時代劇コレクションを整理しているのだが

読書に次ぐ僕の趣味といえば、時代劇と大相撲である。どうもいまどきの若人の趣向とは思えず、高校時代から「50代みたい」などと言われていた。

時代劇はこのごろは数が減ったとはいえ、かつてはいろんな番組を毎週やっていたので、とにかく数が多い。VHSで録画するのは至難の業だったんだが、PCで取り込むようになってからは小さく圧縮してDVD-Rに焼くという技が使えるので、コレクションの数は無限に増えてゆく。気がつくと「暴れん坊将軍」「水戸黄門」あたりの長寿番組もほとんど全部録画してしまっているのだ。

 

といっても、僕が好む時代劇は子供の頃に熱中して見ていた70年代ものである。ビデオ撮りになってからの作品は、嫌いなので基本的に見ないことにしている。これはまた別の議論になるのでここでは省くことにするが、とにかくTV時代劇全盛時代のフィルム撮りの作品を主に見ているということだ。

僕がカルト的に好きなのは、片平なぎさが主演した「雪姫隠密道中記」である。これは、あっさり言ってしまえば水戸黄門のバリエーション企画であって、放送局もスタッフも同じなら、脇役で出てくる役者たちも本家をほぼ踏襲している。片平なぎさとあおい輝彦という若いコンビを主役に据えたところが新鮮であった。主要キャストたちのチームワークがよくて楽しい仕上がりになっており、後半には中村敦夫の顔の長さをネタにしはじめたり、ノリのよさで笑わせてもらった。

しかし土曜10時という微妙な放送時間のせいか、知名度はあまり上がらないままに2クールで終了してしまったのだ。この番組が放送されていた頃、僕は中学校でメチャクチャないじめに遭っていた。土曜日の「雪姫」まで我慢して学校に行こう、とそれだけを思って毎日生きていたような気がする。

 

それから、これもカルト作品というか怪作というべきなんだろうが、萬屋錦之介の「破れ奉行」にも熱狂させられた。時代劇史上においては前作「破れ傘刀舟悪人狩り」の評価が高く、「破れ奉行」の方は一部ファンを除くとほぼ無視されている。だがこの作品、錦ちゃんが自分のプロダクションで作った第一作だけあって、妙なところに凝りまくったこだわりと、何でもかんでもメッタ斬りにしてしまうハチャメチャな殺陣で、最強最笑の快作になってしまったのである。

そのキチガイぶりは実際に見てくれとしか言いようがない。当時小学生だった僕は、第一話を見てあまりの面白さにぶっとんでしまい、学校の発表の時間にクラス全員の前で、この番組のすばらしさを紹介するべく熱弁をふるったのだが、担任の陰謀で完全に無視されてなかったことにされてしまった。まあ確かに、いいやつも悪いやつも全員メッタ斬りにしてしまうキチガイ時代劇であるから、教師に理解されないのはわからんでもないが。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

青春の読書 失われた豪華本を求めて

読書話の続き。

中公の「日本の歴史」「世界の歴史(旧版)」は、全集本・文庫・バックスの三種類が混ざり合っている。とにかく一番安いやつを買って揃えたからこうなったんだが、高校時代に欲しかった文庫版が、今となっては字が小さくて一番読みにくいのは皮肉なことである。

全集本は文庫よりは字が大きくて読みやすい。しかしかさばるのが難点で、こういう豪華本は倉庫の中にやたらにあって、場所をとるので悩みの種となっている。でも古本屋で百円均一で買えたりするから、欲しい作品を手っ取り早く手に入れるには重宝するんだよね。大学時代、神保町をぶらつくたびに「世界の名著」を百円コーナーでずいぶん買ったものだ。

 

それから、これまた高校時代に高嶺の花だった河出書房新社の米川正夫訳・ドストエーフスキイ全集。当時小遣いをためて一冊ずつ買ったんだが、あまりに高いので馬鹿らしくなって、「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」なんかの有名作は、別の全集本に収録されたのを百円で買ったような気がする。米川訳なのでとりあえず内容は一緒のはずなんだが、ひょっとしたら違うバージョンの訳かも知れない。

その種の話では、僕の学生時代(80年代)にはほとんど手に入れることができなかったのが、プルーストの「失われた時を求めて」である。かろうじて、「スワン家のほうへ」と「花咲く乙女たち」が筑摩書房の文学全集に収められており、これを確か神保町の小宮山書店で、それぞれ二千円か三千円くらいで買ったと思う。今は文庫版が出ているようだが、やっぱり高いようだ。どうしてプルーストは、今も昔もあんなに高いのか?

