ひきこもり・落ちこぼれが英語を得意科目にする方法

昨日のニュースを見ていたら、センター試験に代わる試験方式云々という話をやっていたが、かく言う僕は筋金入りの共通一次世代!……と言いつつ実態は私大中退だから、全く無関係というか門外漢もいいところだったりする。そんなことはともかく、こっちは外人と会話したいわけではないので、ただひたすら知識を詰め込んで読解力を上げて、男は黙ってマークシート方式といきたいところだ(いや門外漢なんだけど)。

受験方式がどう変わろうと、とりあえずビールみたいに、とりあえず英語が大事であることは永遠普遍の真理。受験においては、英語さえできればなんとかなる、というのは昔も今も同じなのだ。僕は英語が得意だったので意識したこともないんだが、成績のいい子でも英語ができないやつは本当にできないのだな。特にひきこもりや不登校を経験した人は、とてもじゃないが授業についていけなくなって、絶望的な気持ちとともに努力を放擲してしまうんじゃないだろうか。

 

現役の高校生でも社会人でもいいけど(大学生でも別にいい)、英語が苦手でどうにもならん!という人が、一転して英語を得意科目にする方法が、ひとつだけある。それは、中学校の英語をやり直すことだ。よくRPGで、敵が強くて歯が立たないという場面があるでしょう。そういう時は、もと来た道を引き返して、ひとつ前の町のあたりまで戻って経験値稼ぎをやればいいのだ。いくらなんでも、中学校の一番最初の授業から分からないということはないだろう。最初からやり直せば、どこで分からなくなるかが分かる。自分のレベルを把握することができるのも大きい。

大人になって中学校の勉強をするのは抵抗があると思うけど、このごろは社会人向けのやり直し用の中学英文法の本がいろいろ出ているようだ。あとはシス単の中学版で単語を覚えれば、中学英語は完璧になるだろう。あなたがいま高校に入学したばかりだと仮定すれば、中学英語が完璧に理解できている状態というのは、これは「英語が得意である」と言い切ってさしつかえないと思う。

 

ここに至ってようやく、普通に高校レベルの受験勉強が開始できるというわけだ。意味の分からない参考書をただ読んだり書き写したりして、勉強した気になるというのは一番よくない。受験勉強はRPGの「おつかいゲーム」みたいなものであって、回り道してもひとつひとつイベントをこなして、フラグを立てていくしかないのである。

中学校で習う内容が完璧に押さえられていれば、センター試験や中堅校レベルの受験勉強は、それほど難しいものではない。具体的にいえば「総合英語Forest」「シス単Basic」を仕上げるだけで、偏差値60前後までは無理なく持っていけるだろう。有名進学校ではなく普通の公立校で、このレベルまで達するやつはそう多くないのだ。おそらく、ここまでいけば周囲から「あいつスゲーなあ」と尊敬を集め、女子たちからキャーキャー騒がれるにちがいない(あとの方は保証できないけど)。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です