ルーニー・テューンズ 往年のアメリカ・テレビアニメと輸入版ゲームの話

PCが壊れたので、十数年前に自作したのを引っぱり出してきて急をしのいでいる。

普通の作業はまあなんとかこなせるんだが、ゲームはできない。僕はPS2エミュのファンで、特にレースゲームが好きでいろいろ輸入ものとか楽しんでいた。これが全くできないのがきつい。でも古いPCでもPS1のエミュなら動くので、今のところは「クラッシュ・バンディクー・レーシング」と「ルーニー・テューンズ・レーシング」をやっている。

どちらも「マリオカート」の影響でできたカートレースゲームであり、前者はPS1の傑作として評価の高い一本だが、後者は日本では発売されてないので、知っている人はあまりいないと思う。そもそも「ルーニー・テューンズ」自体が日本ではマイナーである。知名度でいえば「トムとジェリー」の十分の一程度かも知れない。

 

「ルーニー・テューンズ」はバッグス・バニーやロードランナーなんかが登場するアニメシリーズである。1930年頃から始まっていて、今でも新作映画が出たりCS放送で新シリーズをやっていたりする。日本では20年以上前に「バッグス・バニーのぶっちぎりステージ」という番組を、テレビ東京でやっていた。バッグス・バニーの声は富山敬。僕はトゥイッティーをあてている土井美加のファンであって、この番組の録画を見ているのが一番しっくりくるのだ。

「ルーニー・テューンズ」は作品数が膨大で、全貌をつかむのがなかなか難しい。僕は海外で出ているDVDを買ったりして、なんとか全作品を網羅しようと試みているんだけど、差別的な内容のものは見られなかったり、ハードルはかなり高いのだ。今のところ、30年代・40年代の作品の9割以上は見ることができたのだが……。

 

looney

 

さて、ゲームの「レーシング」はイギリスから買ったもので、日本のプレステでは遊べないのだが、エミュはPC上で動かすから海外規格も関係がない。ゲームとしては普通というか、まあ子供向けのレースゲームなんだが、キャラものとしての完成度が高くて、アニメ本編をうまく取り入れているので飽きずに楽しめる。

前述したように「マリオカート」の真似っこゲームであって、アイテムをぶつけて敵を妨害するという戦術が基本なので、レースとしてはアンフェアかも知れない。

当時(2001年頃)、同じ会社から「チキチキマシン猛レース」のDCとPS2版ゲームが出た。実はこれが傑作であり、カートゲームとしては一番好きなんだけど、これまた日本では発売されてないので、知名度はほぼゼロなんだよな。日本で過去に出た「チキチキマシン」のゲームは全て駄作もいいとこで完全に黒歴史状態。だからこの名作のすばらしさを語っても、誰も相手にしてくれないのである。困ったもんだなあ。

 




ひきこもり ブログランキングへ

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA