ひきこもり・落ちこぼれが勉強のできる子に変身する方法

夏休み特別編ということで、勉強の苦手な子が一躍「できる子」に変身する裏技をお送りしている。極端に言えばイメージを変える方法だな。人間は見た目が全てなどとよく言われるが、対人関係においては第一印象が全てというところがある。秀才イメージを前面に出して、勉強のできるやつだと問答無用でイメージを植えつければ、周囲の扱いも大きく変化してくるのだ。

一番手っとり早いのは、高校生ならば定期試験で80点とか90点とか取ってみせること。それも英語とか数学といった、みんなが苦手にしている主要科目で高得点を取れば、それだけで一目置かれるようになるし、勉強のことで馬鹿にされることはなくなるだろう。

そして、過去記事にも書いたけど、特に英文法の試験で丸暗記だけで80点以上取るのが最も簡単である。数学もかなり点が取りやすいけど、そちらはある程度の反復練習が必要。でも英文法は20個くらいの短文を機械的に覚えるだけなので、本当にバカでもチ○ンでも高得点が取れる。僕は高校時代、なんでみんなはこんな簡単なことをやらないで、ウンウン唸って落第点ばかり取ってるのか不思議で仕方がなかった。

 

ただ、間違ってはいけないんだけど、丸暗記で80点とか90点とか取ったからといって、それで本当に英語の実力がついたわけではないからね。これは要領のいい子が陥りやすい落とし穴である。定期試験でいい点を取っていても、調子に乗ってそのまま大学を受けてもまず受からない。受験には受験用の勉強法があって、これも要領次第で最小の努力ですむとはいえ、やはりある程度の長期的なトレーニングが必要である。

つまり、定期試験で簡単にいい点取ってみせるのと、受験に通用する学力を最短で身につけるのと、二本立てでやるってことだな。といっても、それほど深刻に考えることはない。当サイトではあくまで要領よく、最小限の努力で最大の効果をデッチ上げる(おいおい)ことをモットーとしている。

 

ちょっと話が脱線してしまった。高校生のお友達は、まず英語(ついでに数学)の定期試験で80点、できれば90点くらい取って、親や級友たちにドヤ顔することを目指すべきである。

予備校生で成績が上がらなくてガックリしている人は、まず余計なことをやめて、文系ならば英語と地歴(日本史か世界史)の二科目を、徹底的に基礎固めすることにしぼってみよう。急に偏差値60以上は難しいかも知れないが、高校の授業レベルの内容が完全に把握できれば、名の通った中堅大学に合格可能なラインには入れる。模擬試験結果で合格確率80%なんて出てくれば、それだけで気分がいいし、親に見せたらメチャクチャに喜ばれてお小遣いももらえるだろう(笑)。

つまりは、手っとり早くやれる印象操作で「勉強ができる子」というイメージを周囲に植えつけるってことだ。すると、一目置かれて扱いが変わってくるから、期待に応えるために常にそれなりの成績を取るしかなくなる。相乗効果でいつの間にか、本当に秀才タイプに変貌してしまうのだ。

てなわけで、次回は浪人・予備校生で落ちこぼれて困っている人が、それなりの成績を上げて大学に受かる方法!というか裏技勉強法を紹介しよう。

 

アフィリエイトで稼いで大学へ行こう!
ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA