山川の詳説世界史を肴にグラスを傾ける

世界史の通史に関しては、断然、中央公論社の「世界の歴史」(旧版)のファンである。このシリーズが人生のバイブルと言っても過言ではない。無人島に行くならばこのシリーズ全16巻、別巻も入れて17冊を迷わず持っていくだろう。

これは昭和36年頃に出たものだから、古いといえば確かに古い。しかし僕が子供の頃に常識であった世界史の見方を網羅してあるわけで、この辺がしっくりくるのは当然のこと。今でも毎日何十ページかを読んで、さらに好きなローマの本をいろいろ読む、というのが基本的な趣味なのである。

 

趣味としてはそれでいいんだが、もうひとつ、高校世界史の勉強もまた、僕にとって大事なテーマなのである。

ひきこもりのおっさん(しかも大学中退)がなんで今さら高校の勉強をするのか、と言われるかも知れないが(実際言われているが)、これから大学に戻って史学をやろうというのがひとつ。そして、中公の「世界の歴史」にはまったのが17歳頃のことだったので、そのときの気持ちを失いたくないという思いが強いのである。いわば「老醜」だな(おいおい)。

そういうわけで、高校の世界史参考書を毎日十ページから二十ページくらいは習慣的に眺めている。今でもセンター試験でそこそこ点を取れるくらいの学力は維持しているだろう。

このごろは「実況中継本」が歴史勉強のセオリーとなっているようだ。これは授業で先生が喋ることをそのまま本にした、という体裁の参考書で、教科書を覚える補助として重宝する。俺の高校時代にはこんな便利なものはなかったな。古本屋で山川の「ナビゲーター世界史B」の1と2が出ていたので、今はこいつを読みつつウイスキーのグラスを傾けている。飲みながら勉強してるやつはあまりいないと思うけど。

 

(これは拾ってきた画像。手元にあるものはちょっとデザインが違うので、これより少し新しいやつかも知れない)

詳説世界史

 

ところで、よく考えてみると、肝心の山川の教科書「詳説世界史B」を持ってないのだった。ネットで普通に買えるみたいなので、ポチッとな!しようかと思ったんだが、ふと物置の中をかきまわしてみたら、高校時代に使っていた「詳説世界史」が出てきたのである。数十年前のものだから、現在の受験には使えない古い内容なのだろうけど、執筆陣が村川堅太郎、江上波夫といった気絶的顔ぶれの先生方である(夢にも思ってなかった)。

おそらく、僕の老害的な頭には今の教科書よりも、この80年代初頭に書かれた世界史のほうがマッチするのだろう。

山川出版では「詳説世界史研究」「詳説世界史図説」など、買ってみようかなーと食指を動かされる参考書がいろいろある。このあたりの本を眺めながら、深夜にウイスキーを飲むのが今から楽しみだ。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材
●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA