若者の活字離れに挑戦する!(若者じゃねーよ)

新聞によりますと、このごろは大学生の四割が全く本を読まないそうで、読書星人の僕としてはびっくり仰天してしまう。とはいえ大学生にもいろいろあるだろうから、平均すればそんなものなのかも知れない。

かく言う僕も、寄る年波で目が見えなくなってきて、「世界の歴史」でいえば全集本はいいけど文庫版は辛いという感じで、若者の活字離れが進行していたのである(だから若者じゃないって)。しかし、目のピントを合わせる機能も要するに筋肉の力であろう。ということは、鍛えればある程度は維持できるだろうと思って、文庫本を距離を遠ざけたりせずに強引に読み続けていたところ、またなんとなく見えるようになってきた(笑)。みんな老眼鏡なんかかけるから、却って老眼が進行するのではないか? いずれにしても若者の問題とはいい難いんだが……。

 

過去記事にもいろいろ書いたけど、ここ20年ほどは、ひどい境遇からの現実逃避でSFとミステリばかり読んでいた。どこで人生の分岐点を間違えたのだろうと思い、自分の読書遍歴をさかのぼってみると、高校から大学にかけてはドストエフスキー、トーマス・マン、プルーストといったところを読んでいたのだな。そのあたりから人生をやり直す必要がある、と思ったので、早川や創元の文庫は順番に自炊して廃棄。空いた本棚に前述の作家たちにくわえ、アレクサンドル・デュマ、ディケンズなどの長編作品を並べることにした。どうやら人生をさかのぼりすぎて、19世紀までさかのぼってしまったようである。

というわけで、いま現在は「モンテ・クリスト伯」と「オリバー・ツイスト」を並行で読んでいるのだが、この辺の長編は長いこと楽しめるのがいいところだ。……と思っていたのだけど、SFやミステリといった娯楽作品を読み飛ばすのに慣れすぎてしまって、つい物凄いスピードで読んでしまうのだ。アマゾンで1円(送料257円)で買って、さあ当分堪能できるぞ!と思ったら、あっという間に五分の一くらい読んでしまっていて、「貴重な長編が……」とがっくりくるのだった。別にがっくりしなくてもいいんだけどね。

 

人生をもっとさかのぼれば、僕は幼稚園児の頃から病的な本好きだったのである。ゴミ捨て場に本が捨ててあれば座り込んで夜まで読み続けるという、町内でも有名なキチガイだった。学校ではずっといじめに遭っていて、僕の存在そのものが悪とされていたので、うちの学校では読書といえば「一番やってはいけないこと」と見なされていた。読書感想文の宿題が出ると、全員が原稿用紙五枚中四枚以上を費やして、自分がいかに本を読まない善良な人間であるかを競ってアピールするという、馬鹿の極みのような現象が起きる(これが中学校三年生のレベルなんだから恐ろしいよね)。

その種の馬鹿な話でいえば、僕のいとこが全く本を読まないで「ドラえもん」ばかり読んでいた。親戚のおっさんどもはそれを僕のことだと思い込んでいて、つい最近まで「おいドラえもん、おまえ全然本を読まない馬鹿なんだってな、このバーカ」などとほざいていたのである。読書ひとつをとっても、世の中は理不尽なことばかりである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です