オープンワールドとか箱庭とかいうゲーム世界

久しぶりに大相撲が世間的な話題になったので、子供の頃に紙相撲に熱中したことを思い出した。画用紙で力士を作ってトントンやるというやつである。もっとも、僕は取組自体よりも、架空の番付を作るのが好きだった。一時期は幕下くらいまで作って、何年分にもおよぶ場所をこなして、一人で番付編成会議を開いて喜んでいた。小学生の遊びとしてはちょっと凝りすぎだろう。

ゲームの中にもうひとつの現実が存在するような、変な錯覚を覚えるところが好きだったのだ。大人になって「ベストプレープロ野球」に出会ったとき、懐かしい感覚を思い出したのである。パニック障害や電車恐怖症で外出できなくなっていたので、僕の精神的な活動はもっぱらゲームの架空世界に向けられた。

 

今世紀に入って、オープンワールドというジャンルが流行りだした時、非常に強く引きつけられたのもその好みのせいだろう。前回書いた「チョロQHG2」「ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド2」が、僕の中ではオープンワールド・ゲームの頂点なのだが、これは2003、4年くらいのもの。その後「オブリビオン」「スカイリム」という極め付きのRPGが登場しているとはいえ、ジャンル的には先細り傾向にあるようだ。とくに国内ものではパッとしたゲームが出てこないのはどうしたわけか。数少ない傑作と言えるのが、「ドラゴンクエスト8」ではないかという気がする(オープンワールドとして語られることは少ないだろうけど)。

海外レースゲームでは、街の中を自由に走りまわるタイプのオープンワールドものがいくつも生まれている。「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」(2005)は、その中でも最も支持を集めた一作だろう。もっとも、これは警察に追い回されるのが非常にキツくて、疲れるのであまりプレイしたくないゲームなのだ。のんびり走れる「アンダーグラウンド2」がいい。NFSと似たタイプで「ミッドナイトクラブ3」もなかなかの名作だったが、残念ながら日本版は出ていない。ストーリーものでは「ミニミニ大作戦」「L.A.RUSH」なんてのもある(いずれも海外版)。

 

その辺のタイトルを楽しんでいるうち、00年代も終わりになってきた頃、PCやゲーム機の性能が一段とアップしたせいだろう、巨大マップを自由に走りまわるという超大作タイプのオープンワールド・レースゲームが次々に登場した。その代表的な一作が「テストドライブ・アンリミテッド」である。これはハワイ・オアフ島をまるごとゲーム世界にしたという恐るべきゲームで、ラジオを聴きながら延々とドライブを楽しむ面白さがよくて、単純ながら飽きのこない永遠の名作だ。PC版では自分の好きな曲を並べてオリジナルのラジオ局を作ることができる。PS2版(日本未発売)ではこれができなくて残念なのだが、簡略化されたためにかえってシンプルでやりやすくなっていて、こちらも捨てがたい。

それから、PS2で人気のあった「バーンアウト」の集大成的なオープンワールド・ゲーム「バーンアウト・パラダイス」にも熱狂した。これはNFSのような犯罪的な暗さがなくて、ひたすら能天気に敵をクラッシュさせる一種のバカゲーなのかも知れない。そして、巨大マップもここに極まれりという、ほとんど意味不明な快(怪)作「FUEL」の登場により、このジャンルの「おバカ」さ加減は頂点に達するのだった。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

神レースゲームとの出会いが中年を変えた

「グランツーリスモ2」をやりつづけているうちに、おっさんなりにレースの腕が上がってきたので、アマゾンで1円出品されているレースものを片っ端から買っては遊ぶという日々が続いた。

プレステだと代表的なタイトルに挙げられるのが、「リッジレーサー」シリーズである。特に「R4」の完成度の高さには感心させられたものの、まだまだ中年男のレース魂(?)を満足させるにはいたらなかった。サーキットレース、ラリー、はては「F-ZERO」にはじまる未来ものまでやったが、もうひとつ爽快感を得ることができない。やはり中年にレースは不向きなのか? それとも、この世にはもはや面白いゲームが存在しないのか。

 

とレースゲームを諦めかけたそのとき、やはり1円出品されていたPS2ゲーム「ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド」と出会ったのである。このゲームの鮮烈さは、それまでにプレイしたお行儀のよいレースゲームとは一線を画すものだった。ひとつの街を舞台にした違法ストリートレースというヤバい雰囲気、そして目もくらむようなスピード感に、たちまち引きつけられたのだった。

ニード・フォー・スピードは日本ではPSで「オーバードライビン」のタイトルで出ていたそうだが、一部のファンを除いてほとんど知名度がなく、「アンダーグラウンド」のヒットでようやく有名タイトルとなって、現在でも新作が連打されている。一作ごとに作風を変えてくるので、ひとくくりに評価するのは難しいのだが、「アンダーグラウンド」に始まるPS2移植三部作が、このシリーズのひとつの頂点であろう。

特に僕が最も熱狂することになったのが、次作「アンダーグラウンド2」だった。基本コンセプトやレースのスタイルは前作を踏襲しているのだが、今度は舞台の街を自由に走りまわるオープンワールド・ゲームとなったことで、さらに新しい面白さを加味することになった。ちょうど各社がこぞってオープンワールド・ゲームを競い合いはじめた時期であった。RPGのヒット作「オブリビオン」が登場するのはこの数年後のことだ。ゲームの転換期にあって、いろいろな要素が一致して「アンダーグラウンド2」という名作が生まれたのだろう。

 

ところで、わが国ではひと足早くオープンワールド・レースゲームの名作が生まれていた。それが「チョロQHG2」である。前作「チョロQワンダフォー」でスタイルとしては確立していて、それをパワーアップした形でオープンワールドにしたという、進化の過程もニード・フォー・スピードの場合とよく似通っている。

チョロQといえば子供向けのおもちゃなので、このシリーズを最初から敬遠する向きも多いようだが、実はかなり硬派なレースゲームなのである。レースに勝って賞金をため、車をパワーアップさせてゆくという内容からいって、「グランツーリスモ」のパロディなのかも知れない。カーラジオを聞きながら世界を自由に走りまわる「チョロQHG2」の面白さは、今なお比類のないものだ。このソフトは中古市場で大人気であり、今でも4千円から5千円の高値で取り引きされている。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

文系が数学を勉強したっていいじゃないか

僕はいつも親から「おまえは出来が悪かった」と言われて怒られている。これは、僕が私立文系に進んだからで、昔の人の考えでは、国立や理系に行けない馬鹿が私立文系に進学する、ということのようだ。だから、地方国立大学に進んだ兄弟は優等生として誉められ、僕は最低の劣等生と思われているのだ。

実際のところ、いわゆる有名私大の文学部に在籍していたのであって、地方国立大は受ける気もなかったのだが、偏差値という話をすると「そんなものが関係あるか」とさらに怒られてしまって、全く話にならない。東京の人にこの話をすると、みんなびっくりしてのけぞってしまうのだが。

 

劣等生なら劣等生でいいのだけど、僕は文系とか理系とかいう分け方が嫌いである。確かに、受験科目が国語・英語・社会だったので、数学や理科の受験勉強はやってないわけなんだが……。しかし、ある時期から数学は得意科目になった。そのうちに、国立の二次試験のややっこしい問題をパズルみたいに解くのが趣味になって、四六時中解き方を考えていたら、付き合っていた女にドン引きされて相手にされなくなってしまった。まったく、学問を理解しない馬鹿女にも困ったものである(そうかー?)。

どうしてこういうことになったかというと、高校の時にろくに学校にも来ない不良っぽい生徒がいて、そいつが国語も英語もまるでできないんだが、数学だけは異常に好きなのだった。特に当時の数ⅡBが得意で、数学の試験だけ満点に近い成績を取る。数ⅡBといえば数列と行列、それに微積分の初歩であり、その様式美が面白かったのであろう。

 

それを見ていて、こいつにできるのなら俺にもできるはずだ、と思って、まずは数学Ⅰの一気勉強をやってみた。高校2年の夏休みだったと思うが、授業で使用する問題集を最初から最後まで一気に解くという、ムチャクチャなガリ勉をやったのである。うちの高校は当時、偏差値では二流だったので、数研出版の「3TRIAL」というやや簡単な問題集を使っていた。僕はこれが気に食わなくて、レベルの高い「4STEP」を勝手に買ってきて勉強していた。とにかく、その4STEPを文字通り寝食も忘れて解きまくったのだった。

その効果たるや絶大で、二学期になると数学は急に得意科目に変貌した。学校でセンター試験(当時は共通一次試験)対策のマークシート模試というのをやったんだが、数学は半分の時間くらいで全部解けてしまい、しかも百点満点であった。それ以来、僕は数学マニアになってしまったんだが、私立の文学部志望だから受験には全く関係がなく、こういうわけの分からん趣味を持つところに女がドン引きするのであろう。

それはともかく、センター試験の数学Ⅰに関して言えば、授業で使っている問題集を完璧に仕上げれば満点に近い成績を取れることは確かだ。どうも数学の成績がいまいちという人は、騙されたと思ってやってみてほしい。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

英語勉強法に王道はあるのだろうか?ひきこもり編

昨日、メルマガ準備中と書いたつもりがブロマガと書いてしまい、よく考えたらFC2とニコニコのブロマガはもうやめたので「メルマガだよメルマガ!」と思って訂正した。ところが早くも検索なんかでブロマガで出てしまい、なんか恥をかいてしまった。いらんところで早いんだから困ってしまうな。まあ、何でもいいけど。

 

