アフィリエイトブログ記事 書き方のコツと初心者の心得

ひきこもりの人に適したネットビジネスとして、僕としてはブログアフィリエイトを奨励している。これはブログ記事を書いて読者を集めればいいだけだから、作業としては一番簡単であると言いたいところなのだが……いろいろ話を聞いていると、記事が書けないという悩みを持っている諸君が多いのだな。

これは考えてみれば当然の話であって、お金を稼ごうとする以上はいわば「プロ」である。素人がいきなりプロの仕事をしようというのだから、すいすい出来る方がどうかしている。また、もともと文章を書くのが好きでたまらないという奇特な人間は、まあ滅多にいるものではないだろう(僕がその奇特な珍獣なのだが)。というわけで、記事を自在に書けるようになるためには、半年から一年くらいの訓練というか、かなり意識しての習慣づけが必要なのは確かである。

 

それとは別に、どういうノリでブログ記事を書くか、というのも難しい問題なのだ。アフィリエイト教材を読むと、「日記を書くのはタブーである」と書いてある。これはどういうことかというと、読者は情報を求めてサイトを見に来るのであって、誰だかわからないやつの日常生活など読みたくもなければ知りたくもない、ということなのである。

それはそうなのだが、逆に情報だけを箇条書きにした無味乾燥な記事というのも、読んでいて腹が立ってくるわけだな。何かを調べようとして検索でたどりついたサイトに、そういうのが非常に多い。これは完全に広告を踏ませることを目的とした記事であり、手馴れたやつは下請けに発注して、全然関係ない第三者に記事を書かせている。これではサイト運営者の顔や個性が出てこなくなるのは当たり前であり、読んでいて面白くもなんともないのだ

 

ブログというのは建前としては日記であるから、やはり筆者の個性とか考え方が出てこなければ、読んでいて興味を抱くことができない。むしろ、ある程度自分というものを前面に出すことで、共感する固定読者やファンを増やしていき、「この筆者の言うことなら信用できるだろう」という印象を抱かせて商品を買ってもらうという流れが、ブログアフィリエイトの自然な形だと思うわけである。とってつけたような無味乾燥な記事や、他人に発注した出来合いの記事では、この方法は無理なのだ。(もちろん、集客だけを目的にしたサイトでは、記事の発注は当然なのだが)

しかし内容的にいえば、単なる日記を書くのはタブーである、というのは本当だろう。読者が読みたいであろう情報をメイン・テーマとしつつ、筆者の個性を出しながらある程度のボリュームのある記事を構成しなくてはならない。一朝一夕で記事が書けるようになるものではない、というのも頷けるところだ。そのあたりが、読書をし勉強をして知的レベルを上げよう、という当サイトの主旨とリンクするのである。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA