大学受験の盲点?文系が数学を勉強したっていいじゃないか

僕はいつも親から「おまえは出来が悪かった」と言われて怒られている。これは、僕が私立文系に進んだからで、昔の人の考えでは、国立や理系に行けない馬鹿が私立文系に進学する、ということのようだ。だから、地方国立大学に進んだ兄弟は優等生として誉められ、僕は最低の劣等生と思われているのだ。

実際のところ、いわゆる有名私大の文学部に在籍していたのであって、地方国立大は受ける気もなかったのだが、偏差値という話をすると「そんなものが関係あるか」とさらに怒られてしまって、全く話にならない。東京の人にこの話をすると、みんなびっくりしてのけぞってしまうのだが。

 

劣等生なら劣等生でいいのだけど、僕は文系とか理系とかいう分け方が嫌いである。確かに、受験科目が国語・英語・社会だったので、数学や理科の受験勉強はやってないわけなんだが……。しかし、ある時期から数学は得意科目になった。そのうちに、国立の二次試験のややっこしい問題をパズルみたいに解くのが趣味になって、四六時中解き方を考えていたら、付き合っていた女にドン引きされて相手にされなくなってしまった。まったく、学問を理解しない馬鹿女にも困ったものである(そうかー?)。

どうしてこういうことになったかというと、高校の時にろくに学校にも来ない不良っぽい生徒がいて、そいつが国語も英語もまるでできないんだが、数学だけは異常に好きなのだった。特に当時の数ⅡBが得意で、数学の試験だけ満点に近い成績を取る。数ⅡBといえば数列と行列、それに微積分の初歩であり、その様式美が面白かったのであろう。

 

それを見ていて、こいつにできるのなら俺にもできるはずだ、と思って、まずは数学Ⅰの一気勉強をやってみた。高校2年の夏休みだったと思うが、授業で使用する問題集を最初から最後まで一気に解くという、ムチャクチャなガリ勉をやったのである。うちの高校は当時、偏差値では二流だったので、数研出版の「3TRIAL」というやや簡単な問題集を使っていた。僕はこれが気に食わなくて、レベルの高い「4STEP」を勝手に買ってきて勉強していた。とにかく、その4STEPを文字通り寝食も忘れて解きまくったのだった。

その効果たるや絶大で、二学期になると数学は急に得意科目に変貌した。学校でセンター試験(当時は共通一次試験)対策のマークシート模試というのをやったんだが、数学は半分の時間くらいで全部解けてしまい、しかも百点満点であった。それ以来、僕は数学マニアになってしまったんだが、私立の文学部志望だから受験には全く関係がなく、こういうわけの分からん趣味を持つところに女がドン引きするのであろう。

それはともかく、センター試験の数学Ⅰに関して言えば、授業で使っている問題集を完璧に仕上げれば満点に近い成績を取れることは確かだ。どうも数学の成績がいまいちという人は、騙されたと思ってやってみてほしい。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA