落ちこぼれの国語学習法 文法は勉強しなくていい

前回の続きで、国語勉強法の話である。

単純な話だが、国語が得意な人は受験科目に国語が入っている大学を受けて、ポイントゲッターにすればいい。国語がダメだというお友達は、定期試験で足を引っぱらない程度に得点していればいいわけだが、やはり主要科目なので親や教師からガタガタ言われてしまうんだよね。だからここでは、定期試験やセンター試験で八割くらい取れるまでに実力をつける方法について説明していこう。

といっても勉強が苦手な子はたいてい国語が苦手であり、授業中には居眠りしているか当てられないように頭を低くしているか、ひどいやつはスマホをいじっているだろう(われわれの頃は早弁していたが)。

 

そういう生徒が、いざ試験だというので勉強しようと思っても、何をやったらいいか分からないというのが実情なんだな。そこで手っとり早くやれて、勉強している気分になれるのが、古典文法の暗記である。高校の課外授業とか予備校の授業では、古典文法ばかりやってるような印象があるけど、これは完全に時間の無駄ですからね。

というのも、今年のセンター試験の国語の問題を見てみると、漢字問題が一問(10点)、古典文法が一問(5点)あるだけで、残りの185点分は全て読解問題なのである。つまり極端な話、古典文法は別にやらなくてもいいということだ(まあ、文法を知らないと古文が読めないという問題はあるにせよ)。どう考えてもやるべきことは読解力を鍛えることなのに、その当たり前のことをやっている生徒は本当に少ないのだ。だからこそ、ちょっとやるだけで普通の高校ならば優秀なやつとして目立てるわけだが。

 

受験専門サイトを見ると、読解力はテクニックの問題であって読書量は関係ない!と断言しているやつが多い。でもそれは有名進学校に行っていて難関大学を受ける生徒の話であり、授業を聞いてないような落ちこぼれ状態のお友達や、ひきこもり経験者で授業についていけない諸君にはなかなか当てはまらないのである。

早い話が、国語の読解問題というのは二千字くらいの文章を読んで、問いに答えるというものが一般的である。ところが、普段ろくに文章を読んだこともない者が、試験の時だけ急に読んでまともに解答できるだろうか。百メートルを完走したことのないやつに、百メートル走で好タイムを出せと言っているようなものだ。少なくとも、日常的にそれくらいの長さの文章に慣れておくことは、最低限の下準備として必要だと言いたいのである。

 

だから、勉強法云々以前にまず読書の習慣をつけることが先決なのだが、普通レベルの高校に行っている男の子だと、わざと不真面目な態度をとったり、不良っぽいポーズを見せたりするのがカッコいいという風潮があるのだね。大人から見れば笑ってしまう話なのだが、そういうわけで友人の手前、堂々と(?)読書をしたり図書館に行ったりするのは沽券にかかわるという感じがあって、それが学習をさまたげているのだ。馬鹿な話だが実際、高校時代とはそういうものだろう。

ということで、こっそりでいいから寝る前に5ページでも10ページでも、興味のある本を読むことを習慣にしてもらいたいと思うのだ。それをやるだけで成績はずいぶん違ってくるだろう。それを下準備として、次回は具体的な成績の上げ方を教えることにしましょう。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

勉強のできる子とできない子の差は紙一重だ

夏休み特別編ということで、受験と勉強のネタを集中的に書いていくという企画(いま作った)。現役の中高生や予備校生のお友達のみならず、ひきこもり・ニート経験者で勉強の仕方が分からないという、よい子(悪い子?)の諸君にヒントを与えることができればいいと思っている。

単純な話、試験の点数や偏差値が上がらないのは頭が悪いという問題ではなくて、やり方が間違っているのである。やるべきことをやらないで、無駄なことに時間とエネルギーとお金をつぎ込んでしまっているのだ。勉強が苦手だという人は、受験対策だからといって有名な参考書や問題集に飛びついてはいけない。そういうのは難関大学を受験するために書かれているので、基礎ができていない状態で読んでも意味がないのだ。

 

