落ちこぼれから地歴偏差値を60まで上げる簡単な方法

社会人から大学を受けなおそうという人、勉強が得意でない現役中高生のお友達にとって、社会(地歴)は厄介な存在だろうと思う。どの科目を選択するにしても、いわゆる暗記ものと目されているので、時間は食うし効率は上がらないしで、泣きたい気持ちになるのもよく分かるのだ。

といって、暗記ものだというので四六時中、難しい顔をして教科書を睨みつけていても、覚えられるものではないのだな。要領の悪い人は、時間をかけて字面を追っただけで勉強した気になっている。これは本末転倒であって、大事なのは時間を潰すことではなく、できるだけ効率よく覚えることなのだ。ここで発想を転換して、地歴は暗記ものではないと考えてみよう。

 

とは言いながら、結局のところ世界史、または日本史の教科書に書かれている内容を、まるまる覚え込むことが目標であることは確かなのである。教科書が完全に頭に入れば、偏差値60は軽く突破できることは間違いない。それくらいあれば中堅私大は余裕だろう(もっと難関校を目指したいという人もあるだろうが、物事は段階を踏むことが大事である)。

というわけで、これから地歴(社会)を、とりあえずビールみたいにとりあえず得意科目にする方法について解説していきたい。世界史を例に挙げるけれど、やり方は日本史でも地理でも一緒である。ちなみに言うと、地理が受験科目になることはあまりないので、お勧めするのは日本史か世界史である。

 

われわれの時代(共通一次世代)にも、教科書を丸暗記せよ、ということは普通に言われていた。ただ問題はそのやり方なのだ。教科書というのは非常に簡潔にまとめられていて、世界史好きが改めて読むとうっとりするほどなのだが、必要最小限の説明しかなされていないので、これを読んで暗記するのは難しい。ともすれば意味のない記号の丸暗記になってしまう。結局、教科書というのは授業における先生の解説つきで読むことを前提として書かれているのである。だから授業を聞きながら、教科書に書いてある重要事項を覚えていけばそれに越したことはないのだが、授業はたいてい退屈なので、ボーッと聞き流してしまうのだな。それを補うために学習塾に行ったりするわけで。

 

ここで少し脱線するけれど、日本史と世界史ではどちらを選択すればいいか、というのも大事な問題である。世界史はいまいちなじみがないので、多くの諸君が日本史を選択するのではないだろうか。ここにちょっと落とし穴がありまして、実は世界史を選択した方が受験の上では断然有利なのである。

なぜかというと、現在は世界史が必修で日本史は選択科目である。したがって、普通の公立校などでは、世界史は二年生と三年生の二年間かけて習うが、日本史は三年生の一年間だけでやる場合が多い(そうでない高校もあるけど)。単純に二年対一年で、世界史の方が学習時間が多いのだ。日本史を受験科目にするなら、二年生の時点で勉強をはじめなければ間に合わないのだが、まだ地歴の選択科目も確定しておらず、教科書も配られてない段階でわざわざ日本史を勉強するやつは、普通の高校にはあまりいないだろう。(有名進学校なら、当然カリキュラムとしてそのくらいのことはやっている)

 

さて次回は、基本的な勉強方法と参考書選びについて解説することとしよう。それではみなさま、ごきげんよう。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA