あるいはSF文庫でいっぱいの部屋

過去記事にも書いたように、幼稚園の頃からSFファンで滅多やたらに早川や創元の文庫を買いまくっていたら、部屋は数千冊の書物でパンク状態。

かねてよりどうしようかなーと思っていたところ、今世紀に入ってからのSFの流れといいますか、海外SFの動向なんかを見るにつけ、ちょっと嫌気がさしてきたのだな。SF界がどうこうというより、自分の感覚と合わなくなってきて、新作を読んでも少しも面白くない。結局、自分は昭和のSFファンであることを痛感した次第で、これを機にSF関係の文庫本は順番に自炊したのち廃棄することにした。

てなわけで、去年からスキャナに取り込んでPDF化して、ゴミの日に出すのを繰り返しているんだが、スキャナが安物なので一日一冊ペースがやっと。ようやく300冊くらい処分して、本棚半分くらいはスペースが開いてきた。でも歴史ものとかミステリーは相変わらずどしどし買い込んでいるので、本の総数は変わらないという始末で、われながら困ったものだ。それでも300冊がDVD一枚に収まってしまうのは驚きで、もうちょい高いスキャナを買えば作業効率も上がるだろう。

 

こうして文庫を大量に捨てるにつけ、思い出すのはSF小説を探して奔走した日々のことである。十年くらい身動きできない時期があって、ようやく起き上がれるようになると、吐き気やめまいを抱えながら地下鉄に乗って、神保町や高田馬場へ必死になって足を運んだものだ。

僕は翻訳SFの中でも40年代・50年代の、いわゆる黄金期の名作にいかれていて、サイバーパンクが流行りだした頃にも「なにそれ、おいしいの?」という態度でツッパッていた。要するに古いSF読みってことなんだが。

ちょうどその頃(85、86年頃)、ハインラインの未来史シリーズやジュヴナイル作品といった、長いこと幻の名作と言われていた作品群が早川と創元から一気に刊行されはじめたのである。僕は文字通り寝食を忘れて読みふけり、あまりの面白さに打ちのめされて、数年のあいだ、半ば放心状態という感じだった。やはりストーリー・テリングにおいては、ハインラインが古今随一の存在だと、今でも思っている。

 

学生時代、僕が新刊を買っていた渋谷の本屋も、古本を探してまわった東横線・目蒲線・大井町線沿線の古本屋も、今ではほとんどが消えてなくなっているので、茫然となってしまう。特に一番びっくりするのは、巨大な駅ビルが建ってしまった日吉の変わりようなのだが……。ジャック・フィニィの小説みたいに、ふらっと電車を降りたら三十年前の学生街に戻っていた、なんてことがないものかと思うのだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です