自律神経失調症 私の体験

ひとくちに引きこもりと言ってもさまざまな事情があるだろう。体調が悪くて外に出るのが辛い、という人は多いことと思う。まあ僕も基本的にその中に入る。

僕が体調を悪くしたのは大学生の時で、あるとき胃腸が全く働くなくなって、学食で昼食を取るのがきつくなってきた。やがて講義を受けていられなくなった。1時間半の間じっと座っていること自体ができなくなったのだ。

それからとても学校には行けなくなり、出席日数不足で留年することになった。それは仕方がないとしても、いくらかの単位は取らなくてはと思って、這うようにして試験を受けに行った。

すると僕をズル休みと決めつけて目の仇にしている教師に見つかり、「ここはおまえのような馬鹿の来るところではない」と拡声器で怒鳴られて追い出されてしまった。満場の何百人かの学生たちの嘲笑・爆笑が背中に浴びせられた。その時の屈辱感は今でも心にはっきりと残っている。結局、それが決定打となって、以後十年くらいほとんど起き上がることもできなくなった。

 

一番辛かったのは、身体の具合が悪いと言っても誰一人として信用してくれなかったことだ。

僕は何とか回復したいと思って、病院に行って検査を受けたりしたのだが、どこも悪くないと言われて仮病・ズル休み扱いされるばかりだった。親からは叱責を受けつづけ、最後には低脳・出来損ない呼ばわりされる始末。

現在ならば心療内科というものがポピュラーになっているが、その頃は自律神経失調症といっても世間では通用しなかったのである。

 

ようやく少しずつでも起きて出歩けるようになったのは、30歳を過ぎてからのことである。それまでは地獄そのものだったが、そのあともまたひどかった。出歩くといっても百メートルも歩くとひどい吐き気と目まいに襲われて、行くことも帰ることもできずに道端にうずくまってしまう。

それでも、じたばたと動いているうちに、まさに1ミリずつという感じで回復に向かったのは確かである。現在では電車に乗って出かけ、軽く食事を取るくらいはどうにか可能になった。だが車の運転はまだ怖くてできない。少しずつやろうと思ってはいるのだが。

 

引きこもり・ニートの学歴再挑戦

僕の最終学歴は大学中退である。結局のところ学歴がないわけで、おかげでこれまで多大な苦労を強いられてきた。

受験の頃は偏差値で言えば70は軽くあって、科目によっては全国模試で上位に入ったこともある。実際にいわゆる有名私大に進学したのだが、いろいろあって途中でやめてしまった。今では周囲から知恵遅れ同然の扱いを受けていて非常に不本意なんだが、学歴がないのは確かなので文句も言えない。

引きこもり・ニートの人にもいろいろな境遇があるだろうが、学歴のために苦労しているという人も多いのではないか。やはり大学卒業の資格は取ったほうがいいわけで、当ブログではその方法について言及していくつもりである。

方針としては、高校卒業か大検資格を取った人が、いかにして大学受験を突破するかという問題について伝授(というほどでもないんだけど)していくつもり。

それから、僕自身も大学に入りなおせばいいのだが、いいおっさんなので今さら受験でもないのである。うまい具合に放送大学というものがあって、これは過去に取得した単位が有効だというし修業年限も事実上ないようなものらしい。余裕ができたら、これまたみずから人身御供になってレポートしてみたいと思う。

 

引きこもりでも稼げる方法を模索してゆく

一度人生のコースから外れると、軌道修正が難しいのが日本社会である。

などと、ものものしく言うまでもなく、ようするに学校を出て就職するという道から外れたら、なかなか稼ぐことが難しくなる。引きこもりとなるとなおさらの話で、はっきり言えばまともな職にも就けないし身動きもできない、という状況になってしまう。

僕自身のことを言うと(赤裸々ブログなので隠し事はしない)、経歴でいえば大学中退である。いわゆる有名大学で偏差値も70は軽く超えているんだが、それでも周囲から知恵遅れのような扱いをうけている。もちろんまともな仕事には就けない。

僕の場合、20代の頃は身体の具合が悪くてほとんど起き上がれないような状態だった。この辺の話はまた別に書くとして、低学歴と馬鹿にされ、食うや食わずで、さらに周りからは仮病扱いされて全く立つ瀬もない。八方ふさがりとはこういうことを言うのだなあ、と一日に何度も思ったものである。

 

このブログは、引きこもりやニートで身動きできずに困っている人に向けて書いていくつもりだ。

ひとつ言いたいのは、引きこもりであろうとニートであろうと、現在周囲から馬鹿にされていようと、起死回生のチャンスはあるということだ。僕の20代の頃にはそれがなかったが、ネット時代の現在ならば、少なくとも引きこもりでもお金を稼ぐチャンスはある。生計を立てるまで稼ぐのは簡単ではないが、小遣い銭くらいならばわけなく稼げるのだ。

あの当時にネットがあればなあ、とつくづく思ってしまう。

 

なにはともあれ、お金を稼ぐことができれば、引きこもっていても周りは何も言わなくなる。大きく稼ぐことができれば、逆に一目置かれたり尊敬されたり、親孝行だと言われたりする。まったく世の中は「現金」なものである。

このブログでは、僕自身が実行して効果のあった稼ぎ方、そのための教材やツールなどを、みずから人身御供になって紹介していきたいと思っている。

 

ひきこもり・ニートから脱出せずに積極的に生きる方法を見つけよう

偶然のなりゆきから、サーバーを安く借りることになったので、久しぶりにワードプレスでブログを作ることにした。何をやろうかといろいろ考えたんだが、自分が一番詳しいテーマがいいだろうと思って、引きこもり関係の話を書いていくことに決めた。

僕自身が結果的に引きこもっているので、自分のことをつらつら書きつらねていけばそれでいいということになる。まあ楽といえば楽である。

といっても、僕の場合は体調の関係から外出するのがきついというだけの話であって、どちらかといえば外に出るのは好きなほうなのだが。近所のスーパーまで、主に酒を買うために自転車や徒歩で出かけることはある。ただ、電車に乗るのは辛い。車の運転も、別にやってもいいんだけど事故に遭うのが困るのでね。他の人に迷惑をかけてはいけないと思うので、どうしても躊躇してしまう。

さてこのブログだが、世の中によくあるような「引きこもりから脱出する方法」という話にはならない予定である。

別に引きこもりが悪いとは思っていないし、脱出することが成功であるとも考えていない。どんなふうに生きるのも当人の勝手であり、人生はすべて自己責任であるというのが僕のモットーだからだ。

だがそれでは身も蓋もないので、引きこもりでもニートでも何とか大きな顔をして(?)生きていく方法をいろいろ模索してみようと思っている。ブログの内容としては、お金の稼ぎ方、勉強法、健康法、趣味なんかについて書いていくつもりだ。どういう感じになるかは、まだよく分からない。やっているうちに方向性が見えてくるだろうと思っている。