世界史の勉強法にはセオリーがあるのだ

ひきこもりやニートを経て、レベルの高い大学に入るのは、ちょっと考えると至難の技のように思われる。しかし目標をきっちりと定めて、効率的に偏差値上げをしていけば、実はそれほど難しいことではないのだ。もちろん全科目をまんべんなくやるのは物理的に不可能であるし、促成栽培というかインスタントの気味があるのは仕方のないところだが、当サイトではひきこもり・ニート向けの裏技的な勉強法をご紹介していきたいのである。

その一番分かりやすいモデルとして、私立文系で偏差値60以上というところを、主に取り上げている。これはたいてい国語・英語・社会(地歴)の三科目であるし、出題傾向に合わせて一点集中的に攻めれば、中堅以上の大学であっても攻略が容易である、と見ているからだ。

しかし、ただ漫然と教科書や参考書を読んだり、ノートに書き写しただけでは勉強したことにはならないわけである。「できない子」から「できる子」に脱皮するにはそれなりのテクニックが必要なわけで、その辺の裏技は塾や予備校でも教えてくれないのだな。

 

まずは、例として世界史の勉強法について説明しよう。これは日本史でもやり方は同じである。ちょっとレベルの高い大学ならば、社会(地歴)は日本史か世界史の選択になるだろうから、そこは適宜読み換えていただきたい。

世界史の勉強法は、はっきり言ってセオリーが確立されている。進学校の生徒には説明無用なのだが、「できない子」の間では全く知られていないというこの方法は、俗に漆塗り法とか壁塗り法とか言われているものだ。ようするに、何度も壁を塗るように繰り返すことで、知識の厚みを増やしていくということだろう。使うのはいわゆる実況本である。人気があるのは「青木の世界史B実況中継」だが、教科書と同じ山川から出ている「ナビゲーター世界史B」の方が、用語の統一という意味でいいかも知れない。

この実況中継本を、毎日10ページから20ページくらい読むことを習慣にするのである。バスや電車で通学する者は、その行き帰りに読むようにするといい。三ヶ月くらいで一周できるので、一年だと四周、二年だと八周が可能ということになる。

これで頭の中に自分なりの大ざっぱな歴史年表ができあがるので、次に問題集を使ってディテールを仕上げていく。僕の受験する頃は「世界史用語問題集」というのがあったが、今は「一問一答」とかいうタイトルのものが人気のようだ。実況中継本を三周くらいやって、かなり知識がついてきた段階からはじめればいいだろう。これも習慣的に毎日やるようにして、五周から十周くらい繰り返す。十周もやればいやでも覚えてしまうので、特に暗記という意識を持つ必要はない。

 

実況中継本と一問一答問題集を仕上げれば、偏差値60くらいの学力は普通につくし、周囲からも「世界史が得意な子」と認識されるようになるだろう。欠点はやや時間がかかることで、どうしても二年がかり程度の根気の勝負になってしまう。とはいえ、高校の授業だとたいてい二年と三年の二年間で習う内容だし、おそらく第二次大戦までいったあたりで時間切れだろうから、自力で二年で仕上げることができれば上出来なのかも知れない。

レベルの高い大学を目指す場合、授業のスピードに合わせていたらとても間に合わない。授業を無視して勝手にどんどんやるのが、コツといえばコツなのだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です