ひきこもりが英語多読を思いたったのである

SFマニアが高じて原書ペーパーバックを読むようになり、その結果として読解力の針が振り切れて大学受験まで突破してしまった、というのが前の記事に書いたお話であった。

以前は一般向けのペーパーバックもスイスイ読めていたのだが、久しぶりに開いてみると、もう全然わけがわからない。学力低下もはなはだしい状態であって、これではいけないと思い、再び英語多読をやって読解力をアップさせようと(無謀にも)思い立ったのだった。

 

ようするに、簡単なものを読んで足ならししながら、だんだん難しいものにレベルを上げていけばよいのだ。語彙としては中学終了時に1000語、センター試験レベルで3000語といったところだろう。3000語くらい頭にしっかり入れば、「不思議の国のアリス」や「オズの魔法使い」といったスタンダードな児童向け作品が普通に読める。「ドリトル先生」あたりもわりと読みやすかったような気がする。

さっき4000語で書かれた「シャーロック・ホームズ」というのをネットで見てきたんだが、これくらいになるとスイスイは読めない。引っかかりつつ訳しながら読めばなんとかなる、という感じで、これでは読書ということにはならない。意識せずにさっと読めなければ意味がないのである。

 

こうした段階を踏んでの多読用にgraded readersというペーパーバックのシリーズが出ていて、アマゾンで検索すれば数えきれないくらい出てくるわけだが、こういうのはページが少ないわりにバカ高いのだな。金に糸目をつけない人はそれでいいのだが、ワシはタダでやりたいのだー(声・雨森雅司)。というわけで、手持ちのテキストとかネットで拾ってきたものとか、いろいろ雑多なものを織り交ぜてやってみることにした。

まず高校時代に集めたもので、日栄社のリーディング・シリーズから「宝島」「ロビン・フッドの冒険」(1000語程度)、「不思議の国のアリス」(2000語程度)、今はなきYOHANの「オー・ヘンリー作品集」(1000語)、「80日間世界一周」(2000語)というのが出てきた。洋書はYOHANでおなじみ(なのか?)の日本洋書販売配給なんて、数年前に倒産しちゃったもんね。確か青山ブックセンターが関連会社だったような気がする。まあどうでもいいけど。

「不思議の国のアリス」といえば、開文社の英米文学訳注叢書というのがあって、これは懐かしい黄色い背表紙のやつ、やはり高校時代に愛読していた。初版は昭和29年発行というから、これは古いシリーズである。……と思って開文社のHPを見てみると、同じものが現在も発売されているではないか(さすがに装丁は新しくなっているけど)。

この辺のものをダラダラ読んで、3000語の壁を突破すれば、児童文学はかなり自由自在に読めるようになるだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です