大事なのは基礎力をつけることであり、具体的に言えば高1の授業に普通についていけるようになること。ただそれだけで、センター試験の問題ならばそこそこ得点できるようになるし、名前の通った中堅クラスの私大にチャレンジできるようになる。勉強は要領であり、その意味では戦略が大切だ。最小限の努力で最大の成果を目指すべきであって、苦行や罰ゲームという感覚でやってはいけない。

僕は過去記事と姉妹サイトで、とりあえず英語・地歴・数学の点数をインスタントで上げる方法を紹介してきた。要は単純な暗記だけで定期試験で80点くらい取って、周囲から「勉強のできる子」と見なされるようになってみよう、という話である。それと並行して、英語と地歴の勉強(予習復習)を習慣化すれば、普通レベルの高校ならば成績上位者としてかなり目立った存在になれるだろう。別に無茶なガリ勉をやるわけではなく、ちょっと要領をよくするだけで秀才タイプに変身できるのである。

 

受験に関して言えば、私立文系ならば国語・英語・地歴(日本史か世界史)または、英語・地歴・小論文という感じになる。高1レベルの学力が十分についたならば、英語のリーダーの内容を高2レベルに上げて、それで問題なくついていければ偏差値60近くまで行っているはずだ。高3では受験対策と称して、追加単位でかなり難解な文章を読ませることがあるけれど、あれは疑問である。中堅大学の試験問題で、そこまで難しい文章は出ないだろう。

つまり、高2の教科書がすらすら読めて訳せるようになれば、英語の基礎力としては申し分ない状態と言える。あとは志望大学の出題傾向に合わせて、弱点を強化していけば楽勝……と言いたいのだが、問題は受験科目に国語がある場合だな。定期試験においても、国語だけはインスタントに得点をアップするのが、ちょっと難しい。まして受験対策となれば、何をどうしていいか分からず、つい古典文法の暗記に熱中してしまうお友達が多いのである。

この古典文法の暗記は、受験生が陥りやすい落とし穴である。いかにも勉強しているという感じがするので充足感はあるのだが、実はほとんど意味がないのだ。今年度のセンター試験で言えば、古典文法そのものが問われる問題は一問しか出ておらず、得点でいえば200点のうちの10点にすぎなかった。何ヶ月も必死で覚えても成果は10点であって、要領が悪いというのはこういうのを指しているわけである。

というわけで、次回は国語をどうにか格好だけつける(?)方法をあなただけにこっそり教えましょう。(などともったいをつけるほどのものではない)

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

放送大学で大学卒業資格を取ろう!ひきこもり・ニート諸君

当サイトはアフィリエイトと勉強のネタをメインにしておるんだが、別にアフィリエイトサイトでも受験サイトでもないのだ。ひきこもりやニート経験者のお友達や、現役中高生・浪人の人で落ちこぼれて行き詰っている人に、現状を打破する方法を紹介しているにすぎない。周囲から馬鹿にされる状況を一気に逆転して、財力と知性を身につけて愚民どもを見下して生きよう(笑)というのがテーマだったりする。

などと言っている僕自身が大学を卒業してないので、周りから馬鹿にされているのだな。腹が立つので大学に戻って卒業しようと思ったんだが、いい齢のおっさんが18、19の子に混じって今から学校に通うのはきついものがある。そこで、放送大学で残りの単位を取ろうと考えている、という話を以前に書いたら、このブログ内では一番の反響があったのである。というわけで、今回は放送大学の持つメリットについて少々話をしてみたい。

 

ひきこもり・ニートの人で、大学卒業資格を取りたいという場合、放送大学という選択肢は断然「あり」だ。まず、学費が圧倒的に安い(年間17万円)。高校を出ていれば誰でも入学できて、事実上永久に在籍できる(単位が足りないと退学になるが、そのまま再入学できて取得単位は認められるから)。それから、たいてい地方国立大学に支部が置かれているので、地方の人は地元で授業や試験が受けられる。他の通信制大学だと、東京や大阪まで行かないといけないので大変だけど、それがないぶん非常に助かる。

ただし、放送大学はどっちかといえば社会人や大人の人を対象にした、生涯学習に力点を置いている学校だろう。何年もかけてゆっくりしたペースで単位を取るのに向いているので、若いお友達や地理的状況が許す人は、普通の大学を受験して入学した方が上策である。といっても、入れれば何でもいいわけではないので、ある程度のレベルで名前の通った、いわゆる中堅以上の大学を目指して、即席でも学力の底上げを図ろうというのが、当サイトの主旨なのである。

 

さて、ここでは比較的年齢の高い層のひきこもり・ニートのみなさん(はっきり言うとおじさん・おばさん)が、大卒資格を取って経歴をリセットしよう!という話である。特に地方在住の人ならば、地元で通えるのと学費が安いのが最大の魅力なのだな。この年間17万という学費が実に絶妙で、これはネットビジネスでそこそこ稼げるようになれば、自力で支払える金額である。というか、これくらい払えるようにならなければ、ネットビジネスをやる意味はないわけだから、ちょうどいい目標ということもできるのだ。

ひきこもり・ニートの汚名を受けてきた者であっても、自分でお金を稼いで大学を卒業したとなれば、これはちょっと馬鹿にすることは難しいのではないだろうか。お金も教養も大事だけど、周囲から一目置かれ、まともに扱われるということが最大のメリットという感じがする。放送大学は、そのための有力な選択肢だと思っている。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

落ちこぼれの受験勉強!英語を最短で仕上げる方法

夏休みということは一学期が終わったということだな。さて、高校生や予備校生のお友達の中には、この段階で試験勉強に行き詰っている人も多いのではないか。受験を控えている人は当然だし、新しく高校生になった一年生の諸君も、中学校のようには成績が上がらないので戸惑っていることと思うのだ。

僕は以前に塾の先生をやりながら、要領の悪い勉強法を見てイライラしていたんで、今から勉強の苦手な子を集めて教えようかと思ったんだが、折からの少子化で半径100キロ内に子供は一人もいないみたいなので、始める前から挫折した。せめてネット上で、勉強のできない子ができる子に変わるコツを紹介していこうと考えた次第。

 

一番単純なことを言えば、英語の成績が良くなれば一応格好がつくのである。英語の定期試験で80点とか90点とか取るやつを、勉強ができないとは普通言わないよね。私立大学なら英語と地歴(1科目)だけで、名前の通った大学に入れるわけだし。

ただし、普通のレベルの高校で、リーダーの授業についていけないというお友達は、はっきり言って落ちこぼれ状態なのだ。こういう状態で単語の暗記をやったり、受験用参考書を読んだり、はたまた大学の入試問題を見たりしても、何の薬にもならないからね。特に予備校生の人なんか、この時期になってそういうレベルだとヤケを起こしたくもなるだろうが、そこは忍耐だ。ちょっとした方向転換で、センター試験で8割くらい取れるようになれるのだ、多分。

 

というのも、センター試験というのは高1の授業内容が把握できていれば、そこそこ得点できるというレベルなのである。つまり、そんなに難しい問題は出ないのだ。だから難関大学向けに書かれた有名な参考書に飛びつくのは、英語ができない(落ちこぼれである)という段階ではまったくの無駄。やるべきことは、高校一年のリーダーの授業についていけるだけの学力をつけること、なのである。

まず何をやるかというと、中学校の英文法を学ぶことだ。幸いなことに、各社から中学英文法をやり直すための参考書がいろいろ出ている。そんなに難しい内容ではないし、曲がりなりにも高校に合格した頭があるんだから、これは短期間で身につくだろう。これでようやく、高1の授業を学ぶスタートラインに立てたということだ。

 

高校の参考書では定番である「総合英語Forest」がよくできているんだが、これは英語が苦手な子が通読するには難しい内容だし、なかなか最後まで続かないだろう。Forestは分からないときに字引きとして読むことにして、基本文法と構文は「英語の構文150」をやった方がいい。これは僕の時代にはバイブル的な本だったが、近年は同じタイトルで中身は一新されて出ているようだ。新版でも旧版でもいいので、例文と解説文を何周も読んで頭に叩き込むこと。まずこれだけで、高1のリーダーは普通に読めるようになるし、センター試験の構文・文法問題に困ることもなくなるだろう。

あとは、高1のリーダーの教科書を、つまらずに音読できるようになり、自分で辞書を引きながら訳せるようになれば、落ちこぼれ状態からは脱したことになる。つまり、リーダーの予習復習を普通にやれるようになったということで、これはいわゆる「英語が得意な子」という状態なのである。この段階で、センター試験くらいの問題ならば8割程度は得点できるはずだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

ブログアフィリエイト超初心者向け基本的Q&A

ひきこもり・ニートのお友達に推奨しているブログアフィリエイトだが、僕がご紹介しているド定番教材は、初歩段階におけるとっかかりとしてはこれだけで必要にして十分であると思っておったのだ。事実そうなんだけど、教材を読むのとやるのとでは大違いで、実際にやってみると教材の内容までいかないうちに挫折することが多いのである。

かくいう僕もサイトを作っては潰しという失敗を数え切れないくらい繰り返してきたので、なかなかうまくいかない人の気持ちはよく分かるのだ。ということで、今回は初心者向け教材にも書いてない、初心者がつまずきやすい問題点について、実体験から解説してみよう。

 

まず、レンタルサーバーを借りる必要は本当にあるのか?無料ブログで十分なんじゃないの?という疑問について。

これですけどねー、無料ブログはアカウントが凍結されやすいとか、サービス自体が終わるかもしれない、という恐れは確かにあるよね。だが商業目的ならFC2、livedoorなど限られたブログサービスだろうし、普通にやってるぶんには不都合は起こらないだろう(サービスが終わるなら数ヶ月前にアナウンスがあるだろうし)。無料ブログはポータルサイトがあるので、新着記事からパッと人が来るという利点がある。ただし古い記事はすぐに検索順位が下がってしまうんで、キワモノじゃなくて読ませるのが目的の地味なブログは、レンタルサーバーでやった方が有利なのは確かである。

うちみたいなマイナーサイトでも、検索では意外としぶとく生き残ってるからね(笑)。特にアダルトで記事系のサイトをやる人は、FC2だと競争が激しくて埋もれやすいから注意。検索は無視してアクセストレードだけでいく人はFC2でいいでしょうが。でもアダルトOKのレンタルサーバーは馬鹿高いんだよなー。

 

それから、基本中の基本だけど、サイトをはじめたけどアクセスが全然集まらない!という悩みを持っている人。

それは健全であって、アクセスは集まらないものである(笑)。レンタルサーバーを借りてサイトを作った場合、ポータルサイトがないから最初は完全に離れ小島で、どことも繋がってないから絶対に誰も見に来ない。だんだんとリンクがついてくるにしたがって、少しずつ訪問者が現れるようになる。半年から一年くらい地道にやって、100ユニークを突破できれば上々ではないだろうか。

無理にリンクをつけてアクセス数だけ増やしても、それはファンでも何でもない「薄いアクセス」なので、商売の上ではあまり意味がないのだ。また、作為的なリンクはスパムと判断されて、検索順位が下がってしまう。要するに、無理をしてもいいことはなにもない

ひとつのコツとして、集客ルートは複数用意しておくこと。検索、SNS、相互リンクと多方面で繋がるようにしておけば、アクセスの増え方が速くなるし、どれかひとつがポシャッても被害は小さくてすむわけだ。

 

最後に、これが最も深刻な悩みだろうけど、いくらやっても商品が売れない、とお嘆きの貴兄。

僕の経験上、しぶとく続けていれば必ずいつか何かが売れます。それは半年後か一年後かは分からないが、ずっと続けていてひとつも売れないということはまずない。僕がやったブログアフィリエイトでは、どれも必ず売れた。売れる前に挫折したものは売れなかったけど、これは当たり前だよね。

ひとつの目安として、サイトにファンがつきだしたなーと感じたら、たいていまぐれで何か売れるような気がする。そこまで続けるのが一番大変なんだろうけど。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