引きこもりながら英語力を鍛えるのだ

当サイトでは、引きこもりから脱出しようなどとは毛頭考えていない。僕自身が外出するのがかなり辛いからである。

ただ、引きこもりであっても周囲からとやかく言われることなく、できれば偉そうな顔して(笑)生きる方法を模索しようと主張しているにすぎない。そのためには、財力と学力を蓄えることである。お金と知性のある者を馬鹿にできるやつは、そうそういるものではないので。

 

というわけで、話は英語である。僕は大学受験までは、英語はまあ得意科目だった。まがりなりにも有名私大の文学部に受かるくらいの学力はあったのである。しかし、過去記事にもちょっと書いたけどまともに受験勉強してないので、その学力がかなりいびつなのだな。長文読解力だけはやたらあるのだが、単語や文法の暗記は全くやったことがない。

どうしてこういうことになったかというと、中学時代にいじめに遭っていたというのが大きな原因なのだ。学校が主な舞台であるSFジュヴナイルを読むのが心底いやになって、翻訳SFにのめり込むようになり、さらには原書に手を出して輸入物ペーパーバックを集めだした……というところに、僕の英語力の全てがあったと言っても過言ではない。

 

詳しいことは言えないのだけど、僕の故郷は某・うどん県である(詳しく言うとる)。ここの県庁所在地であるT市の町の中に、全国展開しているM書店の本店があるわけだな。地元の人にしか分からないローカルな話なんだが、このM書店本店の新館が、今は地上8階だかの立派なビルになっている。

僕が高校生だった頃、新館なるものが初めて開業したのであった。当時は倉庫を改造しただけの、一部で「リカちゃんハウス」と呼ばれていた殺風景な平屋建てだった。ここには全集本とかマイナーな雑誌、さらにはちょっとエロな雑誌など、あまり売れそうにないものが放り込まれていて、そのアングラな感じがなかなか好きだったのである。

 

この平屋建て時代の新館に、ほんのちょっとだけどペーパーバックを置いてあったのだな。最近見かけなくなったが、くるくる回るタイプのツリー型のスタンドに飾ってあった。たいていイギリス版のペンギンブックスか何かで、ディケンズ、モーム、マーク・トゥエインとかの古典作品ばかりなんだが、アシモフやハインラインの有名SF小説も並ぶことがあった。ここで「ファウンデーション」も「夏への扉」も買ったのだから、まさに僕の原点みたいな場所である。

それから、大作のSF映画が公開されると、それに便乗して原作本が一冊くらい、片田舎の町にも入ってくるのがおかしかった。当時だと「ブレードランナー」とか「砂の惑星」なんかが印象に残っている。

その頃は洋書を注文するなど思いもよらなかったので(田舎の本屋で注文しても要領を得なかっただろう)、そうやってぽつりぽつりとペーパーバックを手に入れていくのが精一杯だったのである。初めて東京へ行ったとき、洋書ばかりを扱っている本屋があると知って驚愕したものだ。神保町の北沢書店を訪れた時の気絶的な感動は、今なお言葉では語りつくせないものだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA