アダルトアフィリエイト コンテンツ重視の記事系ブログ

夏休みなので特別講座の受験話を連発してしまい、何のブログだか自分でもよく分からなくなってしまった。もちろん、ひきこもり・ニートの人が勉強して大学に挑戦することを想定しての話なんだが、当サイトのメインテーマはそのための「先立つもの」の方にある。要するに「世の中銭や」ということであって、ひきこもり・ニートが一番稼ぎやすいネットビジネスがブログアフィリエイトである、ということを言いたかったのである。

単純にひきこもりたいからひきこもっているだけで、別にネットビジネスなんてやりたくないや、というお友達も多いかも知れないが、数千円くらいならばわりと簡単に稼げるわけだし、万単位で収入を得られるようになれば、これはちょっとした親孝行と言っていいだろう。だから、ネットで稼ぐということを、いつでも心の片隅に置いておくのは悪いことではないと思うのだ。

 

ということで、ここからはブログアフィリエイトのやり方をメインに紹介していくわけだが、あえてタイトルに「アダルトアフィリエイト」と書いてあるのは、これまでの八年ばかり、僕の本業がまさにアダルトブログの経営だったから。というか、まともに収入を得ていたのはアダルト系ばかりで、一般アフィリエイトの方は付け足し程度に過ぎなかったというのが実情なんだよね(といってもアマゾン商品券はコンスタントに獲得していたので、本やゲームは全て一般アフィリエイト収入で賄っていたのだが)。

そして、僕の場合はアダルトといってもコンテンツ重視の、文字ばかりのブログがメインであって、世間的にイメージされているアクセストレード方式のアダルトアフィリエイトは、ほぼやったことがない(やろうとしたが挫折した)という経緯がある。

コンテンツ重視のアダルトブログとは何かというと、二千字以上のボリュームのある記事を書いて、キーワードと記事内容で検索からのアクセスを集めようというやり方である。これ自体は、一般アフィリエイトのやり方と何ら変わりはないものだ。ただちょっと違うのは、一般ブログならば即時的にトレンドとなったキーワードで集客しようとするのに対して、アダルトの場合はもっとさらに内容重視であり、エンターテインメント性で勝負するというところにある。もちろん、扇情的なキーワードで初見の読者を集めるのは基本なんだが、もっと大事なのはブログのファンになってもらって二度、三度とリピートしてもらい、常連客になってもらうという部分にある。

 

コンテンツ系アダルトブログの場合は、この常連になってもらうというのがとても重要である。これは広告クリック率に大きく影響するからである。逆に言えば、アクセストレードだけでやっているアダルトサイトは、広告クリックが完全に偶然頼みになってしまう。ただでさえ怪しげなアダルト広告だから、いきなり訪問したよくわからんサイトで、気まぐれにでもクリックしようというやつはそうそういるものではない。巷にあふれている多くのアダルトサイトでは、クリック率はおそらく1%くらいで、2%いけば相当なものだろう。

それに対して、10%前後の高いクリック率を狙えるのがコンテンツ系アダルトサイトなのである。もちろん、単なるクリック目当てのおざなりの広告ではなく、厳選した商品にリンクするのは絶対条件だ。そして、常連客ならば運営者に対する信頼感がしっかりできていて、レベルの高い商品へのリンクであることが分かっているので、抵抗なく当たり前のようにクリックしてもらえたり、折にふれて購入してもらったりするのである。

 

さて、問題なのはどういう記事を書いて、どんなサイト(ブログ)を作っていくかということ。ブログとは結局のところ日記なので、内容は本人次第としか言いようがないわけだが、それで終わっては身も蓋もないので、少し具体的に教えることにしよう。

僕が運営してきた経験上、一番集客しやすいのは「小説ブログ」である。小説ブログというのは文字通り、毎日ある程度の分量(できれば二千字以上)のエロ小説を更新していくというものだ。一般小説ならば趣味の領域だが、エロとなればズリネタがほしい読者が積極的に検索をかけ、あるいはポータルサイトをたどって見に来るわけであるから、基本的にアクセスが得やすい。また、一記事を読んでもらえれば、他の記事にもアクセスされる可能性が大きいので、自然とPVが増える傾向にある。普通のアフィリエイトブログで月に一万PVというのはちょっと骨だが、エロ小説ブログならば開設数ヶ月でも、そのくらい突破するのは簡単である。

もちろん、小説でなくても体験系であったり出会い系の話だったりしても一向にかまわなくて、要するに二千字前後のオリジナルの読み物を書ければ何でもいいのだ。こうした文章系ブログのいいところは、コンテンツを完全に自分で製造できるところにある。著作権に触れることがないし、文字だけだから昨今厳しくなってきたエロに対する取締りにも無関係である。それから、文章と動画の対照が生じて、広告リンクとのメリハリがつくのも大きい。仮に記事内容が無料動画で、広告が有料動画となると、これは誰もクリックしないのではないだろうか。

問題はそれだけの記事が自分で作れるかどうかってところだな。文章が苦手で地道な作業はやりたくない、という人に向かないのは確かだ。あなたが文章を書くのが大好きで、アダルト系ブログに興味があるのならば、コンテンツ系サイト作りに挑戦してみて損はないと思うのである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です