国内SFとジュヴナイル いじめに遭っていた頃の読書体験

前にもちょっと書いたけど、SFを読むのはひとまず封印して、これからは歴史関係とミステリに専念することにした。というわけで早川と創元の翻訳SFは順番に自炊して廃棄しているんだが、国内SFにはまた別の思いがあって、本をバラす気になれないのだなあ。主に秋元文庫と角川文庫に収録された、70年代前半の少年少女向けSFなんだが。

73、74年頃の文庫ブームに乗っかる形で、ジュヴナイル作品をどしどし文庫化していったのが、ほかならぬ秋元書房と角川書店なのである。旺文社や学研の学年誌に連載されていた作品が、その主な母体なわけで、文庫ブーム以前だと鶴書房の「SFベストセラーズ」が定番であった。これは小学校高学年から中学生くらいが対象年齢だろうか。僕にとってのSFの原点は、このシリーズの「時をかける少女」だった。少年ドラマシリーズで評判になった際、姉が買ってきたのである。そのとき、僕は幼稚園児だったのだが……。

小学校の時には秋元文庫のSFシリーズを買い集めて、さらに角川で出た「なぞの転校生」「ねらわれた学園」の面白さに強く引きつけられた。「明日への追跡」「夕ばえ作戦」を読んでからは断然、光瀬龍の信奉者となり、「百億の昼と千億の夜」に打ちのめされてちょっと頭がおかしくなったのが小6の時。これは大人向けの文庫なので、本屋のレジでなかなか売ってもらえなくて苦労したものだ。その間に「日本沈没」のブームがあり、新潮や文春、さらには後発の集英社まで文庫でSFを出すという、信じられない時代が到来したのである。

 

そういういい時代になったんだけど、僕の方は中学に入るといじめが本格化して、およそ考えられるかぎりの、ありとあらゆる嫌がらせを受けつづける日々となった。言うまでもないことだが、SFジュヴナイルは例外なく学校を舞台としており、登場人物のほとんどが中学生である。僕は中学校とか学校生活とかいった文字を見るだけでも吐き気をもよおすようになって、国内SFを読むことができなくなってしまった。それ以降、早川や創元の翻訳SF一辺倒ということになったのである。

したがって、僕の中では国内SFに関しては、当時のまま時計が完全に止まっている。SF界の重鎮は星新一と小松左京であり、山田正紀や横田順彌はいまだに新進の若手作家だと思い込んでいるのだ。それ以降の作家も作品も一切関知していない。

それから長いことジュヴナイルも忘れ去っていたんだが、ちょっと起きて歩けるようになった頃、数十年ぶりに早稲田の古本屋を見てまわることにした。軒先の百円コーナーを見ていると、懐かしい黄色い背表紙の秋元文庫が、想像以上にたくさん出ているではないか。そういえば、当の秋元書房がこの近くだったよなあ、と思いながら、子供の頃の読書体験が記憶の底からよみがえってきたという次第である。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA