検索を無視してアクセストレードだけで大量アクセスを稼ぐというのもメジャーなやり方であるが、これは徹頭徹尾、薄いアクセスしか集められないので注意。

それをふまえて、サイトを開設したばかりでまだ数十記事くらいしかない段階で、どうやってアクセスを増やしていくかという話なんだが……。これは非常に簡単なやり方であって、アダルトランキングのサイトを見て適当にアダルトサイトを物色する。そして、自分と同程度かちょっと上くらいのサイトを見つけて、一方的にリンクを貼ればよい。そして自作自演でクリックすれば、週に七アクセスを送ることができる。相手がまともな人(?)ならば、普通はそれだけで相互リンクしてくれるだろう。これをどんどん繰りかえして相互リンクを増やしていけば、二ヶ月か三ヶ月で300から400ユニークくらいまでは増やすことができる。ここまでいければ、第一段階は成功である。

 

このレベルまでいけば、数ヶ月から半年くらいで広告から利益が上がるようになる。あとはアクセスを増やして、一ヶ月に一件とか週に一件といった感じで、売れる確率を上げていけば商売として成立するわけだ。では、どうやってアクセスを増やすかといえば、やることはほとんど同じ。やはり自分と同レベルのサイトを見つけて、相互リンクをつけていくだけだ。ただし、今度は第二段階であり、数十から数百アクセスのところが対象になるから、自作自演ではとても追いつかない。サイドバーとかトップ記事に画像リンクや記事リンクを貼り、できるだけ相手のサイトに多くのアクセスを飛ばす工夫をすることが必要になってくる。

この第二段階がうまくはまれば数千から万単位のアクセスを得られるようになるので、月に数万円は余裕で稼げるようになるし、他にもいろいろといいことが起きるだろう。これで、アダルトアフィリエイトがひとまず成功した状態と言うことができる。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

落ちこぼれが中間試験で高得点を取ってドヤ顔する方法

ひきこもりには学校も試験もなんにもないわけですが、高校生のお友達にとっては中間試験が近づいてきて憂鬱な時期なので、この辺で勉強ネタをいっときたいと思うのである。といっても、僕のやり方は変わったこともやらなければガリ勉もしない、自然に無意識にいい点を取っちゃおうという、ややインチキくさい方法であって、その肝は「無駄なことをするな」という一点にある。

受験のことを考えれば、英語と地歴(日本史か世界史)の二科目だけ仕上げれば有名私大に入れるわけで、それ以外の受験勉強とやらは全部無駄なのだ。これは当サイトで繰り返し述べている基本中の基本なんだが、親や教師にはなかなか理解してもらえないのが困りものである。特に地方の公立高校だと、受験や大学に関する知識がない大人がほとんどであって、まずそういった頑迷な連中と戦うことを余儀なくされるのだ。

といっても、どうせ何を言っても理解してもらえるわけはないので、戦わずして勝つ方法を取るのが得策だろう。つまりは、定期試験で適当にいい点を取ってドヤ顔し、敵を感心させてから「○○大学を受けたいんですけどー」という方向に話を持っていき、どさくさ紛れに(?)二科目だけで受験して受かっちゃえばいいのである。

 

そこで、何をどうすればいいかという話だけれども、これは当サイトでは繰り返しやっているのでまたかって感じになりますが、とりあえず英語と数学で80点以上取って見せればいい。この二つは定期試験では点数が取りやすいし、コンスタントに80点も取ればクラスでは「勉強が得意なやつ」と見なされ、まちがっても落ちこぼれ扱いされることはなくなる。勉強が苦手だという人は、まず英語と数学で80点取って、落ちこぼれ状態から脱出することが先決だ。そうすれば親や教師からガタガタ言われることがなくなり、毎日の生活が楽になるだろう。

あと、いじめに遭っているという人にも、これは非常に有効である。英語とか数学で高得点取るやつを、おいそれと馬鹿にすることはできなくなるし、成績に関しては嫌でも尊敬するしかなくなるのだ。少なくとも、勉強ができないことを理由に蔑まれることだけは絶対になくなる。

ひとつの目安として、あなたが英語のリーダー(科目名は学校によっていろいろ)の予習復習をきっちりできているか、という部分を考えてみよう。できていないという人は、落ちこぼれ状態である。といっても難しいことではなくて、教科書を普通に音読して、辞書を引きながら自力で訳すことができ、授業のあとでもう一回音読する。これを毎日きっちりできていれば、センター試験でそこそこ得点するだけの学力は普通につくのだ。まあ、細かい勉強法については当サイトの「勉強」カテゴリーの過去記事にかいてあるので、地歴勉強法ともども読んでもらいたい。

 

大学受験に関しては英語と地歴を地道にやっていくとして、ここで問題なのは目先の中間試験である。まずやるべきことは数学と英語(特に英文法・英作文)で、一週間前と言わず二週間前から準備しておけば、これらの科目では百点を狙うことも可能なのだ。数学は反復練習あるのみだし、英文法・英作文は教科書に出ている例文を丸暗記するだけである。それ以外の余計なことをしないのがコツ、というか端的に言えば、何も考えないことが大事なのだ。

これは試験勉強における盲点なのだが、試験に臨んでは必要なことを機械的に暗記することが全てであって、理解しようとしたり思考力を働かせたりしてはいけない。そうすることで効率が落ちて、余計な時間を食ってしまう。考えるのは予習の時とか授業中に思う存分やればいいのである。例えば英文法でいえば、点数の取れないやつに限って、試験前になって教科書に書いてある説明文を読んで理解しようと頭をひねっているのだ。これは全くの無駄。試験とは分かる分からないではなくて、単純に点数を取るか取らないか、それだけの勝負なのである。

 

話を整理すると、大学受験用の勉強としてはリーダーの予習復習を毎日きっちりやって、地歴(1科目)の知識を徐々に固めていく、これだけでOK。これができていれば有名私大を受けられるだけでなく、定期試験でもリーダーと地歴は、ちょっと復習するだけで高得点が取れる。それに加えて、定期試験対策で数学と英文法(英作文)を丸暗記方式で80点以上取る。以上のことをやっていれば、学校では勉強が得意なやつと見なされるし、親や教師に向かってドヤ顔することもできるのである。

この勉強法を、何も考えずに無意識的にやるように習慣づければいいのだ。そうすれば、受験勉強といっても苦行ではなくなるし、面白くもない単語や文法の暗記も、特にやることもなく成績上位者になれる。高3だと時間的にもう余裕がないだろうけど、高1・高2のお友達は、だまされたと思ってやってみてほしい。数学・英語で80点取れば人生が変わるはずだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