ブログ記事のネタを簡単に見つける方法

昨日は久しぶりに読書ネタを書いてみたのだが、案の定、閲覧者は通常の十分の一に落ちてしまった。自分で書いていて一番楽しいのが読書の話なんだけど、これが一番受けないのだから困ってしまう。まあ、ひきこもりの人に向けてアフィリエイトと大学受験を指南するのが主旨であるから、趣味系の話はあくまでアクセントであり気分転換であるということなんだが。

そこで、本題のブログアフィリエイトの話である。ブログの場合はとにかく記事を書くことが全てであって、それ以外のテクニック云々はあくまで薬味にすぎない。とにかく愚直に毎日記事を更新していけば、必ず固定読者がついてくるし強いブログに育っていくものだ(数年はかかるという覚悟が必要だけど)。

 

文章そのものは数多く書いていれば上達するし、テクニックを教えてくれる講座もある。ところが、それ以前に「記事ネタがない」「何を書いていいか分からない」という段階で悩んでいる人が多いらしいのだな。書くことがないから毎日更新することが難しい、あまり更新しないからブログが育っていかず、訪問者が増えず、やる気もなくなっていく。とまあ、これは誰もがたどる悪循環であって、それで結局はブログ自体を投げてしまうのもよくある話。僕もそういう経験を何度もやっているので、気持ちはわかるのだ。

アフィリエイトでいえば、初心者段階ではブログ記事として書くことがほとんどないのも確かである。なにしろ人に教えることがないんだからね。だから、あらかじめせどりとかヤフオクなんかで少しでも実績を作っておけば、記事のテーマをしぼりやすくなる。単に「ネットビジネス」といえば漠然としすぎていて、ネタを探そうにも砂漠の中をあてもなく歩く感じになってしまう。これではなかなか記事としてまとまってこないだろう。

この場合のコツは、テーマを順番に小さくしぼっていくことだ。ネットビジネス→せどり→ゲームせどり→売れ線のゲームは何か→ドラクエとFFならどっちが高く売れるか……という具合に、テーマをしぼっていけば内容がだんだん具体的になってきて、記事として構成しやすくなる。この具体的であるということと、自分の経験を書くということが非常に大事。第三者に発注した出来合いの記事には、ありきたりの抽象的な内容のものが多い。そんなのは何の説得力もないし、誰も読みたいとは思わないものだ。

 

ひとつの定石として、書くことがなければマインド関係の話を書け、とよく言われる。つまり、モチベーションの維持とか、やる気の出し方といった精神論の記事を書け、ということだ。これは確かにひとつの手ではあるんだが、実績のないやつに「毎日努力しましょう」なんて言われても、読んだ側としては「おまえモナ」という感想を抱くのが関の山であって、なかなか難しいのだ。

この場合のコツも、やはり具体性を加味することである。自分が過去にどれだけダメだったかというのを、具体例を挙げて示せば「経験者は語る」という感じになって、面白い記事が書けるだろう。つまりは自虐ネタだな。これのいいところは、ダメ人間であればあるほどネタが無限に出てきて、ダメ人間転じて記事ネタの宝庫となる点である。わが身を切ってネタを案出するのだから、かなりの覚悟が必要ではあるが、ひきこもりや貧乏をテーマにするならば当然、自虐ネタはメインとなるだろう。(自虐で記事を書けという講座は、ちょっとないと思うけどね)

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA