ブログが続かない人への処方箋

ブログアフィリエイトの話をしている以上、とにかくブログを作らないことには物事が前へ進まない。ブログを作るというのは、ようするに記事を書くということである。はっきり言って、ブログにおいては記事を書くことが95%以上を占めるのだが、どうもこのことが一番おろそかになっているようだ。テンプレート、画像の貼り方、見てくれの向上にはみんな気を遣うのに、肝心の記事はといえば他人に発注したり雛形をそのまま流用したりで、一体何がやりたいんだ?と言いたくなってくる。

もちろん、その気持ちは痛いほど分かるのだな。記事のネタは簡単には見つからないし、書くのは非常にきつい。しかも、いくら書いても閲覧者は増えないので、大部分の人が三ヶ月ともたないで撤退してしまうのだ。僕自身、ブログを立ち上げては潰すという経験を数え切れないくらいやっている。誰も読んでないブログに黙々と記事を書き続けるのは、どう考えても馬鹿馬鹿しいですよね(このブログにもその傾向はあるのだが……)。

 

ところで、当サイトはレンタルサーバーを借りてワードプレスで作っている。サーバー代は高いものではなく、僕はこれをポイントサイトで稼いだお金で、自己アフィリを使って支払っているので、実質はタダというか、いくらか黒字になっているというのも変な話である。無料ブログもいいんだけど、ときどき意味の分からないアカウント凍結騒ぎがあるから使いたくないのだ。また、このごろは言葉狩りがひどくなってきて、NGに指定されている言葉を打ち込むと、記事の投稿ができなくなったりする(特にFC2)。

本格的にアフィリエイトをやるとなれば、レンタルサーバーを借りるのは基本なんだが、この場合は特にモチベーションの維持が難しくなる。というのも、無料ブログのようなポータルサイトがないから、記事を投稿すればとりあえず何人か読みにくる、ということが一切ないのだ。つまり、ブログを立ち上げた当初はどこにも繋がってない離れ小島なわけで、このままいくら記事を書いても、永久に訪問者はゼロのままなのである(経験あり)。

自力でいろいろなところと強引にリンクして、さらに必死で半年くらい記事を書き続ければ、ようやく何人か固定読者がついてくる、という感じである。これはちょっとやそっとの覚悟で継続できるものではない。それもお金を払ってこの苦行をやるというのは、感覚的には罰ゲームに近いだろう。ブログアフィリエイトを馬鹿にするやつは、半年以上にわたる無駄な作業(?)をいつも指摘するのだ。

 

もちろん、この無駄な時期を通り過ぎなければ、ブログは育ってこないのである。僕は無料ブログのbloggerで、英語のプロレスブログを作っていたのだが、これがいい気分転換になって続けられたような気がする。bloggerはgoogleが運営しているから、ポータルサイトはなくても検索には載りやすい。訪問者は微々たるものだが、だんだんいろんな国の外人が見に来るようになって、気がついたら南極大陸以外のほとんどの国から閲覧者が来ていたのである(中東やアフリカのやつが日本のプロレスに興味があるのか?という疑問は湧くのだが)。

モチベーションなどと難しいことを言わなくても、作業の中に面白さや楽しみを見つけることができれば、苦行も苦行ではなくなるのである。訪問者がいないからといって、ブログをやめてしまっては、何もかもが終わってゼロになってしまう。まずは、最初の利益が上がるまでは何も考えずに続けてみることだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です