ディケンズの「デイヴィッド・コパフィールド」世界名作大長編の楽しみ

八ヶ月くらいかかって、中央公論社の「日本の歴史」「世界の歴史(旧版)」をほぼ読み終わった。ほぼ、というのは、つまらないところは平気ですっとばしたからである。書いているのが偉い学者先生だから、油断していると土地制度とか経済の話を延々ぶっとおしで続けるので、こういうところは読んでいられない(それではダメなんだろうけど)。あと、日本史でいえば、江戸時代になると天下泰平でほとんど事件が起こらなくなるのだ。幕末まで一気に飛ばすのも仕方のないところだろう。

それと並行して世界名作をいろいろ読んでいるんだが、急になぜかディケンズが読みたくなった。というのも英語の多読をやっていて、ふと英文学で最高の作家は誰だろうと考えたら、やはりディケンズだろうと思ったのである。そこでさっそく、「オリバー・ツイスト」「二都物語」「クリスマス・キャロル」と読んだところで、手持ちのディケンズ作品は打ち止め。次の書物を求めて、アマゾンのサイトで検索しては商品券と取り替える(セコい)という行動に出たのだった。

 

これだけの大作家だから、たいていの作品は1円(送料257円)で手に入るだろうと甘く考えていたら大違い。「デイヴィッド・コパフィールド」「大いなる遺産」といった有名作を除けば、ディケンズ作品は翻訳もあまり出てないし、出ても絶版になっていて馬鹿高い値段がついている。もちろん全集も出ていない。結局、英語圏ではわれわれが夏目漱石を読むように読まれているディケンズであるが、今の日本では全く流行らないようだ。

てなわけで、一冊手に入れるのにも苦労の連続なだが(と言いつつ、アフィリエイトで稼いだ商品券と替えるので実質タダなんだけど)、プロジェクト・グーテンベルクには全作品がUPされており、原文は自由に読めるのだ。英語圏の人は恵まれてるねえ。今の僕の英語力ではまだちょっと読めないが、いずれは原文でスイスイと読めるようになりたいものである。

 

で、さっそくアマゾンで買ったのが「デイヴィッド・コパフィールド(1)」と「骨董屋(上)」で、それぞれ1円と90円(送料257円)。さらにヤフオクで「荒涼館」を1100円でゲットだぜ。この「荒涼館」は筑摩世界文学大系の一冊本(三段組!)で、下手な辞書よりデカくて重い。文庫版を普通に買うと4000円くらいしちゃうので、これが現在の最安値という感じだ。なんだか、いかにして安く手に入れるかという、別のゲームと化しているな。

先週からは凄まじい大長編である「デイヴィッド・コパフィールド」(デビコパ)を読んでいるんだが、やはり気絶的に面白く、普通に読んでいるとあっという間に読み終わってしまいそうなので、懸命に自制して、なるべく読まないようにしている。オナ禁ならぬデビコパ禁である(笑)。1円で買った本でこれだけ楽しめるのだから、実にコストパフォーマンスのいい趣味だと言わざるを得ない。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA