カセットテープが人気だというのは本当なのか

アフィリエイトか勉強ネタで内容の濃い記事を書こうと、昨日から頭をひねっていたのだが、あまりの暑さで脳が溶けそうなんで、当分はアイスを食いつつ趣味系の話に逃避することにした。まあ何を書こうと、ひきこもり・ニートというテーマからそれることはないのだが……。

 

なんでも、このごろはレコードやカセットテープの人気が再燃しているという。ちょっと前までは、テレビ番組でそういうものを出してきて、ゆとりガキが「そんなの見たことなーい」などとほざくのがお約束の流れになっており、おっさんを馬鹿にするネタに使われていたものだが、世の中わからんものだ。

僕は昭和の化石そのものの人間なので、当然ながらレコードにもカセットテープにも思い入れは深い。というかCDにはいまもってなじめないし、MDプレーヤーは遂に買うことがなかったし、今の携帯プレーヤーももちろん使っていない。パソコンではMP3とかWMAを聞いてはいるが、それもレコードやテープを取り込んだものである。昭和以降ずっとアナログなのであって、今さらアナログブーム再燃と言われてもリンダ困っちゃうのである。ていうか、俺の部屋の大部分を占めるのがVHS、ベータ、レコード、カセットの山であり、デジタル製品はほとんどないのだ。

 

70年代にラジカセが登場して、ラジオ番組を録音する「エアチェック」なる行為が流行したことは記憶に新しいところだ(そうかー?)。NHK-FMで「ひるの歌謡曲」という番組があって、これは人気歌手の代表曲を十曲くらい流してくれるので、非常に重宝していた。FMはステレオ放送だし、イントロに声をかぶせることなくノーカットで流してくれるので、この番組をエアチェックすれば、レコードを買う必要がほとんどないのだ。僕はこれを十数年間にわたって録音しつづけ、そのテープの多くが今も残っている。

松田聖子、中森明菜といったアイドル(俺と同世代である)のヒット曲は、まだレコードだったという印象が強い。WinkになるともうCDの時代だろう。だから、僕の中では一番新しい歌手がWinkであって、それ以降は全部「最近のやつら」という分類である。個々の曲については全く知らん。典型的な時代遅れのおっさんというやつであろう。

 

カセットテープで思い出したが、昔はオープンリールのテープレコーダーというのがあった。「特捜最前線」の刑事部屋に置いてあるやつだ。映画「天国と地獄」で、犯人(山崎努)からの電話を録音するシーンが印象的で、それから刑事ドラマに欠かせない小道具になったようである。

多分このごろのゆとりガキだと思うが、オープンリールってものを知らないで「刑事ドラマに出てくる逆探知装置はデタラメである」などと、ドヤ顔でネット上に書いているやつが多い。だから、ドラマに出てくるあれはテープレコーダーであって、逆探知は業者に電話してやってもらってんだろうが。暑いからどうでもいいことに腹立ってきたな(笑)。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です