小宮山書店には、一時期(昭和60年頃)、最も上のフロアに文庫専門コーナーができて、絶版になった文庫をやたらと並べているので、狂喜乱舞して通いつめたものである。その頃欲しかった角川文庫の「安吾捕物帖」を手に入れたときは嬉しかった。しかし僕以外に客はほとんど来なかったようで、すぐにフロア自体が閉鎖されてしまったのは残念であった。

 

あと、豪華本で思い出すのは、高校時代に買ったフィリップ・ロスの「素晴らしいアメリカ野球」、これは集英社版・世界の文学34巻で、「さようならコロンバス」(これは有名作で、映画化もされている)とカップリングの一冊である。

「素晴らしいアメリカ野球」のことは、その数年前、まだ小学生だった時分に少年ジャンプに出ていた広告で知った。本格野球小説(まあ確かに嘘ではない)らしいので読みたかったのだが、そんな高価な本を小学生が買えるわけはない。40年前、ジャンプが130円の頃に1300円という値段だった。高校生にとっても、ちょっと勇気のいる買い物だろう。この本は今でも大事にしていて、書棚の一番いい場所に立ててある。

フィリップ・ロスは、村上春樹と同様、毎年のようにノーベル賞候補に名前が出るほどの大御所になった。「さようならコロンバス」は時々話題にのぼるが、「素晴らしいアメリカ野球」の方は不遇もいいところで、現在は日本語訳は古本でしか手に入らないはずである。いわば忘れられた傑作といったところで、これを超える野球小説は後にも先にもないような気がするのだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

引きこもっていると読書がはかどるのだ

前回、XPをインストールしなおしたPCだが、どの辺で不具合が出るのかなーと探りつついろんなソフトを入れて試していたらば、あっさり電源が終わってしまった。もはやLinuxでもうまく起動しないありさまで、結局安定しない原因は、電力供給ができてなかったってことだな。いわゆる「オッカムの剃刀」というやつで、物事に複数の推論が成り立つ場合は、一番単純なものが真理に近いわけである。

こうなったら仕方がないので、オークションで安いスリム用の電源を買って付け替えてみることにする。その奮闘記は後日お伝えするとして……今のところPCに復旧の見込みがなく、ゲームもできない状態と相成ったので、ただひたすら読書に専念だ。

 

まず、数ヶ月前からやっている中公の「日本の歴史」と「世界の歴史(旧版)」一気読みは、順調に進んでそれぞれ十冊目に突入した。合わせて二十冊一気に読んでいるわけで、若い頃ならともかく中年のおっさんとしては、集中力の持続が難しいのだ。基本的に毎日80ページのペースを維持しているのだが、ストーリー的に面白いところはいいんだけど、荘園とか民衆の暮らしとかいった学術的な記述になると読むのがつらい。僕はそういうところに興味がないのに、執筆者の先生方は専門分野だから嬉々として延々語るのである。

世界の歴史第10巻「フランス革命とナポレオン」は、さすがにメチャクチャな面白さ。これは僕の人生でも指折り数えるくらいの爽快な一冊である。しかし革命の英雄が次々にギロチンにかけられる展開は、最後の方になると「もういいよ」という気持ちになってしまう。おそらくフランスの民衆もそういう気分だったのだろう。この本の内容は、今の若人から見れば古くて話にならないのかも知れないけど、昭和っ子の琴線に触れるものがある。

それに比べると、日本の歴史10巻の「下克上の時代」は爽快なところが全くないのだ。時代は応仁の乱で激しく動くのだが、そこにはそれぞれの打算と厭世観が入り乱れてグチャグチャのごった煮状態。これは読んでいて鬱になってしまう。早いとこ、戦国の英雄たちに登場してもらいたいものだ。

 

このところ、SFを読むのはやめにして早川と創元のミステリ文庫に専念しているのだが、飛ばし読みの癖がついてしまって推理小説が頭に入りにくい。もうちょっと熟読する必要がありそうだ。

歴史がらみでジョセフィン・テイの「時の娘」を久しぶりに読み返したら、この影響を受けて高木彬光が書いた「成吉思汗の秘密」を読みたくなったんだが、手元にないようだ。どうせアマゾンで1円だろうから、今度何かのついでに買うことにしよう。角川文庫で横溝正史・森村誠一に続いて、ちょっと高木彬光がブームになったような気がしたが、あれは78年頃だろうか。あの頃の角川文庫は勢いがあって面白く、存在自体が社会的なムーブメントみたいなところがあった。つづく。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

なぜか今さらWindows XPを入れてみるのだ

三年前に中古PCを購入した。Core2Duo、E7500のWindows7モデルである。5、6年前のビジネスマシンだから古いといえば古いんだが、普通の作業に困ることはないし、ちょっとしたグラボをつけると「スカイリム」もそこそこ動くので、ゲーム機としても重宝していたのである。

それが買ってから丸三年の日を境にWindowsがぶっこわれ、修復インストールも不可能でどうしようもなくなった。最初に作ったバックアップイメージを入れて三年前の状態に戻したのだが、これもまったく不安定で、問答無用でシャットダウンしてしまう。メカ的な故障かとも思うんだけど、Linuxで起動してみるとそれらしい兆候はないのだ。Windowsが三年で壊れるという時限爆弾でも仕掛けられていたのかも知れない。

