ジェネレーションギャップなのか?高校の英語事情

当サイトではひきこもり・ニート経験者の人を対象に、学力を上げて大学再挑戦をしよう!というネタを書いている。それと並行して、他のサイトで現役高校生や浪人の人向けに、なるべく簡単に成績を上げて「勉強のできる子」に変身する方法というのをやっとるのだな。この両者は内容が重なるところも多いんだけど、現役の高校生諸君には毎日の授業とか定期試験があるんで、似ているようでちょっと違うんですね。

大人の人が改めて大学へ行こうと思ったら、自分の判断で勝手に行けばいいわけですが、高校生だと親や教師に相談しないといけないので、そこで話が複雑になってくる。定期試験である程度の点数を取ってないと相手にしてもらえないし、ちょっと成績が良くなると地元国立大を受験させられそうになるしで、子供は子供でいろいろ大変なのである。そこで、馬鹿な大人の陰謀をかいくぐる裏技を、こそこそと伝授しているわけだ。

 

などと言いつつ、僕も若い子から見れば老害の一人なのであって、科目名もつい数十年前のものを用いてしまって、爆笑と嘲笑を浴びるのであった。われわれの時代は英語といえば「リーダー」「グラマー」「コンポジション」と言っていたものだが、今どきこんな言葉を口にしても「何それ、おいしいの?」状態だからね。リーダーと言っていた英文解釈は「リーディング」と呼ぶらしい。その他に「ライティング」(英作文)と「オーラルコミュニケーション」(英会話)という授業があって、その三本柱でやっているのが最近の高校英語なのである。

そのうえ、数年前には「英語の授業は全て英語で実施するべし」という通達があったというのだから、物凄い時代になったものだ。といっても英語で授業を行える先生というのはほとんど存在しないらしくて、たいていの学校では旧態依然たるリーダーの英文解釈をやっているし、英会話なるものも名目だけで、実は大学受験対策の英文法授業に当てている高校が大部分であるらしい。

おそらく、上の方の偉い人の中には特定の主義主張に凝り固まった人が数人いるようで、そういう連中が現場を全然知らないままに「聖徳太子はいなかったことにしろ」「鎖国はなかったことにせい」などと訓令を発しているようだ。勉強する側としては、そんなのは無視して二十年くらい前の教科書を使うのが無難なのかも知れない。

 

少し脱線してしまったが、ざっと見たところ、高校でやっていることはわれわれの時代とほとんど変わっていないのである。ただ、参考書の進化には目をみはるものがあって、当サイトでしばしば話題にしている「世界史実況中継」とか「総合英語Forest」のような、至れりつくせりの内容を持ったものは、昔は存在しなかった。僕らの頃の参考書はよくいえば硬派で、こっちが工夫して読まないと歯が立たないところがあったのである。

まさに昭和と平成の違いというものを、僕は参考書から強く感じてしまうのだが、昭和時代の受験勉強はなにか混沌としたところがあって、そこが味わいであったような気もするのだ。今の参考書のように、やればやっただけ点数に反映するというのは、どうもゲーム的な感じが強すぎるのだな。勉強する側としては実にありがたい話なんだけどね。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です