学生下宿に二十年も住んでいた(どこが学生だ)

春といえば進学の季節で、この時期になると上京して大学に入ったときのことを思い出す。入っただけで出なかったというか、出ちゃったというか、あまり記憶もさだかでないのだが。僕は中年のいい齢したおっさんになっているのに、大学1年あたりで体内時計が止まってしまっている。ここ何十年かはひとまとめにして「最近の出来事」というフォルダーに投げ込まれているようだ。

大学に入ったとき、僕が住むことになったのはいわゆる昔ながらの学生下宿というやつだった。東急東横線の日吉駅から奥に入ったところにある住宅街の、普通の民家が経営しているアパート形式の下宿だった。(どこの大学だかバレてしまうけど、知らないふりして読んでもらいたい)

確か部屋代は8千円だった。電気代やガス代を入れてもせいぜい1万3千円くらいで、これは当時としても安すぎる。欠点は学校からいささか遠いということで、歩いて20分くらいかかる。バスに乗れば5分くらいだけど、バス代は馬鹿にならない。幸いにして(?)やがて僕は学校に行くのをやめてしまい、そうなると学生下宿に引きこもっているわけにもいかず、逆方向の綱島へ歩いていって暇をつぶすようになった。やっぱり20分くらいかかるんだが、山越えなのでいい運動になる。

 

それから恵比寿、大岡山と転居したわけだが、やはり一貫して昔ふうの学生下宿を狙って探すことにしていた。当時はまだ大学に籍があったためだが、普通のアパートに比べると馬鹿みたいに安いし、有名大学だから信用されて扱いがいいのである。その時期には、学生はみんな洒落たアパートやマンションに住むようになって、民家の二階を改造して貸すような古いタイプの下宿屋には人が集まらなくなっていた。だから格安でいい条件で居すわることができる。

大岡山では90歳近い婆さんが階下に住んでいて、僕は二階を借りていた。二階にある二部屋のうちのひとつを借りていたのだが、他に借り手がつかなくなって、結局二階全部を占領することになってしまった。そのうちに大学をやめたので単なるひきこもりになってしまい、学生でもないのに学生下宿にゴロゴロしているのはいかがなものか、という状況になってきた。だが他に入居者があるわけもないし、元気そのものだった婆さんも百歳近くになってくるとさすがに弱ってきて(そりゃそうだろう)、危なくて放っておけず、出て行こうにも出て行けない雰囲気だったのである。

 

結局、婆さんが倒れて病院送りになるまで、十数年のあいだ学生下宿に住むことになった。もっとも、僕は顔が美しくて中年になっても19歳くらいにしか見えないので、学生と言っていれば近所の人々は何の疑いも抱かないのだった。しかし婆さんがいなくなると、彼女の親族によって石もて追われるようにそこを追い出されてしまった。それは仕方のないところだろう。

今にして思えば、婆さんは人生の終盤になって、身動きできない僕をかくまう仕事を引き受けてくれたわけで、これも不思議な縁だと思わざるを得ない。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です