FlatOutという名作だか馬鹿だか分からないゲーム

前回に続いて、洋物の変なレースゲームについてご紹介を続けましょー。「Fuel」には賛否両論あると思うのだが、箱庭ゲームの行き着いた世界として僕は評価している。箱庭にしてはあまりにも広すぎるし、基本的にやることは何もないゲームであって、想像力の世界に遊べない人には無価値な代物なんだが。

ここ数年、「Fuel」と並んでプレイしつづけている変な洋ゲーが、みなさんご存知……じゃなくてほとんど誰にも知られてない「FlatOut」である。これ、steamでは外人の間である程度の人気を得ているらしいのだが、日本での知名度は極めて低く、話題になるときには「究極のバカゲー」と言われるのがせいぜいという、かわいそうなくらい不遇な一作なのだ。しかし、実のところ非常に出来のいいレースゲームであって、やればやるほど面白さが身にしみてくる麻薬的なゲームなのである。(確かに、事故の際はドライバーが絶叫しながらすっとぶというおバカな側面はあるのだが)。

 

この「FlatOut」は、PC版の海外での好評に応えて、日本ではコナミからPS2版が発売された。ところが、そのタイトルがなんと「レーシングゲーム 注意!!!!」ときたもんだ。さすがにこれでは誰の目にも留まらないし、買おうという気にはならんだろう(だいたいFlatOutはどこへいった?)。われわれ、一部の隠れファンはこれでガックリきたのだが、そこへ登場した続編の「FlatOut2」が、またしてもすばらしい名作だった。この二作目も、われらがコナミは「がんばれ!とびだせ!レーシング!!」という見事な日本版タイトルをつけてくれた。おそらく頭から売る気がないのだろう。orz

タイトルはともかくとして、この二作目はレーシングゲームとしてのストイックな風味と、敵に体当たりを食らわして破壊するバカゲーの味とが絶妙にミックスされている。未経験の人には、このPS2版の第二作をお薦めしたい。何度でもプレイしたくなる麻薬的な味わいは、他に類を見ないものだ。

 

「FlatOut」については1と2でネタが出つくしているのだが、XboxとPCでは2をパワーアップしたリメイク版「FlatOut Ultimate Carnage」が登場した。2の要素は全て入っていて、さらにライバル車やグラフィックが増量しているので、PCでじっくりプレイしたい人にはこれが断然おすすめである。ただ、GFWLの紐つきゲームであるため、現在ではうまく起動できないという弊害が出ているようだ。このゲームはなぜかGFWLのオフラインアカウントを作れない仕様になっているらしい。僕は「Fuel」で作ったアカウントを流用しているが、これはあくまでパッケージ版の話で、steam版ではどうなるのかよく分からない。

ちなみに、その後に出た「FlatOut3」は本物のクソゲーで、steamの評価ではなんと23点がついていた(参考までに言うと、1は80点で2が79点)。さすがのコナミも3の日本版は出さなかったようである(笑)。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です