格安パソコンを使いこなす!ひきこもり生活の知恵

ひきこもりの必需品といえば、なんと言ってもPCである。と言いつつ、このごろはスマホの普及によってパソコンを持たない若者が増えてきたという話だが……。そういう話がどこまで本当か分からないんだが、ある程度のネットビジネスや勉強をやりつつ、そこそこのゲームもやりたいわけで、ここはやはりPCを第一に考えたいわけである。

PCの最新機種を買おうとすると十万も二十万もするわけですが、そんなにお金をかけないでもそれなりの作業ができる!という格安PCを手に入れる方法をご紹介しよう。と改めて言うまでもなく、アマゾンやオークションで安いPCを買えばいいだけの話である。しかし何でもいいというわけではなくて、やはりちょっとコツというものがあるわけだな。そのツボを押さえるかどうかが、出費にも大きくかかわってくるので、ここは間違わないように選びたいところだ。

 

まず、僕の使っているPCはNECの量産ビジネス機であるMate、Core2DuoのE7500というやつ。C2Dの最上位機種はE8600と8500で、7500というのは機能を削減した廉価版であり、この辺のシリーズは現在でも普通に使える。というかワープロや表計算を使ったり、ネットサーフィンをやったりといった作業においては、最新機種と体感的な速度の違いはないだろう。

逆に言えば、これより下位のマシンだと動きが遅くてストレスがたまることになりかねない。C2DだとE6600ではやや物足りないのではないだろうか。

というわけで、中古のC2Dマシン、E7000番かE8000番の機種を安く買うのがコツである。このレベルのPCならば、間違いなく1万円以下で状態のいいものが買えるので、できればこれに5千円くらいの安いグラボを積む。もっとも、Mateみたいなビジネス機のスリムPCだと、電源に限界があるのであまり上等なグラボは積めないのだが。

これで動画を見るときのカクつきは全くなくなるし、ちょっと古いゲームなら問題なくやれるようになるのだ。実際、僕はE7500+5千円グラボで、画質を落とした状態ではあるもののスカイリムを普通にプレイしている。プレステ2のエミュも、ノーマルだと5、6割くらいの動きで重いのだが、安物グラボを乗せただけで9割方のゲームは実機と変わらない動作で遊べるようになったのである。かかったお金は1万2千円くらいだから、もはやこれ以上望むことは何もないという感じだ。

 

さっきアマゾンで見てきたら、中古PCの値段はさらに動いて、このごろはi3搭載のマシンでも1万円前後になっているようだ。凄い時代になったねえ。といっても、普通の作業だとC2Dもi3も一緒だし、どちらもノーマル状態でゲームをやるのはキツいので、安いC2Dを使いつぶすつもりで買うのが一番お得なのかなーという気がする。

 

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です