ひきこもり・落ちこぼれが英語を得意科目にする方法

ひきこもり・ニート経験者で大学受験に挑戦しようと思っている人、あるいは今まさに現役中高生で、勉強法に悩んでいる人、いずれにしても勉強する上で最も苦労し、肝になる科目といえばやはり英語ですよね。英語が苦手という段階を通り越して、何をどうすればいいのか途方にくれているお友達も多いことと思うのである。そこで今回は、夏休み特別編の一つとして、英語を一転して得意科目にするテクニックをご紹介しよう。

特に高校生の諸君は、定期試験で平均点も取れずに困っているという人が多いようだ。ましてやひきこもりを経験したら、授業についていくのも難しいよね。それが突然、試験で80点とか90点とか取れるようになったら、これは人生バラ色というべきだろう。とても無理だと思うかも知れないが、ちょっとした要領だけで可能なのである。

 

高校で言えば、学校によって違うだろうがおそらく、昔のリーダーに当たる英文読解の授業と、文法や英作文をやる授業の二本立てが主流ではないかと思う。後者の方(仮に英文法としよう)は特に点を取るのが簡単で、一日の試験勉強だけで軽く80点は取れるのだ。なぜなら、この科目は教科書に出ている例文をそのまま出題する以外に問題の作りようがないからであって、試験範囲に出てくる短文(せいぜい20個くらい)を機械的に丸暗記すれば嫌でも正解してしまう。

ところが、英語の苦手な子に限って、この一番簡単なやり方をやらないのだなあ。試験の前日だというのに、まだ教科書の説明文を読んでは「分からない」と頭をひねっているのだ。こういうのを要領が悪いというのである。

分かる分からないは予習とか授業の段階での話であって、試験に臨んでは覚えるべきことを覚えることが全て。分からなくても丸暗記してそのまま解答すればこっちの勝ちなのだ。

 

英文法に比べると、リーダーは少し話が厄介である。これは出題範囲が10ページとかになるので、教科書を丸暗記するのは難しいですね。でも試験問題は「この英文を日本語訳しなさい」というのが60%くらいで、あとは「単語の意味を書きなさい」が20%、章の最後に出ている重要構文と簡単な問題が20%といった配分になると思う。後者二つは丸暗記しておけば40点確保できるよね。日本語訳は、普通に予習をやっている生徒なら問題なくやれるんだが、授業についていけないお友達にはこれがなかなか難しい。

一番簡単なやり方は、教科書ガイドに載っている日本語訳を丸暗記することだ(笑)。英語の勉強で日本語訳を丸暗記なんてのは邪道の極みだと思うけど、覚えたまま書き写せば正解なんだから、やらない手はないだろう。もちろん、英語の学力がついたわけでは全くないのだが、これだけで簡単に80点くらい取れちゃうので、周囲からは「英語が得意なやつ」と見なされるようになるだろう。

 

要するに、高校の定期試験では要領だけで好成績が取れてしまうということだ。若くて記憶力がいいんだから、覚えるべきことを覚えてそのまま書けばいいという話。英語が苦手だという人は、試験前になって分かるとか分からないとか、見当違いのことでエネルギーを浪費しているのである。

今日は高校生向けの話になったので、社会人の人が英語を得意にする話はまた今度やります。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です