自分をリセットするイメージ戦略

勉強ネタ、受験ネタをいろいろやっている当サイトであるが、別にうちは受験専門サイトというわけではない。むしろ、努力しないでいい点を取っちゃおうという「いいとこ取り」だけを目指した、ある意味邪道な話ばかり書いている。しかしまあ、なんだかんだ言って要領のよさだけで定期試験で80点くらい取れるのであり、その流れで名の通った大学にも入れてしまうのは事実なのである。それを教えるやつはあまりいないってだけのことなのだ。

いわゆるFラン大学になら誰でも入れる世の中であるからこそ、インスタントでいいから成績を上げて、ある程度以上の大学に滑り込むことは大事である。僕は学歴至上主義じゃないけど、世の中ではイメージというものが重要であって、見た目や経歴で大きく損をしたり得をしたりするものだってことを、嫌というほど経験してきた。

例えば僕は実質的には学歴がないんだけども、「○○大学中退」と言ったら、少なくとも勉強ができない人間だとは思われないわけである。偏差値でいえばどのくらいのレベルであるかは、分かる人には分かるし、それだけで一目置かれるという部分があるのだな。実質よりも瞬間的なイメージが大きいという場合が、人生には多いのである。

 

ひきこもり・ニート経験者のお友達で、学歴も職歴もなくて履歴書の書きようがない、という人も多いことと思う。まあ僕もある意味そこに入っちゃうんだけど(笑)。そういう場合にどうするかというのを、例によって裏技的に考えてみたいと思う。

まず学歴は、放送大学で大学卒業資格を取る。これでともかくは「大学卒」と言えるようになるよね。と同時に、何らかのネットビジネスである程度の(年収数百万くらいの)成功を収めて、法人化するのである。これで「会社経営」「会社社長」という肩書きをデッチ上げる(?)ことができる。かなり適当な感じはするけれども、一応「大学卒」で「会社経営」だから、他の同年代のサラリーマンに比べても遜色のない経歴を作り上げることができるのだ。

これで小ざっぱりした外見をして、いい車に乗ってたりしたら、周囲からはひとかどの人物だと見なされるし、女性にももてるのではないだろうか。少なくとも、ひきこもり・ニートのマイナスなイメージを抱く者はいないだろう。

 

あなたが中学生、高校生で、勉強が苦手で今いち冴えない毎日を送っているとする。いじめに遭ったり、親や先生から説教されたりして、嫌な気持ちで生きているという場合もあるだろう。そういう人は、当サイトの勉強ネタの記事を見て、とにかく英語とか数学で80点、90点を取ってみてほしい。そうするだけで、周りから「勉強が得意なやつ」と見なされるようになるので、少しずつ扱いや関係が変わってくる。いじめに遭うにしても、秀才タイプの相手にはおいそれと暴力をふるうことはできなくなるはずだ。

つまり、インスタントでもインチキでもいいから、ちょっとしたことで自分のイメージをリセットするのである。イメージが変われば周囲の見る目が変わり、人生が変わってくる。それこそが「いいとこ取りして要領よく生きよう」という当サイトの主旨なのだ。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です