電車恐怖症を少しずつ克服しはじめた頃

電車に乗ると呼吸困難や吐き気に見舞われるようになったのが、22歳頃のことだった。大学をやめたり、女の問題があったりして完全に頭がおかしくなっていた時期なので、神経性の不調であることはまちがいない。原因がどうであれ、電車に乗れないという事実は動かしがたく、どこへ行くにも歩くより仕方がなくなった。ところが、そのうちに電車に乗らなくても気持ちが悪くなるようになった

なんとなく出歩けるようになり、ちょっとずつなら電車にも乗れるようになったのは、それから十年以上経ってからのことである。

 

昨日の記事でプロレスの話を書いていたら、田園コロシアムのことを思い出した。僕の行っていた大学は東急東横線沿線なので、田園調布を通過するときに田園コロシアムはよく眺めていた。のちに目蒲線の大岡山のあたりに住むようになり、そこからなら歩いても行ける距離である。

プロレスの再放送で田園コロシアムの試合を見ていたとき、大学時代を思い出して、ふと「もう電車に乗っても大丈夫じゃないかなあ」という気持ちになったのだ。それから、辛かったけれども意を決して乗るようになった。

吐きそうになると嫌なので、朝から何も食べずに胃の中を空っぽにした状態で乗る。最初は近場の目蒲線や大井町線でふた駅くらい乗ってみることからはじめて、そのうちに大井町にある区立図書館に行ったり、地下鉄で神保町や秋葉原までPCソフトを買いに行ったりできるようになった。こうして目蒲線、大井町線、さらに山手線や地下鉄も大丈夫になってきたんだが、肝心の(?)東横線にはどうしても乗れなかった。下手に学校の近くに行って、知った顔に出くわしたら困るという意識が働いてしまう(当時の教師もほとんど死んでるので、誰かに会う気遣いもないんだが)。

やはり、大学中退ということがあって、それが僕の精神にわだかまりを作っているのだろう。放送大学あたりで残りの単位を取ろうかという気持ちになっているのは、卒業すればそのコンプレックスも消えるのではないかという気持ちからなのだ。

 

ところで、僕が電車の窓から眺めていた頃、田園コロシアムはすでに老朽化してイベントには使われていなかったのだろう。テニススクールの練習場としての使用がメインだったような気がする。田園コロシアムでの大試合といえば、もちろん鶴田・マスカラス戦、さらにはハンセン・アンドレの激突が思い浮かぶ。後者はラッシャー木村の「コンバンワ」の夜である。あとベニー・ユキーデが負けた試合とか、二代目タイガーマスクのお披露目もこの会場だったような気がする。

田園コロシアムが取り壊される前後に、よくあの近くを歩いていた(電車に乗れなかったので)。すると通りかかったセレブふうのババアどもが僕の方を見て「あんな貧乏たらしい子が田園調布に住んでるのかしら?」とひそひそ噂していたものである。まあ貧乏であったことは確かだが、大きなお世話である。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA