ひきこもり・ニートの受験勉強 地歴攻略で成績優秀者になれる

中間試験が終わったら今度は期末試験と、高校生のお友達には休む暇もないわけで、気分も重くなりがちであろう。特にひきこもりや不登校を経験した人は、日々の授業になかなかついていけなくて困ることも多いだろうと思う。当サイトでは、成績が上がらなくて絶望している人に、最小限の努力で高得点を取る勉強法をご紹介しているので、ぜひ次の定期試験から実行してもらいたい。即席なのでインチキくさいところはあるけど(笑)、簡単に80点以上取れるというのは本当である。

といっても、数学とか英語(英文法・英作文)は、試験前の二週間程度の丸暗記でOKなんだが、地歴は泥縄式の試験勉強ではなかなか難しい。ここで言う地歴とは、受験科目として選択するべき日本史と世界史のことであり、これは一年とか二年を単位として戦略的に仕上げていく必要があるのだ。だがそれでも、ちょっと考え方を変えるだけで受験でも定期試験でも八割くらいは取れるようになるのである。今回はその基本的なやり方を説明しよう。

 

まず第一に、受験で日本史か世界史と言われれば、つい親しみやすい日本史を選択する人が多いことと思う。どちらを選択しても難しさに変わりはないのだが、はっきり言うと世界史のほうが有利である。これは初歩的な話であると同時に盲点でもあって、進路指導の先生でもここに言及する人はまずいない。

なぜ世界史が有利かといえば、世界史は必修科目だから、たいていの高校では二年と三年の二年間かかって学ぶようになっている。一方の日本史はあくまで選択科目なので、別に教えなくてもいいし、やるとしても三年生の一年間だけという場合が多い(有名進学校では受験対策できっちりやるだろうけど)。この場合、教科書もやや簡潔に書かれたものを使用するので、授業で習ったことだけで日本史を受験科目にするのはキツいのですね。したがって、みっちり二年間習っている世界史のほうが、授業内容としては濃いわけである。

ということで、当サイトでは一応、地歴勉強法としては世界史を例に挙げることにしているのだが、もちろん日本史をやりたいという人はそれでかまわない。基本的なやり方は一緒である。

 

過去記事に繰り返し書いたように、世界史勉強法は授業を追体験しながら、少しずつ知識を厚くしていく「壁塗り法」が基本である。そこで昨今人気の実況中継本を使用するわけだが、「青木世界史Bの実況中継」「世界史Bナビゲーター」のどちらを使ってもかまわない。僕はどちらかとえいばナビゲーターの方を推している。というのは、教科書「詳説世界史B」と同じ山川から出ているので用語が統一されているのと、巻末に付録でついている問題集の使い勝手がいいからである。

電車やバスで通学している人は、その行き帰りの時間を利用して、ナビゲーターを毎日15ページとか20ページとか、同じペースで読むことを習慣にすればいい。一年間で四周くらいできるので、この習慣づけによって常に五割から六割くらいの知識をキープしておく。定期試験前には巻末問題集や、学校で使っている「山川世界史ノート」などでひととおり復習すれば、ほとんど試験勉強的なことをやらなくても簡単に80点くらい取れてしまうのだ。

地歴といえば、ほとんどの生徒が暗記ものであると思い込んで、試験の直前まで教科書の太字の部分を覚えようと、必死になっているものだ。暗記ものなのは確かだが、こういうやり方は非効率的だし、覚えたとしても断片的知識にすぎないので、あまり点数には結びつかない。それよりも毎日の習慣にして、無意識的に覚える方がはるかに楽だし、応用も利くのだ。

 

ナビゲーターを読むのを毎日の習慣にして、山川世界史ノートを併用すれば、定期試験対策としては万全だろう。80点くらいでいいやと思ったら適当に流せばいいし、100点取りたい人は問題集と世界史ノートの内容を、二週間くらいかけて丸暗記すれば、完璧に近いところまでいけると思う。定期試験でそこまでやらなくてもいいと思うけど、100点とか98点とか取って親に向かってドヤ顔するのも面白いだろう。

定期試験対策はそれでいいとして、受験対策の方はさらにもうひと工夫が必要になってくる。まず、受験する大学の過去問題を見て出題傾向を調べておくこと。私立大ならば独自出題のところもあれば、センター試験を採用しているところもあるからね。過去五年間の問題を見れば、出題とか回答方式、点数配分などをイメージとして掴むことができる。どの辺に力を入れればいいかということが、だいたい見えてくるだろう。

受験勉強としては、ナビゲーターを引き続き継続しながら、各社からでている「一問一答問題集」を一冊完璧に仕上げることを目標にする。ナビゲーターを四、五周もしたあとならば、歴史の流れがほぼ頭に入っているので、それほど苦労することもないはずだ。逆に言うと、大多数の人は基礎固めをやらずに一問一答だけを強引に覚えようとするから、結果的に何も身につかず点数にも結びつかないのだ。なにはともあれ、ここまで完走できればセンター試験で九割以上は確実に得点できる。時間がかかるし根気は必要だけど、必死になって暗記することもなく有名大学に受かるだけの学力が身につくわけである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

ドラクエ1を今ごろプレイしているレトロゲーム好きの中年男

いつものように延々と勉強ネタをやってもいいんだが、ちょうど中間試験が終わった頃のようなので、時期的に言ってそんな話は誰も読みたくないだろう。ということで、たまにはゲームネタを挟んでみるのも悪くないと思ったのである。といっても最近のゲーム機は全く持ってないので、必然的にレトロゲーム(下手したらマイコンゲーム)の話題になってしまう。マイコンはいかにも古すぎるのだけど、初代ドラクエの話ならば今どきのゆとり諸君に通じないこともないだろう、と希望的観測を抱きながらダラダラといってみたいと思う。

なんで初代ドラクエかというと、なんとなく「ドラゴンクエスト1・2」というスーファミのゲームをやりはじめたのである。今さら攻略記事を書いても仕方がないので、ただやりはじめたという報告だけしようと思ったら、早くも前半の山場であるドラゴン戦を突破して姫を救出してしまった。ストーリーらしいストーリーもないまますいすい進むし、システム的には「ドラクエ5」と同じ体裁にリメイクされていて、スーファミ版はごく普通のシンプルなRPGという感じで今でも十分に遊べるのだ。

 

それはそれだけの話なのですが、ひたすらうろうろとレベル上げをしていると、昔のことを妙に思い出してしまう。ドラクエの1とか2がファミコンで出ていた当時は、自律神経失調症に悩まされていて非常に苦しく、起き上がったり出歩いたりすることが辛かった。やることがないのでゲームばかりやっていた。といっても、もっぱらPCゲームばかりであって、ファミコンでまともなゲームが出るとは全く思っておらず、ファミコンを買ってもいなかった(仕事に出られなくて貧乏していたので、買うことができなかったのも事実なんだが)。

そしたら大学の先輩が見かねたのだろう、「ファミコンでベストプレープロ野球が出たぞー」と言って、ファミコン本体とゲームソフトを持ってきてくれた。それからしばらくは、ベストプレープロ野球のデータを入力しては延々と試合を観戦するのを、引っくり返ったまま繰り返す毎日だった。まあ、やってることは現在と大差ないわけだが(笑)。

そうこうしていたら、ちょっと起き上がれるようになったので、ふらふらと這うようにして商店街のファミコンショップに出かけるようになった。その頃はPCで「三国志」をやっていたがあまり乗れず、そこでナムコの三国志を買ったがこれもあまり面白くなくて、シミュレーション的なのは合わないなーと思って、期待せずに「天地を喰らう2 諸葛孔明伝」というRPGの三国志ゲームを買ったのですな。そうしたらこれが非常に面白くて、ファミコンでもRPGがやれるじゃん、と認識を新たにしたのだった。

 

そこで、ファミコンでRPGをやりはじめたのかと思ったら、そうではなかったんですねー。例の先輩がまたぞろ下宿にやってきて、「おまえまだファミコンやってんのか。時代は次世代機だぞ、スーファミだぞ、映像と音がダンチだぞ」と吹きまくるので、乗せられてスーファミを買ったのである(その頃には塾の先生に復帰したので、ちょっと金があったのだ)。それで「F-ZERO」とか「ウルトラマン」なんかを一年くらいやっていた。

そうこうするうちに、そういえば俺はRPGをやるつもりだったのだ、と急に記憶が甦ってきて、やっぱりまずはドラクエをやるべきである、と思ったのだった。その頃には、ドラクエは社会現象になるくらいの話題になっていた。しかし、まだスーファミ版のドラクエは出ておらず、最新作はファミコンの「ドラゴンクエスト4」だったのである。近所の古本屋で中古が300円だったのでさっそく購入して、ファミコンを引っぱり出してきてやりはじめたのが、僕の生涯初ドラクエだったわけである。

ところが、「ドラクエ4」の内容は全然覚えてないのだな。おそらくスーファミの映像に慣れてしまったので、ファミコンのショボい画面とかピコピコ音がかったるくなって、中盤で挫折したのだろう。その少しあとにプレイした「ドラクエ5」の面白さが鮮烈であって、僕の中では最初のドラクエ体験は4よりも5という感じになっている。ちなみに言うと、その頃ファイナルファンタジーシリーズもじわじわと話題になっていたのだが、「結構面白いけどドラクエには勝てないよね」という意見が大勢を占めていたと思う。僕はそういう感じで4、5あたりをやったあと、FF6のストーリーの面白さに打ちのめされて、ひょっとしたらFFはドラクエを抜いたんじゃないか?と思ったのである。

 

そういうふうにドラクエとFFに注目しつつ、いろいろなゲームを馬鹿みたいに中古ショップで数百円で買ってきては、仕事そっちのけで(?)プレイしつづける日々だった。RPGとシミュレーションRPGの主なタイトルはほとんどプレイしたのではないだろうか。僕にとってはスーファミ時代がゲーム全盛期であって、プレステやサターン以降は別物になったという気分が強いのだ。プレステを買って、最初のゲームとしてFF7をやった時の衝撃は測り知れないものがあったのだが、同時に僕の中では、それまでのRPGの時代が終わったなーという気持ちが大きかった。てなわけで、次回はスーファミRPGの思い出をいろいろ書いてみたいと思う。ではまたー。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・ニートが勉強やネットビジネスを始めた時の注意点

前回、前々回と当サイトの基本姿勢についておさらいしてみたんだが、そうこうしているうちにも、なんか物凄い数のスパムコメントが送られてきて困っている。うちにそんなものを送っても全くの無駄であり、即座に消去するし怒り心頭に発しているので、絶対に商売になどならないのだから、即刻やめてもらいたい。といっても相手は外人みたいなので、日本語で書いても無駄だし読んでもいないのだろうけどね。

 

さて、ひきこもりやニートのお友達が、一念発起して勉強とかネットビジネスを始めたとする。ここで、自己流で闇雲にやったり、無理な計画を立てたりしたら必ずすぐに挫折しちゃうので、正しい方法をよく調べてから効率的にやらなくてはいけない。できれば無駄を省いて最短距離で最大の効果を出したいものだ。いろんなやり方があると思うし、正解はないのだけど、当サイトで推奨している勉強法は、落ちこぼれ状態から一応成績優秀者の格好をつけられる一番簡単な方法と言うことはできるだろう。

いずれにしても、ノウハウコレクターになっちゃうのが一番よくないのである。いろいろな参考書をつまみ食いみたいにちょこちょこやったり、あるいはネットビジネスならば高額な教材を次々に購入してみたりするのは、多くの人が陥りやすい落とし穴であって、お金と時間の無駄なので注意しましょう。

 

と言いつつ、とりあえず自己流でやってみて失敗することもひとつの経験、ということもできるのだ。何回も失敗するうちに無駄が省かれていって洗練されていく、というのはゲームが上達する過程そのものであって、勉強やネットビジネスもゲームと同じ感覚で楽しんでやれれば、挫折することも少ないかも知れない。

僕はこのごろ、PCエミュで初代プレステの「グランツーリスモ2」をやっとるんだが、何度もやっているうちに無意識のうちに大金を稼げるようになっているので、自分でも驚いている。僕はシビック乗りなので、まず最初に中古のシビックを買って、ホンダのシビックレースに出るのだな。これで勝てば50万円貰えるので、七回走って350万たまると、今度は中古のR33スカイラインGT-Rを購入。それでマッスルカーカップの二番目のレースに勝ったら、プレゼントカーでコブラを貰えるんだけど、こいつを売ると1250万円になる(笑)。最近では、ここまでを全く無意識のうちにプレイしているわけだ。

現実世界でそれくらい簡単に稼げればいいのだが、こっちは何百円という話からのスタートである(アフィリエイトで数百円でも稼げればたいしたものなんだが)。僕はアダルトアフィリエイトを始めた頃、本当に何をどうしていいか分からず、サイトにどうにか閲覧者が来はじめるまで一年半くらいかかってしまった。そういう挫折とやり直しを何度も経験しているので、現在では最初に何をやるべきか、何をやってはいけないかということを身体が覚えていて、ある段階までは無意識で作業することができるわけだ。

先日、試しに新しいアダルトサイトを立ち上げてみたのだが、やり始めの頃に一年半とか二年とかかかった初期段階の集客を、一ヶ月ちょっとで達成することができたのである。とにかく行動してみて失敗を繰り返すことで、作業がどんどん効率化されていくということは確かにあるのだ。準備とか下調べは大事だが、準備ばかりしていて行動しないのでは進歩がないわけで、これと決めたらとにかく積極的にやってみることも大切なのである。

 

アダルトサイトの運営に興味のある人も多いだろうと思う。競合が多くて大変だとか、思ったほどは稼げないとか、ネット上ではいろいろなことが言われているのだな。それはそのとおりと言うしかないんだけど、きっちりやれば誰でもある程度(月10万くらい)まで稼ぐことはそれほど難しくない。ただし、その段階まで耐えられる人間はあまりいないだろうと思うので、その意味では難しいネットビジネスなのかも知れない。

このジャンルのアフィリエイトは、やることは非常に単純であって、毎日記事を更新してリンクをつけていく、ただそれだけだ。まず、毎日の単調な作業が続けられないという人には全く向かないのは確かだね。そして、数千とか数万のアクセスを稼がないと商売にはならないので、そこまでサイトを育てる根気が必要。その間の一年とか二年とかは完全なるタダ働きということになる。最初の頃はアクセス解析を見てもたいてい一桁、よくて10人とかいう状態がずうっと続くのだから、これはモチベーションとやらの維持が非常に難しい。というか、まともな神経とか社会常識を持っている人間ならば、初期段階でバカバカしくなってやめてしまうだろう。おそらく九割以上が三ヶ月以内に挫折するはずだ。

この挫折感、絶望感をくぐり抜けて続けていると、ときどき急激にアクセスが増える瞬間というのがあるのだ。しばらく停滞したかと思うと、また急にぐっと増えることがあり、気がつくとサイトがかなり育っていて、ぽつぽつと商品が売れはじめる。この時の達成感を味わいたくて、僕はアダルトアフィリエイトを続けているような気がするのだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもりの勉強講座 私立文系楽勝攻略法

ひきこもり経験者でも、落ちこぼれであっても、一年くらいの習慣的な勉強法で成績優秀者になれる、というのが当サイトのメインテーマなのである。もちろん、これは中学レベルの内容をクリアしていることが前提条件であって、有名進学校ではなくても普通程度の学校で、中位から下位をうろうろしているお友達に特に有効であることを注記しておく。

