引きこもりでも稼げる方法を模索してゆく

一度人生のコースから外れると、軌道修正が難しいのが日本社会である。

などと、ものものしく言うまでもなく、ようするに学校を出て就職するという道から外れたら、なかなか稼ぐことが難しくなる。引きこもりとなるとなおさらの話で、はっきり言えばまともな職にも就けないし身動きもできない、という状況になってしまう。

僕自身のことを言うと(赤裸々ブログなので隠し事はしない)、経歴でいえば大学中退である。いわゆる有名大学で偏差値も70は軽く超えているんだが、それでも周囲から知恵遅れのような扱いをうけている。もちろんまともな仕事には就けない。

僕の場合、20代の頃は身体の具合が悪くてほとんど起き上がれないような状態だった。この辺の話はまた別に書くとして、低学歴と馬鹿にされ、食うや食わずで、さらに周りからは仮病扱いされて全く立つ瀬もない。八方ふさがりとはこういうことを言うのだなあ、と一日に何度も思ったものである。

 

このブログは、引きこもりやニートで身動きできずに困っている人に向けて書いていくつもりだ。

ひとつ言いたいのは、引きこもりであろうとニートであろうと、現在周囲から馬鹿にされていようと、起死回生のチャンスはあるということだ。僕の20代の頃にはそれがなかったが、ネット時代の現在ならば、少なくとも引きこもりでもお金を稼ぐチャンスはある。生計を立てるまで稼ぐのは簡単ではないが、小遣い銭くらいならばわけなく稼げるのだ。

あの当時にネットがあればなあ、とつくづく思ってしまう。

 

なにはともあれ、お金を稼ぐことができれば、引きこもっていても周りは何も言わなくなる。大きく稼ぐことができれば、逆に一目置かれたり尊敬されたり、親孝行だと言われたりする。まったく世の中は「現金」なものである。

このブログでは、僕自身が実行して効果のあった稼ぎ方、そのための教材やツールなどを、みずから人身御供になって紹介していきたいと思っている。

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA