アダルトアフィリエイトの今後 新たなトレンドを開拓するネットビジネス

先日、身内の者が救急搬送される騒ぎがあって、とてもブログ記事を書いているどころではなかった。それはどうにか落ち着いたのでひと安心というところなんだが、仮に葬式なんてことになると人前に出なければならず、クソガキがこっちを指さして「ねえママ、あいつバカなんでしょ? バーカバーカ」「そうよ、あんなバカな大人になっちゃダメよ」という会話が交わされるのに耐えなければならないのである。もっとも近頃では、そいつらより僕の方が知性もお金もあることが分かって、あまり何も言われなくなってきたのだが……。

最近はアフィリエイターと言っても世間で通るようになってきたのは確かである。でもまあ対外的には「自営業」と言うことにしている。何年か前に、銀行で預金口座を作ろうとしたら、会社名を記入しろというので「会社員ではない」と言ったら銀行内騒然となって警備員や支店長まで出てくる騒ぎだったが(ちょっと大げさに言っている)、このごろはそういうことは少なくなってきたようだ。といっても、アダルトアフィリエイトをやっていると公言するのはかなり勇気のいることである。

 

アダルトアフィリエイトは参入者が多くて大変ではあるのだが、少し前までは相当に割のいいビジネスだったと思う。僕がやっていたのは海外動画サイトの月極め会員になってもらうという、いわばオーソドックスな商売だったのだが、これはひと月の料金が5000円くらいで、アフィリエイターの取り分が2000円といったところだった。たいていの場合、三ヶ月くらいは継続して入会してくれるので、まぐれの1クリックで6000円になる。これはアフィリエイトの効率としては上の部に入るだろう。

ところが、ここ数年でアダルトアフィリエイトの環境は大きく変わってしまった。はっきり言うと、それまで完全に黙認されていた海外サイトであるが、これは日本の国内法でも違法である、という方向に考え方が変わってきたのである。もちろん個人的に閲覧することは違法ではなく、広告リンクがすぐに規制されるとも思えないのだが、やはり勢いに歯止めがかかっていることは間違いない。また、リンク先に違法画像がある場合、黒に近いグレーであると判断されるようになってきた。

というわけで、これからのアダルトアフィリエイトは、国内ものへのリンクを軸にやることを余儀なくされている。しかし、これは海外サイトに比べるとインパクトに欠けるわけで(実際、無料の違法動画で間に合ってしまう)、わざわざ月極め会員になるほどのものだろうか?と自分でも思ってしまうのだ。当のアフィリエイターがこんなことでは困るんだけどね。

 

そんな中、近年ちょっとしたブームを呼んだジュ○アアイドル路線が、ニュートレンドとして業界に突破口を開くかに見えた……のだが、それもこのご時世を反映してか、それ系の専門サイトは摘発され、大手通販サイトからも商品は撤去され、ジャンルそのものがあえなくポシャってしまった。

といったようなわけで、もはや月極め会員で大きく稼ぐのは苦しくなってきたようだ。もちろん、大量のアクセス数を得られれば、大手通販サイトを使って単品で稼ぐという手があるのだが(というかそれしかないんだが)、これならむしろ楽天アフィリエイトあたりで、一般商品を売ったほうが効率がいいような気がしてくる。このジャンルが廃ることは考えられないし、また何か新たな売り方が発明されると見てはいるんだが……。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA