ベストプレープロ野球の季節!そんなものがあるのか

さて、今年もベストプレープロ野球の季節がやってきた。

といきなり言っても何のことやら分からんのだが、「ベストプレープロ野球」という野球シミュレーションゲームの話である。知らない人のために説明すると、12球団の選手データを入力して、リーグ戦の行方をただ見守る(監督として指揮を執ることもできる)という、非アクション野球ゲームがあって、毎年この時期になると新データ入力のために大忙しなのである。まさに引きこもりのためにあるようなゲームと言えるだろう(笑)。

 

僕が高校生くらいの頃にマイコンというものが出はじめた。したがって、世代的には筋金入りのPC少年だったわけだが、その当時はゲームに興味はなかったのである。

唯一、これはやりたいと思ったのがダビスタでおなじみの薗部さんが作ったという「ベストナインプロ野球」なるPCゲームだった。ところが、これはFM-7用のゲームだったので、他機種を使っている人間には手が出せない。

それからファミコンブームが到来したが、すでに大学生くらいになっている身としては、今さらスーパーマリオに熱中するというわけにもいくまい。というわけで、僕はファミコンの有名ゲームというものをほとんどやったことがない。

そんな時、あの「ベストナインプロ野球」が、ファミコン版の「ベストプレープロ野球」として装いも新たに登場したのだった。こっ、これは買うしかあるまい!こうして、待望のベスプレを手にした僕は、このゲームにどっぷりとハマッたまま数十年(笑)を過ごすことになるのだった。

 

bestplay1

これがファミコン版第一作の懐かしいパッケージ。地味なゲームだが口コミでかなりの評判を呼び、改めて新データ搭載版が出るまではずっと品薄状態だった。

 

このファミコン第一作は、試合スキップができない(全試合を観戦しないと先に進めない)という恐ろしい仕様だったものの、システム的にはのちのシリーズと同じものが、この段階ですでに提出されている。

ファミスタをはじめとしてファミコン野球ゲームは数々あったが、このベスプレは名前を入力しなおすことができる、という一点において画期的だった。つまり、他のゲームだと選手の実名が使えずにパロディ名になっているのだが、ベスプレなら自分で実名を打ち込むことが可能なのである。

 

そして、僕が完全に虜となったのは、続編の「ベストプレープロ野球2」であった。ここにおいて監督の思考ルーチンが実装され、球場も天然芝と人工芝を選ぶことができ、スキップ機能が備わることによってペナントレースを短時間でシミュレートすることが可能になった。唯一の難点は、容量の限界から1リーグしか扱えないことだった。それは大型カートリッジを採用した次作「ベストプレープロ野球スペシャル」で解消されることになる。

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA