オープンワールドの「FUEL」 ギネス級の広さを持つレースゲームの魅力とは

OSをWindows XPに戻したので、以前にやっていたPCゲームを少しずつ再インストールしている。不具合が出たら嫌だなーと思いながら探り探りやっとるんだが、考えてみれば全部もともとXP用のゲームであって、7以降でプレイする方が無理があるのだ。今は「バーンアウト・パラダイス」「Flatout Ultimate Carnage」「Fuel」を入れて、かわるがわる遊んでいる。結局、2010年頃に出た変な洋物のレースゲームってことだな。

「バーンアウト・パラダイス」をプレイしたゆとりが「マップが狭い」とブログでほざいていたが、実のところ当時としては破格の広さと言っていいゲームだったのである。「スカイリム」と同じくらいの面積じゃないかな。もっとも、RPGは徒歩で移動するが、レースゲームではスーパーカーで時速200キロくらい出してぶっとばすので、その意味では確かに狭いのかも知れない。以前はオープンワールドというだけでびっくりしていたのが、この時期になるといかにゆったり・のんびりドライブできるかという話になってきて、ゲームの超大作化がはなはだしかった。オアフ島をまるごとゲーム世界にしてしまった「テストドライブ・アンリミテッド」は、その頂点という感じの一作だったのである。

 

そんなときに颯爽と(ウソです)登場してレースゲーム好きの度肝を抜いたのが、「Fuel」というゲームだった。これを頭からクソゲーと決めつける向きが多々あるが、僕は今もって「Fuel」のファンである。良くも悪くもこれぞ洋ゲーという感じの、なにもかも桁違いのスケールを持ったゲームであり、いわば「鳴らない大鐘」といったところか(ダメじゃん)。マップの広さは「テストドライブ・アンリミテッド」のざっと十倍、岩手県と同じ大きさだそうで、世界最大のマップを持つ家庭用ゲームとしてギネスブックから認定を受けたということだ。

一応、よくわからんレースが用意されていて、一位になれば車やコスチュームがアンロックされ、行ける区域が広がっていくという最低限のゲーム性はある。だがしかし、「Fuel」の存在意義はあくまで、無意味に広い大地を何も考えずに走りつづけるという、ほとんど虚無に近い無限のドライブにある。そこにはストーリーもなければ刺激もないので、そういうものを求めるゲーマーにとって「Fuel」は最低のクソゲーだろう。逆に、そういう意味のなさが面白いと感じる者にとっては最高のドライブゲームなのである。

あえて言うなら、「マッドマックス」の世界を一人で自由に走りまわるという趣きだろう。正直なところ、現在に至っても「Fuel」の代わりになるゲームは皆無なわけで、世界中に存在する一部の隠れファンは、今日も黙々とあてのないドライブを続けているのだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA