PCシャットダウンやブルースクリーンの原因と対処法

当サイトのメインテーマは、ひきこもり・ニートのお友達がお金を稼ぐ方法を伝授することである。そこで、まずはブログアフィリエイトという話になるんだが、PCがまともに動かなくては何もはじまらないわけだな。なんでそういう話の流れになるかというと、かく言う僕がここ数年来、PCの突然のシャットダウン、あるいはブルースクリーンに苦しめられていて、PCを起動するのが毎日苦痛になるくらい嫌な思いをしてきたからである。

僕が使っているのは中古で買ったNECのMateというやつで、企業や学校などで大量に導入して、型落ちになると中古ショップに払い下げられるというタイプの、代表的な量産機だ。自作PCならば、メモリなどの相性問題でブルースクリーンになることは多々あるのだが、大手メーカーの量産型ではそういうことはあり得ない。あったら大問題になっている。

だが、特にMateにはなぜかブルースクリーンになりやすい傾向があって、困っている人も多いようだ。僕は数年間苦しみ、試行錯誤した末に一定の結論を得たので、特別に発表することにしよう。などと大仰に言うこともなくて、中古PCの動きが変になったらさっさと次の中古を買えばいいだけの話なんだが。Mateなら一万円も出せばそこそこの機種を買えるんだからね。

 

さて、Mateでよくある症状としては、起動プロセス時にPCが落ちるということが多い。全く起動しないということもあるし、起動したところでフリーズすることもある。それから、起動して数分後にブルースクリーンになることも多いのだな。これから仕事をしようという時に、無慈悲な青い画面を見ると本当に萎えてしまう。

こういう場合、USB機器を外したらうまく動いたとか、再起動したら普通に動作するとか、挙動がまちまちなんですね。だからその都度、いろいろ姑息な手を使ってみるんだけど、はっきり言って一定するということがない。それもそのはずで、これは何かのパーツが悪さをしているとかいった接続の問題ではないし、ましてやソフト的な問題でもないのである。メーカー製PCでそんな根本的・技術的な問題はまず起こりえないし、パーツ自体が急に壊れるということも、昨今のPCではちょっと考えにくい。

 

結論から言えば、起動時にフリーズしたりブルースクリーンになったりするのは、要するに電力供給が不十分だからである。特にMateの場合はまず十中八九これが原因。経年の劣化で電源のテンションが落ちているか、または電源ユニット内のコンデンサのどれかが破裂・液漏れしている可能性が大きい。電力不足はスリムPCの持病のようなものだが、Mateに限っていえば使用部品が脆弱なのか、わりと簡単に液漏れが出るようだ。

もともと、Mateに使われている電源は200wであり、ビジネス機としての使用には十分だが、個人使用にはかなり非力である。趣味で使うなら最低限、ネットくらいは快適に見られなくてはいけないので、たいていちょっとしたグラボを積むことになる。すると電力供給量は本当にギリギリになってしまい、経年劣化でちょっとでもテンションが落ちれば、起動プロセスに必要なパワーを供給できなくなってしまうのだ。USB機器を外せば動くことがあるのは、瞬間的に負担が軽くなるからに他ならない。

 

ネットで検索すると、破裂したコンデンサを交換する方法が出ているのだが、これは素人にはとても無理。電源ユニット自体を交換するのが手っとり早いだろう。Mateのスリム用電源は、アマゾンでもいくつか売っている。しかしなぜか馬鹿高くて八千円くらいしちゃうのだな(それなら中古PCを買った方が早いって)。ヤフオクなら純正のMate用の電源を、千円から二千円くらいで簡単に買えるし、付け替えもそんなに難しくないので、やってみる価値はあるだろう。

というわけで、中古のスリムPC、特にNEC・Mateのブルースクリーン問題は、電源ユニットを交換すればたいていの場合、問題なく解決すると思われる。ただし例外的に、というか周期的にブルースクリーンが出ることはあるので、そこんとこを最後に補足しておこう。

PC自体はどこも悪くないのに、数ヶ月ごと(特に季節の変わり目)にフリーズやブルースクリーンが頻発することがある。これは多くの場合、CPUファンがうまく回っていないのが原因である。気候が変わるとファンの潤滑油の状態が変化するので、固まって回りにくくなったために電源に負担をかけたり、またbios側で回ってないと判断して、問答無用でシャットダウンしてしまうこともあるようだ。この対処法は、CPUクーラーを分解してファンのシャフト周りのゴミを取り除き、改めて油を差すこと。これは面倒ではあるけど、慣れればそんなに難しい作業ではない。

あと、CPUファン自体が故障していることも稀にある。この場合も、ヤフオクで検索すればたいてい純正品が出品されていて、千円かそこらで手に入れることができるだろう。

 

このように、千円か二千円くらいで部品交換ができる場合は、ヤフオクなんかを当たってみるのが上策。といってもMateの中古品はそんなに高くないので、一万円くらい出しても惜しくないと思ったら、潔く次の中古マシンを買うことにしましょう。なんだかんだ言って、PCは消耗品である。機械の調子にばかり気を取られていたら、肝心のネットビジネスが全然進まないってことになるからね。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です