落ちこぼれの英語勉強法!成績上位になる簡単な方法

受験科目の中で一番重要なのは、言うまでもなく英語である。と同時に、英語が苦手な生徒が多いこともまた事実であって、かなり成績のいい子の中にも、英語だけはダメというタイプが意外と多い。ということは、逆に言えば英語を得意科目にしてしまえば、普通の公立校レベルでは一気に成績上位に浮上することも可能なのである。

もちろん、そこにはちょっとしたコツがある。ただ授業内容をノートに取って、定期試験前にあわてて教科書を読み返すとか、そういう意味のないことをやっていてはいけない。やみくもに単語帳をやっては挫折して、問題集を見てはわけが分からず……といったあたりが、英語が苦手な子の平均的な状態ではないかと思うのだ。まず、これではダメだと言っておこう。

 

ちなみに、僕は高校時代、英語が得意だった。過去記事にも書いたけど中学の時にいじめに遭っていたせいで読書に逃避して、その流れでSFペーパーバックを集めるのが趣味になったので、高校の教科書に出てくる英語は、幼稚で退屈だったのである。これは特異な例ではあるんだけど、英語の試験においては八割がたが読解問題なので、英文の読解力をきわめれば、ただそれだけで80点は取れてしまうことになる。

英語の勉強といえば、ひたすら単語や構文を覚える者がほとんどなのだが、それが目的になってしまってはいけない。単語や構文がそのまま出題されるなんてことはほぼないわけで、それだけをいくらやっても点数には結びつかないのだ。あくまで長文読解のためのトレーニングであることを認識しておくべきなのだ。

 

とはいっても、センター試験や中堅校レベルの問題では、それほど難しい文章が出題されるわけではない。はっきり言えば「総合英語Forest」「システム英単語Basic」を仕上げておけば、読んで理解できない文章はなくなるだろう。この二冊を仕上げた上で、プロジェクト・グーテンベルグあたりで英米の児童文学を読むのを習慣にしておけば、普通の公立校レベルではあっさり成績上位になってしまうはずだ。そこまでいけば、定期試験前の泥縄式の勉強がいかにバカバカしいかが分かるというものだ。

もっとも、この勉強をやるためには中学英語が完全に理解できているというのが大前提である。中学校の学習内容が頭に入ってないという人は、「くもんの中学英語」あたりを先にやる必要があるのだが、こういうサイトをわざわざ見に来るほどの人なら、中学英語が分からないということは多分ないと信じたい(笑)。

 

結論的に言うと、試験問題の八割は読解問題なのだから、できるだけ英文に接して読解力を上げることに専念するべきである。文法や単語をやるのは、英文を読むための基礎がためであると認識してもらいたい。

で、肝心の読解力を上げる方法だが、その種の問題集は無味乾燥でつまらないので、前述のように英米の児童文学を数多く読むことを勧める。当時、僕が読んでいたものでは「不思議の国のアリス」「オズの魔法使い」「ドリトル先生」なんかが読みやすかった。その辺を好みにしたがって読みつつ、だんだんと大人向けの小説にレベルを上げていけば、自然に英語の学力もアップしていくだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA