いじめに遭ったために高校入試と大学入試に苦労した

小学校、中学校といじめに遭っていた。

これは成績がよくて顔が美しいというのが原因であり、中学の途中までは普通の(?)陰湿ないやがらせだったのが、あるとき授業中に一人のキチガイが、僕の悪口を大声でわめき出した。中学校では声の大きいやつが支配者である。それから他の生徒たちも公然と追従するようになって、僕は学校中の嫌われ者というか、この世の絶対悪ということになった。

そこは田舎の町であって、全員が同じ公立高校に進学するという不文律があった。僕はそんな馬鹿どもと同じ高校に行くのはまっぴらだったので、他の市にある高校を受けることにした。一応は通学区域内なのだが事実上の越境入学である。だから一流の高校を受けることはできず、偏差値でいえば第二流の学校に入学することとなった。

もっとも、その後の少子化で流れが変わって、今ではわが母校はかなりの一流進学校に変貌しているらしい。

 

初日に登校してみると、いきなり正門のところで番長みたいなのに胸ぐらをつかまれた。一瞬殴られるのかと思ったのだが、そいつは僕の顔をしげしげと眺めて、

「なんだこの野郎、きれいな顔しやがって。おーい、みんな来てみろ! 斉藤由貴みたいな顔した男がいるぞ!

と怒鳴ったので、黒山の人だかりができてしまった。最初の印象というのは大事なもので、それ以来、僕は上級生の女子たちからちやほやされることになった(笑)。

 

高校では周囲とレベルが違いすぎるので、逆にかなり苦労した。なるべく目立たないように、定期試験では穏便に85点くらい取るように心がけていたのだが、他の連中が絶望的にできないので、結果的に一人だけ合格点、なんてことになってしまう。

地方の二流校の教師には、受験に関する知識などは皆無といってよい。彼らの認識では地元国立大が最高の大学であり、それ以上のレベルのところは想像にも上らないのだ。僕の志望校は有名私立だったが、「うちから進学した前例がない」などと言って全く相手にしてももらえなかった。前例が受験するのではなく、僕個人が受けるのだが。

それに、国公立と私立では、受験科目も違えば出題傾向も学校ごとに違うのである。近年では地方の国立よりも名の通った私立のほうが、偏差値ははるかに高くなっている。その程度の知識もない、というか考えようともしていないのだから話にならない。

しかも、学校では一番簡単な旺文社模試しか実施していないのである。僕は学校でやっている補習授業も模試も無視して、勝手に駿台や代ゼミの模試を一人で受けに行っていた。

 

結果的には、好き勝手ばかりやってかなり目立っていたわけだが、高校ではいじめに遭うことがなかったのは幸いだった。二流校とはいえ一応進学校なので、それほど極端な馬鹿がいなかったためだろう。

 

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材


●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

 


ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です