オープンワールド・箱庭ゲーム 仮想現実の世界を自在に冒険する面白さ

久しぶりに大相撲が世間的な話題になったので、子供の頃に紙相撲に熱中したことを思い出した。画用紙で力士を作ってトントンやるというやつである。もっとも、僕は取組自体よりも、架空の番付を作るのが好きだった。一時期は幕下くらいまで作って、何年分にもおよぶ場所をこなして、一人で番付編成会議を開いて喜んでいた。小学生の遊びとしてはちょっと凝りすぎだろう。

ゲームの中にもうひとつの現実が存在するような、変な錯覚を覚えるところが好きだったのだ。大人になって「ベストプレープロ野球」に出会ったとき、懐かしい感覚を思い出したのである。パニック障害や電車恐怖症で外出できなくなっていたので、僕の精神的な活動はもっぱらゲームの架空世界に向けられた。

 

今世紀に入って、オープンワールドというジャンルが流行りだした時、非常に強く引きつけられたのもその好みのせいだろう。前回書いた「チョロQHG2」「ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド2」が、僕の中ではオープンワールド・ゲームの頂点なのだが、これは2003、4年くらいのもの。その後「オブリビオン」「スカイリム」という極め付きのRPGが登場しているとはいえ、ジャンル的には先細り傾向にあるようだ。とくに国内ものではパッとしたゲームが出てこないのはどうしたわけか。数少ない傑作と言えるのが、「ドラゴンクエスト8」ではないかという気がする(オープンワールドとして語られることは少ないだろうけど)。

海外レースゲームでは、街の中を自由に走りまわるタイプのオープンワールドものがいくつも生まれている。「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」(2005)は、その中でも最も支持を集めた一作だろう。もっとも、これは警察に追い回されるのが非常にキツくて、疲れるのであまりプレイしたくないゲームなのだ。のんびり走れる「アンダーグラウンド2」がいい。NFSと似たタイプで「ミッドナイトクラブ3」もなかなかの名作だったが、残念ながら日本版は出ていない。ストーリーものでは「ミニミニ大作戦」「L.A.RUSH」なんてのもある(いずれも海外版)。

 

その辺のタイトルを楽しんでいるうち、00年代も終わりになってきた頃、PCやゲーム機の性能が一段とアップしたせいだろう、巨大マップを自由に走りまわるという超大作タイプのオープンワールド・レースゲームが次々に登場した。その代表的な一作が「テストドライブ・アンリミテッド」である。これはハワイ・オアフ島をまるごとゲーム世界にしたという恐るべきゲームで、ラジオを聴きながら延々とドライブを楽しむ面白さがよくて、単純ながら飽きのこない永遠の名作だ。PC版では自分の好きな曲を並べてオリジナルのラジオ局を作ることができる。PS2版(日本未発売)ではこれができなくて残念なのだが、簡略化されたためにかえってシンプルでやりやすくなっていて、こちらも捨てがたい。

それから、PS2で人気のあった「バーンアウト」の集大成的なオープンワールド・ゲーム「バーンアウト・パラダイス」にも熱狂した。これはNFSのような犯罪的な暗さがなくて、ひたすら能天気に敵をクラッシュさせる一種のバカゲーなのかも知れない。そして、巨大マップもここに極まれりという、ほとんど意味不明な快(怪)作「FUEL」の登場により、このジャンルの「おバカ」さ加減は頂点に達するのだった。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA