アダルトアフィリエイト 常識にとらわれない稼ぎ方

なんだかんだで八年くらいアダルトアフィリエイトをやっていた。先日、ある理由から実質的に撤退したのは以前に書いたとおりなんだが、このジャンルが廃れるということはないだろう。ということで、同業者の動向は今も気になるわけですが、数知れない新規参入者のサイトを眺めるにつけ、十年一日というか相変わらずなやり方が横行しているのだなあ、と感慨を禁じえない。

違法動画を掲載してアクセストレードで大量アクセスを流しっこする……という一般的な方法が、完全に悪いとは思わないのである(違法はよくないけどね)。現実に凄い数のアクセスが動くわけだし、僕はその十分の一も集客することはなかったので、単純に感心してしまう。

ただし、それはあくまでネットサーフィンの波に乗っているだけであって、これ以上ないほど薄いアクセスである。広告クリック率は1%いかないのではないか。成約率となればまさに偶然頼みだろう。それでもアクセス数が多ければ売れるのだろうけど、その効率の悪さが好きになれず、僕はこういう定石どおりのアダルトアフィリエイトが、どうしてもできなかったのである。

 

こういうやり方は教材どおりなのだろうが、アダルトという常識にとらわれすぎているという気がする。アダルトといえどもブログアフィリエイトに変わりはないのだから、ブログ記事を読ませることに重点を置いてはどうかと思うのだ。

記事内容にしても、必ずしもアダルト動画や画像、エロい体験談に限る必要はない。ギャンブルでも投資でもいいし、サプリとかカツラ(おい)の話でもよく、大人向けの記事ならば自然と大人の読者を集めることができる。むしろ、無料動画で集客したら有料動画の必要はなくなるわけで、エロ以外の内容でアクセスを集める方が、広告クリック率は高くなるのではないか

 

僕はアダルトアフィリエイトを始めてからは数年間、どうしてもアクセス数を増やすことができなくて、本当に途方にくれていた。ただ、開始から八ヶ月くらいでまぐれで成約があり、しかもそのお客さんが継続して契約してくれたんで、いきなり数万円の売り上げを上げることができた。それがあったから、その後もくじけることなく続けることができた。

それからアダルトアフィリエイト教材を参考に、アクセストレードで大量アクセスを流すという方法を学んだのだが、これがどうしても好きになれずに挫折してしまったのは前述したとおりだ。このジャンルは向いてないと思って数年間は半ばヤケで、アダルトアフィリエイトなのに日記ブログみたいに好き勝手なことを書いて更新していたら、妙にファンがついてきて、何も努力してないのに年間何万円かの売り上げがあるようになった。それで、アダルトといえどもやはり記事内容が大事なのではないか、と遅まきながら気がついたのである。

それで、当時発売されて評判になっていた定番のアフィリエイト教材「パワーアフィリエイト」と「アンリミテッドアフィリエイト」を購入。これが実際にアダルトに効果があったのかどうかは分からないのだが、勉強しなおすことでブログの充実をはかったのだった。結局、最後まで弱小サイトだったので大量アクセスは夢のまた夢だったが、読者はほとんどが常連のファンということになったので、広告クリック率は10%を超えていた。その頃は海外サイトが完全に黙認されていたので、時期的にアダルトアフィリエイトがやりやすかったということも言えるだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です