英語勉強法に王道はあるのだろうか?ひきこもり編

昨日、メルマガ準備中と書いたつもりがブロマガと書いてしまい、よく考えたらFC2とニコニコのブロマガはもうやめたので「メルマガだよメルマガ!」と思って訂正した。ところが早くも検索なんかでブロマガで出てしまい、なんか恥をかいてしまった。いらんところで早いんだから困ってしまうな。まあ、何でもいいけど。

 

さて、ここから本題。大学受験における最重要科目といえば、もちろん「英語」である。特にひきこもりや不登校経験者となれば、全科目をまんべんなく勉強するのはキツいから、一点集中的に狙いを定めて偏差値上げをやる必要があり、そこで外すわけにいかないのが英語なのだ。逆に言えば、英語さえできれば何とかなる、という部分があるのも確かなのである。

そこで、英語が得意でない高校生(大人もそうだが)が、あるレベルまで受験英語を仕上げる方法はあるのだろうか、という問題について考えている。僕自身は英語はずっと得意科目であって、英語ほど簡単なものはないと思っていた。しかし苦手なやつは本当に苦手なんだなあ。

うちの親戚の子がなかなか優秀で、この前地方国立大学に入ったのだが、こやつが英語が全くできない。できないなりにやたら勉強したため、問題のパターンを覚えてしまって、なんとなく勘で答えられるくらいになってしまっているのだ。優秀に見えて、こういういいかげんな受験生は多いのではないだろうか。そんな力ずくのインチキ(?)ではなくて、苦手なりにも本当の実力をつけるやり方をやるべきだと考えるわけである。

 

できないやつにかぎって、いろんな参考書や問題集を泥縄式にかじって、勉強した気になっている。これがよくないのだ。英語だけではないが、受験勉強のコツは毎日少しずつ壁を塗るように知識を増やしていき、一冊の参考書を最初から最後まで何周もすることである。即戦力的な知識をつけるなら、やはり文法を叩き込むことだろう。英会話に文法は必要ないという話をよく聞くが、受験英語に関して言えば、まず文法がすべてと言っていい。僕がかなり感心したのは「総合英語FOREST」という参考書で、これを何周かやればセンター試験レベルならばたいていの問題は解けるようになるだろう。

あとは単語とリーダーである。こちらも大事といえば大事なんだが、文法に比べればあくまで余技レベル。単語はまず基本3000語を覚えることに徹するべきで、同時に高校1年の教科書程度の英文を大量に読むようにすれば、基礎学力としては十分につくはずである。リーダーの教科書などは、普通に読めば1時間かそこらで読み終わってしまうわけで、結局のところ英文の読書量が圧倒的に足りてないことが、英語アレルギーの人間を作る要因になっているのではないだろうか。

 

この文法・単語・リーダーの基本三点セットで、偏差値60くらいの英語力は確実につく。と言いたいところだが、問題なのは基本的な勉強をはじめるだけの学力もない生徒が大多数を占めるという事実なのだな。特に、ゆとり世代の諸君は中学校での授業時間が少ないので、基礎学力に問題のある場合が多いようだ。レッテル貼りはよくないけど、勉強が足りてないのは本当であろう。

だから「FOREST」を読んでも意味がわからない、という人はその前の、中学校の文法書からはじめる必要があるのだ。この場合もやり方は一緒で、文法・単語・リーダーの三点セットをきっちり極めることが重要だ。中学の文法はいたって簡単だし、基本単語は1000語くらいのものなので、その気になれば短期間で仕上げられるだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA