いじめに遭っていた中学時代に読んだ本

中学校ではいじめに遭っていて、どこにも居場所がないのが困りものであった。

登校しても机や椅子はどこかに隠されている。まあたいていは校舎裏の溝に投げ込まれていて、それを見つけて洗っているうちに二時間目くらいになってしまう。保健室へ行こうにも、僕の姿を見ると教師が鍵をかけてしまうので入れない。それで図書室にいるようになったのだが、そのうちに本がバイキンで汚染されるというので全校的に問題になり、僕に限って入室禁止ということになった。ようするに、どこにいてもいけないのだ。

結局、現実世界に僕の居場所はないのだということを理解した。それで読書の世界にのみ生きることになったのだが、おかげで読解力の針が振り切れて国語のテストでは百点を取るようになり、高校生になると全国模試で上位に入るくらいになったのだから、何が幸いするか分からないものだ。(さらに、そのためにくだらん大学に入ることになって苦労したのも事実だが)

 

小学生の頃から(実は幼稚園から)SFファンで、国内ジュヴナイルに熱を上げていた。好きだったのは眉村卓光瀬龍である。この二人は数あるSF作家の中でも、少年少女の描写がうまいことでは双璧である。

眉村卓の「ねらわれた学園」「なぞの転校生」は名作として知られているが、僕が好きだったのは黄色い背表紙の秋元文庫から出た「天才はつくられる」と「地獄の才能」だった。光瀬龍のジュヴナイルも名作ぞろいで枚挙に暇がない。「夕ばえ作戦」の爽快さにはいつも心を慰められていた。当サイトでしばしば言及している大岡山の学生下宿云々は、まさにこの作品の舞台となった町である。今なお一番好きなのは「明日への追跡」で、美少女たちの鮮やかさに光瀬龍のうまさが出ている。

こうした国内ジュヴナイルは全て中学校が舞台になっていて、僕はいじめに遭っているうちに、読むのがいやになってしまった。そのうちに中学校という字を見るだけで吐き気がするようになり、完全に翻訳SFにシフトしてしまったのである。おかげで原書から英語にのめりこむようになったわけだが(こればっかりだな)。

 

本格的に小説を読みはじめたのは、司馬遼太郎の「坂の上の雲」あたりがきっかけだったと思う。「国盗り物語」「新史太閤記」も面白かった。吉川英治の「宮本武蔵」や「新書太閤記」も小6か中1で読んでいる。

だが歴史ものではむしろ、井上靖の「天平の甍」「敦煌」「風林火山」の印象が非常に強いのだ。確か中学校の体育館で「天平の甍」と「風林火山」の映画を上映して、暗いのをいいことに全校生徒から嫌がらせの限りを尽くされたので記憶に残っている。だから唾棄すべき映画だと思っていたのだが、最近になってBS放送で見直すと名作だったのでびっくりしてしまった。

井上靖の作品では自伝的作品「しろばんば」と「夏草冬濤」が読書感想文の定番となっているようで、クラスの馬鹿連中もよく感想文を書いていた。ところが、僕が本キチガイなのは誰でも知っているので、うちの中学では僕の逆、つまり本を読まないことが正義なのだった。読書感想文の宿題では、原稿用紙五枚のうち四枚を費やして、自分がいかに本を読まない正義の人間であるかを自慢しあうのがテンプレになっており、馬鹿さかげんもここに極まれりという感じがした。

そんなことはともかく、僕は「しろばんば」「夏草冬濤」よりも、そのさらに続編の「北の海」が好きだった。勉強しないで柔道ばかりやっている旧制中学生(浪人生)の話で、のんきで豪放磊落な雰囲気が、自分の学校生活とあまりにかけ離れているので強く印象に残ったのだった。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA