いじめに対する積極的な対抗戦略

ひきこもり・ニートの人に向けたブログである以上、読者のお友達の中にはいじめを経験した人が少なくないことと思う。と言っている僕自身、成績抜群で顔が美しいという生まれつきが災いして、小さい頃からずっといじめに遭っていた。中学校でそれが極限に達して、地元の不文律を破って高校を越境入学するに至った話は、過去記事に書いたところである。

いじめに対するひとつの対処法として、先生とか大人に相談するという手があるよね。というか世間的にはそれしかないことになっているわけだが、これが一番あてにならないのだから困ってしまうのだ。教師は事なかれ主義の権化であって、その場における自分の保身以外のことは何も考えてない。僕は中学の時、担任教師から「みんなに土下座して仲間に入れてもらいなさい」とアドバイスされ、それ以来、学校とか教師とかいったものを一切相手にしないことを決意したのである。

 

僕の考えでは、誰かに窮状を訴えて守ってもらおうというのは、消極的な姿勢だと思うのだ。映画「七人の侍」でいえば百姓の立場であって、自力で何もできないというのでは面白くない。そこで、発想を変えて積極的に対処しようというのが、いわば当サイトのテーマであり、それはひきこもりやニートの場合にも当てはまるのである。いじめられたり、ひきこもりであったりするのは、別に悪いことではない。そこで落ち込むのではなくて、自分の内面を変えることによって周囲の馬鹿どもよりも優位に立つことを考えるべき、と言いたいのだ。

そして、いじめに対抗する手として、「成績抜群になればよい」という方法を推奨している。まあ、抜群になるのは難しいけれど、英語や数学で普通に80点くらい取る生徒を、そう簡単に馬鹿にすることはできないはずである。クラスで浮いたり仲間はずれにされるにしても、成績がいいとなれば一目置かれることになるので、扱いはかなり変わってくるだろう。当サイトでやっている勉強ネタの大きな意図はそこにあるのだ。

 

学校でのいじめといえば中学生・高校生の話なんだが、それは大人にも無縁の話ではない。もちろん職場にもいじめはあるし、ひきこもりやニートの人ならば周囲から心ないことを言われ、不当な扱いを受けることも多いだろう。

そこからの脱却となると、どうしても心を入れ替えて周囲に受け入れてもらおう、というへりくだった態度になりがちで、僕はそういうのが嫌いなのである。あくまで積極的に自己変革を行うべきで、そのためには知性と財力を身につけて成り上がる(笑)ことが必要だ。つまり、当サイトでは勉強ネタとアフィリエイトネタは完全に連動しているわけである。

さらに、僕は中学時代の同級生どもにばったり出会ったら絞め○してやろうと、ジムへ通ったり柔道やったりして、筋骨隆々になって待ち受けているんだが、向こうもそれを察知しているのか全然出会わないんだなあ。まあ絞め○すのはよくないけど、軽く腕くらい折ってもいいと思うんだが(よくないです)。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です