 

てなわけで、現在は十数年前に自作したペンティアム4マシンで、ちまちまとブログを更新したりしている。作った当時は最先端に近いマシンだったんだけどね、最近の重いサイトには全く動作が追いつかなくて困ってしまう。

ダメになったマシンの方はLinuxで動かしてもいいし、いっそ廃物にしちゃってもいいんだが、このまま捨て去るのもしゃくなので、ダメもとでWindows XPを入れて遊んでみることにした。サポートが切れているとか時代遅れだとか言われそうだが、間違って動いてくれればスタンドアロンでゲーム機として使うのもありだと思うんで。

 

さっそく、十年以上前に買ったXPをインストールしてみた。といっても、インストールしたからすぐ動くというものでもないのがPCであって、問題はドライバ。もともとWindows7マシンなので、当然ながらXP用のドライバなんて持ってない。これはNECのサイトを探せば見つかった。ところが僕の持っているXPはサービスパック2なので、このままではドライバがインストールできないのだ。マイクロソフトのサイトを見ても、期限の切れたXPのサービスパック3は置いてない!

そんなこんなで、ドライバとサービスパック3を探してしばらく右往左往してしまったのだが、昨日ようやくインストールが完了した。果たして認証が通るかな?と危惧していたんだが、さすがに十年以上前に使ったきりのXPなので、あっさり通ったのはちょっと拍子抜け。これが通らなければ三十日後には使えなくなるところだから、まずは関門を突破したというところだ。

あと、問題は標準ブラウザがIE6なので、これはもはや使いものにならないようだ。今のところ、ネットサイトを見ることができない。他のPCでfirefoxを落としてきて入れるのが最善の道だろう。それでネットサーフィンとかできるようになればよし。しかし、いろいろインストールしているうちに、再び不安定になるかも知れないので予断を許さないところだ。といっても一度は廃物を覚悟したマシンなので、ダメもとの軽いノリでやればいいかな。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

アダルトアフィリエイトで簡単に100アクセスを突破する方法

ブログアフィリエイトをはじめた頃、というのは十年近く前のことだが、僕の悩みはアクセスが全然集まらないことだった。

これは多くの人が抱えている悩みだと思う。おそらく大部分のアフィリエイト初心者が、一日100アクセス(ユニーク)を集めることもできずに挫折してしまうのではないか。僕の場合、アダルト系のブログをやっているにもかかわらず、一年やっても20人とか30人くらいしか閲覧者がない。アダルトだと数千から数万のアクセスを集めないと話が始まらないので、これは論外である。

それでも何年かやっていればファンもついてくるのだろうが、そう悠長なことは言っていられない。最初の頃は、アクセストレードということも知らなかったし、相互リンクを申し込むのもひと苦労という状態だった。頭がおかしくなっていたので、ネット上でも他人と接するのが非常に辛かったのだ。

 

ここまでは前置きである。実を言えば、アダルトブログで数百単位の閲覧者を集めることは、それほど難しくない。相互リンクの申し込みができなくても、メールを送れなくても、関係なしに達成できる。数百では少ないという声があるかも知れないが、なにごとも段階を踏むことが大事。というわけで、アダルトブログ開設から最短で、弱小サイトを中堅サイトに押し上げる方法を教えよう。

といってもやることは非常に単純で、アダルトブログランキングを見て、アクセスランキングを設置しているサイトを見つけ、勝手にリンクするだけでいい。ただそれだけ。

そして、こちらから毎日1リンク、自作自演でクリックするのだ。すると一週間で7アクセスを送ることができる。これはちょっとしたアクセス数であるから、相手がマメな管理人なら、黙っていても普通に相互リンクしてくれる。してくれなければ諦めてリンクを外し、また他のサイトを探せばよい。こうやっていろんなサイトに自作自演アクセスを送っているうちに、自然に相互リンクが増えて一日に100から200くらいのアクセスを得ることができるようになる。

 

もっとも、これは自作自演だから物理的に限界がある。僕の経験では200から300くらいが限度であり、それ以上はクリックのしすぎで手が痛くなるし、時間がかかりすぎるので無理。でも300ユニークくらいを維持していけば、しだいに本当のファンも増えてきて、やがて自作自演の必要もなくなるだろう。

勘違いしてはいけないのだが、アクセストレードで得られる訪問者はあくまで「薄いアクセス」であり、積極的にサイトを見にきているわけではない。初期段階では露出を多くして集客ルートを確保することが大事、ということを言いたいのである。本来やるべきことは、コンテンツを充実させて真のファンを増やすこと。これを忘れては、いくらアクセス数だけ稼いでも成果を上げることはできないのである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