電車恐怖症を少しずつ克服しはじめた頃

電車に乗ると呼吸困難や吐き気に見舞われるようになったのが、22歳頃のことだった。大学をやめたり、女の問題があったりして完全に頭がおかしくなっていた時期なので、神経性の不調であることはまちがいない。原因がどうであれ、電車に乗れないという事実は動かしがたく、どこへ行くにも歩くより仕方がなくなった。ところが、そのうちに電車に乗らなくても気持ちが悪くなるようになった

なんとなく出歩けるようになり、ちょっとずつなら電車にも乗れるようになったのは、それから十年以上経ってからのことである。

 

昨日の記事でプロレスの話を書いていたら、田園コロシアムのことを思い出した。僕の行っていた大学は東急東横線沿線なので、田園調布を通過するときに田園コロシアムはよく眺めていた。のちに目蒲線の大岡山のあたりに住むようになり、そこからなら歩いても行ける距離である。

プロレスの再放送で田園コロシアムの試合を見ていたとき、大学時代を思い出して、ふと「もう電車に乗っても大丈夫じゃないかなあ」という気持ちになったのだ。それから、辛かったけれども意を決して乗るようになった。

吐きそうになると嫌なので、朝から何も食べずに胃の中を空っぽにした状態で乗る。最初は近場の目蒲線や大井町線でふた駅くらい乗ってみることからはじめて、そのうちに大井町にある区立図書館に行ったり、地下鉄で神保町や秋葉原までPCソフトを買いに行ったりできるようになった。こうして目蒲線、大井町線、さらに山手線や地下鉄も大丈夫になってきたんだが、肝心の(?)東横線にはどうしても乗れなかった。下手に学校の近くに行って、知った顔に出くわしたら困るという意識が働いてしまう(当時の教師もほとんど死んでるので、誰かに会う気遣いもないんだが)。

やはり、大学中退ということがあって、それが僕の精神にわだかまりを作っているのだろう。放送大学あたりで残りの単位を取ろうかという気持ちになっているのは、卒業すればそのコンプレックスも消えるのではないかという気持ちからなのだ。

 

ところで、僕が電車の窓から眺めていた頃、田園コロシアムはすでに老朽化してイベントには使われていなかったのだろう。テニススクールの練習場としての使用がメインだったような気がする。田園コロシアムでの大試合といえば、もちろん鶴田・マスカラス戦、さらにはハンセン・アンドレの激突が思い浮かぶ。後者はラッシャー木村の「コンバンワ」の夜である。あとベニー・ユキーデが負けた試合とか、二代目タイガーマスクのお披露目もこの会場だったような気がする。

田園コロシアムが取り壊される前後に、よくあの近くを歩いていた(電車に乗れなかったので)。すると通りかかったセレブふうのババアどもが僕の方を見て「あんな貧乏たらしい子が田園調布に住んでるのかしら?」とひそひそ噂していたものである。まあ貧乏であったことは確かだが、大きなお世話である。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

昭和プロレス 大量のビデオを整理・保存するための傾向と対策

最近のニュースで笑ったのは、滋賀県警の警察署員が女性署員につり天井固めをかけたという話である。ようするにプロレスごっこで遊んでいるというだけなんだが、やっぱりセクハラだと騒ぎたてる連中が出てきて、予想通りの展開になってしまった。

僕は昭和人間のセクハラ容認派であって、女にプロレス技をかけるのは「あり」だと思っている。あまりこういうことを言っていると怒られるのでやめておくが……。

 

さて、話はプロレスだ。僕は30過ぎてから車の免許を取りに行ったら、プロレスファンだという若い子と知り合って、プロレス話で盛り上がってしまった。それはいいんだが、こっちが馬場だ鶴田だと名レスラーの話題を出しても、向こうは全然知らないようで大きくショックを受けたのである(まあ単に世代間のギャップなのだけど)。

小学生の頃、一番熱中してプロレスを見ていたのは、全日と新日が旗揚げした直後のことだった。僕はどっちかといえば華やかな全日の方が好きだったのだが、先行きが不透明で怪しい感じの新日からも目が離せなかったのだ。

全日でいえば田園コロシアムでの鶴田・マスカラス戦、有名レスラーが大挙来日したオープン選手権あたりの、これでもかという盛り上がり方がすばらしかった。NWA王者も頻繁に来日してタイトルマッチをやってたしね。それに比べると新日は明らかに人材不足で、猪木と坂口の他には目ぼしいレスラーがいない。名前の知られた外人といえば、ブルート・バーナードとハンス・シュミットというベテラン・コンビが初めてではないだろうか。ハンス・シュミットなんてシュミット式バックブリーカーの発明者としてプロレス図鑑に名前が出てくる、歴史上の人物だ。

 

昭和50年代にはかなりのプロレス少年だった僕であるが、大人になるとさすがにもうプロレスでもないだろうと思い、しばらく見るのをやめていたのである。

自律神経失調症で身動きできなくなり、大学にも行けなくて引っくり返ってテレビを見ているしか仕方のない頃、思いがけず懐かしいプロレスの映像を目にすることになった。それは90年前後に、日本テレビが深夜に放送していた「プロレス名勝負リクエストアワー」という番組で、往年の名勝負を再放送しはじめたのだった。司会は若林アナと竹内宏介だった。

この番組は、ともすれば心も沈みがちで自殺を考えてしまう自分にとって、ある種の心の支えになっていた。僕は毎回、ベータのビデオデッキで録画保存したのだったが、まずいことに間もなくデッキは故障し、ベータそのものが消え去ってしまって修理も不可となり、この貴重映像を見ることができなくなってしまったのである。それから、このプロレス映像の録画ビデオをいかにして再生可能な状態で保存するかという、語るも涙の冒険が始まったわけである。この続きはそのうちまた書きます。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

山川の詳説世界史を肴にグラスを傾ける

世界史の通史に関しては、断然、中央公論社の「世界の歴史」(旧版)のファンである。このシリーズが人生のバイブルと言っても過言ではない。無人島に行くならばこのシリーズ全16巻、別巻も入れて17冊を迷わず持っていくだろう。

これは昭和36年頃に出たものだから、古いといえば確かに古い。しかし僕が子供の頃に常識であった世界史の見方を網羅してあるわけで、この辺がしっくりくるのは当然のこと。今でも毎日何十ページかを読んで、さらに好きなローマの本をいろいろ読む、というのが基本的な趣味なのである。

 

趣味としてはそれでいいんだが、もうひとつ、高校世界史の勉強もまた、僕にとって大事なテーマなのである。

ひきこもりのおっさん(しかも大学中退)がなんで今さら高校の勉強をするのか、と言われるかも知れないが(実際言われているが)、これから大学に戻って史学をやろうというのがひとつ。そして、中公の「世界の歴史」にはまったのが17歳頃のことだったので、そのときの気持ちを失いたくないという思いが強いのである。いわば「老醜」だな(おいおい)。

そういうわけで、高校の世界史参考書を毎日十ページから二十ページくらいは習慣的に眺めている。今でもセンター試験でそこそこ点を取れるくらいの学力は維持しているだろう。

このごろは「実況中継本」が歴史勉強のセオリーとなっているようだ。これは授業で先生が喋ることをそのまま本にした、という体裁の参考書で、教科書を覚える補助として重宝する。俺の高校時代にはこんな便利なものはなかったな。古本屋で山川の「ナビゲーター世界史B」の1と2が出ていたので、今はこいつを読みつつウイスキーのグラスを傾けている。飲みながら勉強してるやつはあまりいないと思うけど。

 

(これは拾ってきた画像。手元にあるものはちょっとデザインが違うので、これより少し新しいやつかも知れない)

詳説世界史

 

ところで、よく考えてみると、肝心の山川の教科書「詳説世界史B」を持ってないのだった。ネットで普通に買えるみたいなので、ポチッとな!しようかと思ったんだが、ふと物置の中をかきまわしてみたら、高校時代に使っていた「詳説世界史」が出てきたのである。数十年前のものだから、現在の受験には使えない古い内容なのだろうけど、執筆陣が村川堅太郎、江上波夫といった気絶的顔ぶれの先生方である(夢にも思ってなかった)。

おそらく、僕の老害的な頭には今の教科書よりも、この80年代初頭に書かれた世界史のほうがマッチするのだろう。

山川出版では「詳説世界史研究」「詳説世界史図説」など、買ってみようかなーと食指を動かされる参考書がいろいろある。このあたりの本を眺めながら、深夜にウイスキーを飲むのが今から楽しみだ。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材
●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

日本全史と世界全史を大人買いしたのだ

先日、かねてからどうしても欲しかった「クロニック世界全史」という大型本をネット購入した。予想通りのすばらしさで、こうなると姉妹編の「日本全史(ジャパン・クロニック)」も欲しくなり、衝動的にクリックしたものが先ほど到着したのである。

まず驚かされるのがその大きさ。普通の百科事典をひとまわり大きくした感じで、うちにある本の中でも一番でかくて重い。3キロ以上はあるんじゃないかな。せどりの経験があるから身にしみて分かるんだが、これは発送する業者も大変である。

