青春の読書 失われた豪華本を求めて

読書話の続き。

中公の「日本の歴史」「世界の歴史(旧版)」は、全集本・文庫・バックスの三種類が混ざり合っている。とにかく一番安いやつを買って揃えたからこうなったんだが、高校時代に欲しかった文庫版が、今となっては字が小さくて一番読みにくいのは皮肉なことである。

全集本は文庫よりは字が大きくて読みやすい。しかしかさばるのが難点で、こういう豪華本は倉庫の中にやたらにあって、場所をとるので悩みの種となっている。でも古本屋で百円均一で買えたりするから、欲しい作品を手っ取り早く手に入れるには重宝するんだよね。大学時代、神保町をぶらつくたびに「世界の名著」を百円コーナーでずいぶん買ったものだ。

 

それから、これまた高校時代に高嶺の花だった河出書房新社の米川正夫訳・ドストエーフスキイ全集。当時小遣いをためて一冊ずつ買ったんだが、あまりに高いので馬鹿らしくなって、「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」なんかの有名作は、別の全集本に収録されたのを百円で買ったような気がする。米川訳なのでとりあえず内容は一緒のはずなんだが、ひょっとしたら違うバージョンの訳かも知れない。

その種の話では、僕の学生時代(80年代)にはほとんど手に入れることができなかったのが、プルーストの「失われた時を求めて」である。かろうじて、「スワン家のほうへ」と「花咲く乙女たち」が筑摩書房の文学全集に収められており、これを確か神保町の小宮山書店で、それぞれ二千円か三千円くらいで買ったと思う。今は文庫版が出ているようだが、やっぱり高いようだ。どうしてプルーストは、今も昔もあんなに高いのか?

小宮山書店には、一時期(昭和60年頃)、最も上のフロアに文庫専門コーナーができて、絶版になった文庫をやたらと並べているので、狂喜乱舞して通いつめたものである。その頃欲しかった角川文庫の「安吾捕物帖」を手に入れたときは嬉しかった。しかし僕以外に客はほとんど来なかったようで、すぐにフロア自体が閉鎖されてしまったのは残念であった。

 

あと、豪華本で思い出すのは、高校時代に買ったフィリップ・ロスの「素晴らしいアメリカ野球」、これは集英社版・世界の文学34巻で、「さようならコロンバス」(これは有名作で、映画化もされている)とカップリングの一冊である。

「素晴らしいアメリカ野球」のことは、その数年前、まだ小学生だった時分に少年ジャンプに出ていた広告で知った。本格野球小説(まあ確かに嘘ではない)らしいので読みたかったのだが、そんな高価な本を小学生が買えるわけはない。40年前、ジャンプが130円の頃に1300円という値段だった。高校生にとっても、ちょっと勇気のいる買い物だろう。この本は今でも大事にしていて、書棚の一番いい場所に立ててある。

フィリップ・ロスは、村上春樹と同様、毎年のようにノーベル賞候補に名前が出るほどの大御所になった。「さようならコロンバス」は時々話題にのぼるが、「素晴らしいアメリカ野球」の方は不遇もいいところで、現在は日本語訳は古本でしか手に入らないはずである。いわば忘れられた傑作といったところで、これを超える野球小説は後にも先にもないような気がするのだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です