アダルト官能小説ブログの作り方とアクセス獲得法

ひきこもり・ニート向けのネットビジネス講座ということで、このところはアダルトサイトをモデルにして簡単なブログアフィリエイトのやり方を解説している。それはいいんだけれども、一方で勉強法や大学受験の話もやっているものだから、中高生読者のお友達も結構いるわけで、そこでいきなり「アダルト官能小説」なるタイトルはいかがなものかと思うわけだ。

しかしまあ、アダルトサイトの経営自体は真面目な職業であって、けっしていやらしいことではない。サイトの内容は確かにいやらしいけどね(こらこら)。

それはともかく、そろそろ夏休みも終わりなので、中学生・高校生でいじめに遭っている諸君は暗い気持ちになっているかも知れない。僕もいじめに遭っていたので、その気持ちはとてもよく分かるのだ。しかし、周囲のやつらなどは結局二の次であって、一番やらなくてはいけないのは勉強である。その順番を間違ってはいけない。当サイトの勉強シリーズで高得点を取り、さらには大人になったらアダルトサイトをやって大金を稼いで、馬鹿どもを見下して生きようではないか。別にアダルトじゃなくてもいいんだけどね(笑)。

 

そこで本題に入るわけだが(前置きが長いよ)、ブログのコンテンツは別に小説でなくてもいいのだ。体験ものでも出会い系でもよくて、ようするに文章重視のボリュームのある記事を積み重ねることで、濃い読者を獲得していこうという考え方である。動画系に比べると、文章重視のサイトは数が少なくて、しかもSEOまで気にしてやっているライバルはあまりいないので、ハマりさえすればトップクラスに食い込むことはそれほど困難ではない。

例として、僕が半年くらいやったあと放置していた小説ブログについて言うと、数ヶ月で500UU、2000PVくらいまでいった。もっとも、これはポータルサイトの新着ブログ紹介とかを駆使した「ご祝儀相場」であまりあてにはならないんだが。そのあと半年放置していて、どうなったかと思って見に行ってみると、全く何もやってないのに100UU、500PV前後は維持していたのである。アフィリエイト収入も千円くらいは上がっていた。

かなりのボリューム(二千字から三千字)の記事を百個以上アップしているので、固定ファンがそれくらいついているのだ。つまり、何もしていない段階で月に一万五千PVくらいあるということで、これはアダルトとしてはたいしたことはないが、記事重視の一般ブログで考えるとちょっとした訪問者数なのである。アダルトという付加価値のせいか、普通に一般ブログを経営するのに比べて、ひと桁多いという感じがする。作業の仕方や考え方としては完全に一般ブログアフィリエイトであり、100UU以上ということはブログの上位30%くらいに入っちゃうわけで、これはそれなりに成功していると言わなくてはなるまい。(もちろん、アダルトサイトとしては弱小もいいところなんだが)

 

さて、そこでまず問題になってくるのは、記事の書き方である。ブログアフィリエイトにおいては記事が第一であって、最近では千字から二千字を超えるボリュームの記事を書くのは常識となっている。これはアダルト小説ブログにも当てはまることであり、もともと読者は読む気満々なので、一記事二千字以上というのは絶対のノルマだろう。

小説でも体験ものでもいいんだが、アダルト系でそれなりにボリュームのある記事となると、これはエンターテインメントということである。一般ブログの記事のように、どこかから引用してきたり、当たり障りのない常識論を並べて字数を稼ぐという技は通用しない。とにかく面白い記事を書かなくてはならず、ネタ切れということも当然あるわけで、誰にでもすぐ書けるという性格のものではないだろう。ただ、続けていれば絶対に上達するし、ある一定レベルの記事は書けるようになる。

そんなに長い文章ではないので(二千字ならば原稿用紙五枚分)、特に起承転結にこだわらなくても、ストーリーは自由に展開してかまわない。レベルが高いに越したことはないけれども、WEB小説は下手なのもご都合主義もご愛嬌で、ファンがつけばそれが味として認められるものだ。ただし、アダルトものであるから、連載ものの一編であっても、毎回のラストシーンを盛り上げてある種の満足感(詳しくは書かないが)を与えるような構成にしないと、読者の共感は得られないだろう。

 

それから、大事なのはアクセスの集め方である。動画系ならばアクセストレードという常套手段があるのだが、文章系のサイトではこれがなかなか難しい。同じような文章系をやっているライバルサイトがそんなに多くないし、相互リンクをしても訪問者数が限られているのだ。かといって、動画系のところはおそらく相互リンクしてくれないだろうと思われる。

そこで、まず初期段階のアクセス確保として、小説ポータルサイトに登録するという手が考えられる。これは作ったばかりのサイトにとっては絶大な恩恵となる手段であって、大手のポータルサイトに新着ブログとして紹介された瞬間、一時間に何百とかいった凄まじい勢いで訪問者が殺到して、特需景気に沸くこと請け合いである。まあ数日で特需は終わって、あとは閑古鳥が鳴くことは言うまでもないのだが(笑)。

あとは、投稿系の小説サイトに記事を載せて、リンクから地道に読者数を稼ぎつつ、ブログ内容を充実させていくこと。前述のようにネタ切れってことがあるので、毎日更新というのは難しいのだが、一定のペースを守って記事を書いていけば、数百PVくらいは余裕。一般ブログとはひと桁違うから、一千PVの壁を越えられるかどうかが、最初の難関ではないかと思う。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です