それからお値段も半端ではない。定価ならば二冊で3万円といったところだ。僕は非常な本キチガイだが、過去に買った最も高価な本は8千円台だったと思う。まあ破格の豪華本と言ってよかろう。普通ならば図書館に置いてあるのを眺めるのが精一杯という感じなのだが、今はネットで居ながらにして古本を買える時代。なんと二つあわせて2千円以下というんだからおそろしい。なめとんかワレ!と言いたくなる。

chronik

クロニックというのは年代記とか編年史という意味だそうで、ようするに歴史を年代順に記しているということだろう。というか、現物を見れば一目瞭然なんだけど、歴史のトピックを新聞記事ふうに書いてあるところが眼目である。しかも写真入りだからね、そのワクワク感はたとえようがない。読み出したらきりがないので、仕事が片付くまでは絶対に読まないように、自分に言い聞かせなくてはならないのだ。

これは1990年代初頭に発行されたもので、いわばバブルの所産なのかも知れない。現代はネット時代であるし、ただでさえ本が売れない時代だから、こういう豪華な(無茶な)企画はもはや出てこないのではないか。

 

ところで、このごろテレビなどでよく「日本史の嘘を暴く」みたいな番組をやっていて、鎌倉幕府の成立は1192年ではないとか、源頼朝や足利尊氏の肖像は別人だとか、はては聖徳太子は存在しなかったとか、センセーショナルに騒ぎたてている。僕はああいうのが大嫌いなのである。学問としての歴史にも歴史があるのであって、昨日今日思いついたことをスクープみたいに喧伝するのはやめてもらいたい。

やはり、僕のような昭和人間には、古い昭和史観の方がしっくりするのである。聖徳太子は聖徳太子だし、源頼朝や足利尊氏はあんな顔をしていたのだ、それでいいのである。

そんなわけで、これからも永久に手放すことがないであろう「日本全史」「世界全史」だが、困るのはその圧倒的重量。読もうと思って持ち上げるたびに腰がグキッというのは、なんとかしてもらいたいものだ(それは齢のせいだろう)。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

中学時代のいじめ 復讐心をエネルギーにして今日まで生きてきた

このごろのニュースで、いじめを認定するとかしないとか、大人がごちゃごちゃ言葉をひねくり回しているようだ。プロレスのチャンピオンじゃないんだから、認定もヘチマもないと思うのだが……要するにやつらの言っているのは常に自己保身であって、どうすれば自分の方に火の粉が飛んでこないか、そこに尽きるのである。

僕は小さい頃からいじめに遭っていた。やり返せばいいと簡単に言う者がいるが、こっちは育ちがいいもんで、もともと他人を傷つけるような教育は受けなかった。だからやり返し方が分からない。親からは「上の学校に行けばいじめはなくなる。だから我慢して通え」と言われつづけた。それでなんとか中学校に上がった。

 

あるとき授業中に、ひとりのキチガイが「くさい」とか「死ね」などと、僕の悪口を大声でわめき出した。教師はとがめずに黙認したので、他の生徒たちもそれに追随するようになり、僕は悪の象徴ということに決まった。教師も生徒も、ちょっとでも僕の味方をすれば事実上、社会的(?)生命を絶たれてしまう。だから全員でこちらの悪口をわめき、いやがらせをすることに必死だったのである。

自殺を示唆されるのは当たり前で、ホームルームでは僕に対して「何日までに自殺しろ」という決議がなされていた。その日に生きて登校したら、多数決で決めたことを守らないというので一日中、罵詈雑言の嵐が浴びせられた。教師からは「おまえはみんなの決めたことを守らない。そういう性格だから嫌われるのだ。胸に手を当ててよく考えてみろ」と説教された。

この中学校で行われた成人式に、僕は出席していない(出られるわけがないだろう)。したがって、いまやおっさんの僕だが、実は成人していないのである。中学校を出ると、この糞いまいましい町から離れることだけが望みとなった。大人になるにつれて怒りで性格が凶暴になり、身体も屈強になってきたので、同級生の馬鹿どもと偶然出くわしたら、今度は締め○してやろうかと手ぐすね引いていたのだが、幸いにしてそういう機会はなかった。思えばずいぶん長いこと、復讐心に燃えていたような気がする。

 

もっとも、暴力的な復讐というのは、やはりよくないことだ。社会的に成功をおさめて、勝ち組となって馬鹿どもを高みから見おろすことこそ、真の意味での復讐であろう(それもいかがなものか、という気がしないでもないが)。

余談だが、僕の場合は顔が美しくて弱そうに見えるのがよくないのだろう。大学に入って最初に教室に入ると、もう後ろの方で「あいつは弱そうだからパシリにしようぜ」という会話が聞こえてきたのである。そして、「おい、ジュース買ってこいよ」と言いに来る馬鹿がいた。その頃の僕は頭がおかしくなっていて、性格は凶暴そのものだった。大学にはほとんど喧嘩をしに通っている感じで、「俺なにやってんだろ」という思いが日ごとに募っていったのである。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材


●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

 

ひきこもり ブログランキングへ