さて、ここから本題。大学受験における最重要科目といえば、もちろん「英語」である。特にひきこもりや不登校経験者となれば、全科目をまんべんなく勉強するのはキツいから、一点集中的に狙いを定めて偏差値上げをやる必要があり、そこで外すわけにいかないのが英語なのだ。逆に言えば、英語さえできれば何とかなる、という部分があるのも確かなのである。

そこで、英語が得意でない高校生(大人もそうだが)が、あるレベルまで受験英語を仕上げる方法はあるのだろうか、という問題について考えている。僕自身は英語はずっと得意科目であって、英語ほど簡単なものはないと思っていた。しかし苦手なやつは本当に苦手なんだなあ。

うちの親戚の子がなかなか優秀で、この前地方国立大学に入ったのだが、こやつが英語が全くできない。できないなりにやたら勉強したため、問題のパターンを覚えてしまって、なんとなく勘で答えられるくらいになってしまっているのだ。優秀に見えて、こういういいかげんな受験生は多いのではないだろうか。そんな力ずくのインチキ(?)ではなくて、苦手なりにも本当の実力をつけるやり方をやるべきだと考えるわけである。

 

できないやつにかぎって、いろんな参考書や問題集を泥縄式にかじって、勉強した気になっている。これがよくないのだ。英語だけではないが、受験勉強のコツは毎日少しずつ壁を塗るように知識を増やしていき、一冊の参考書を最初から最後まで何周もすることである。即戦力的な知識をつけるなら、やはり文法を叩き込むことだろう。英会話に文法は必要ないという話をよく聞くが、受験英語に関して言えば、まず文法がすべてと言っていい。僕がかなり感心したのは「総合英語FOREST」という参考書で、これを何周かやればセンター試験レベルならばたいていの問題は解けるようになるだろう。

あとは単語とリーダーである。こちらも大事といえば大事なんだが、文法に比べればあくまで余技レベル。単語はまず基本3000語を覚えることに徹するべきで、同時に高校1年の教科書程度の英文を大量に読むようにすれば、基礎学力としては十分につくはずである。リーダーの教科書などは、普通に読めば1時間かそこらで読み終わってしまうわけで、結局のところ英文の読書量が圧倒的に足りてないことが、英語アレルギーの人間を作る要因になっているのではないだろうか。

 

この文法・単語・リーダーの基本三点セットで、偏差値60くらいの英語力は確実につく。と言いたいところだが、問題なのは基本的な勉強をはじめるだけの学力もない生徒が大多数を占めるという事実なのだな。特に、ゆとり世代の諸君は中学校での授業時間が少ないので、基礎学力に問題のある場合が多いようだ。レッテル貼りはよくないけど、勉強が足りてないのは本当であろう。

だから「FOREST」を読んでも意味がわからない、という人はその前の、中学校の文法書からはじめる必要があるのだ。この場合もやり方は一緒で、文法・単語・リーダーの三点セットをきっちり極めることが重要だ。中学の文法はいたって簡単だし、基本単語は1000語くらいのものなので、その気になれば短期間で仕上げられるだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

メルマガ準備中!発行はいつになるのやら

今度、メルマガを出そうと思って鋭意準備中である。というか以前にやっていたのだが、読者が少ないし受けないので、いやになって休止してしまった。今も登録だけはしてあるので、引き続いて発行すればいいだけの話なんだが……。

メールボックスに馬鹿みたいに迷い込んでくるメルマガは、どれもこれも同じようなアフィリエイトネタばかりで、全く読む気にならんのだなあ。そう思って、いろんな趣味ネタをとっかえひっかえ、馬鹿なことを書きまくって悦に入っていたんだが、あまりに毛色が違いすぎて読者が引いてしまったようだ。といっても全然反省してなくて、またぞろ変なノリのメルマガを作ってしまうわけだが。タイトルは「超ひきこもりメルマガ」にするつもり(なんじゃそりゃ)。そのうちに出すので、当サイトで登録フォームを見かけたら読者になってください。

 

てなわけで、どうでもいい告知は以上。

全く関係ない話だが、注文していたスカパー・プレミアムのアンテナが今日届いた。物凄く古い受信セットで2500円というから、この際買っておこうと思ってポチッとな!しちゃったのである。チューナーはSD用のやつだから、もはや使えないゴミ。でもアンテナはHDを受信できるようなんで、結局2500円でアンテナだけ買ったという結果である。

110°のスカパー!の方にしようかと思っていたのだが、うちに来ているケーブルテレビだとチャンネルの選択ができなくてバカ高く、しかも見たいものが見られない。どうせチューナーも買わなきゃならんので、それならプレミアムの方がいいかなーと思ったのだ。まあ見るのは時代劇専門チャンネルだけなんだけどね。そのうち「素浪人月影兵庫」「花山大吉」をやるようになったら、5千円のチューナー買って加入するつもり。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