ざっくりと言えば、基本的に狙い目とする志望校は私立文系であり(理系好きだという人は理系でもいいですが)、国語・英語・地歴(日本史または世界史)の三科目か、国語を除いた二科目で中堅以上の名の通った大学に滑り込むことを目標とする。ここまではいいですね。

ここで大事なことは、余計な勉強は一切やらないことである。受験勉強というのはただでさえ時間が足りない。しかもひきこもり経験者とか落ちこぼれならば、普通以上にハンデを負っているわけで、そのうえに必要ではない科目まで勉強していては総崩れになってしまう。といっても地方公立高校などでは、まだまだ私立文系を馬鹿にする傾向があるため、ちょっとでも成績がいいと地元国立大学を受験させようとするのだな。結局、ズルズルと流されて五教科七科目をやらされる泥沼にはまりがちなのだ。

 

具体的に何をやればいいかというと、これは過去記事の繰り返しになってしまうが、大事なことなので何度でも言いましょう。英語(リーダー)と地歴である。このふたつは仕上げるまでに時間がかかるので、無意識の習慣にして毎日ダラダラとやり続けるのが非常に効果的なのだ。特に地歴は暗記科目ということで、短期間のガリ勉で覚えようとする人が多いのだが、これは大いなる勘違いである。重要事項を単語としていくら暗記しても、使いどころが分かってないので、結局は点数に結びつかないのだ。壁を重ね塗りするように、少しずつ知識を厚くしていくことが大事である。

それとは逆に、中間試験や期末試験の数学、そして英語(英文法、英作文)は、一週間程度の集中的な暗記で簡単に高得点を取れてしまう。だから、この辺の科目でいい点を取って成績優秀者としてアピールすることがまず先決。なぜかというと、ある程度の成績上位者でなければ有名私立を受けさせてはもらえないからだ。そして、長期的にはリーダーと地歴の二科目だけに専念する、という二段構えでいくことだな。

 

さっきも言ったように、世界史・日本史の難しさは、重要事項を意味のない単語ではなくて意味のある単語として覚えなくてはならない、というところにある。教科書の太字の部分をただ覚えても、なかなか点数には結びつかない。それはつまり、教科書というのは授業における先生の説明を前提として、できる限り簡潔に書かれているからなのである。

進学校の生徒ならば先生の言うことをしっかり聞いているだろうけど、普通レベルの公立校だとおそらくノートを取るのに汲々としているだろうし、わざと不真面目な態度をとるのがカッコいいと勘違いしているやつもいるだろう。要するに、点が取れないのは授業を聞いてないからなのだ。その意味で、授業をもう一回繰り返してくれる学習塾は、地歴に関しては重宝するわけである。そして、授業をいつでも追体験できる実況中継本を推奨する理由もそこにあるのだ。重要事項をただ暗記するのではなくて、歴史の流れの中で意味のある言葉として覚えることが大事。それが理解できれば、理屈の上では地歴一科目は攻略できたと言えるだろう。

特にナビゲーターには巻末に付録の問題集がついていて、これは定期試験用の復習にちょうどいい。授業で使っている山川世界史ノートあたりを、もっと簡略にしたような感じ。普段は毎日何十ページとか、ペースを決めて本文を読むことを習慣にしておいて、定期試験の前に巻末問題集をやれば、たいした苦労もなしに80点、90点くらいは取れてしまうのだ。

あと、これは邪道なんだけど、受験勉強でどうしても時間がないという人は、本文はざっと読むことにして問題集だけを丸暗記するという手もある。これはまあ、最後の手段だね。応用が利かないから、文章を記述する問題などには通用しないけれども、必要なことはひととおり覚えられるので、中堅大学程度ならばそこそこ得点できることは確かだと思う。

 

リーダーの予習復習と、ナビゲーターを使った地歴の習慣的な勉強だけで、私立文系狙いならば一年で偏差値58くらいまでは上げることができる。これは二科目だけに限れば、地方国立大をクリアできるくらいの学力であって、普通の公立高校ならば上位30番くらいに入るのではないだろうか。ひきこもりや落ちこぼれの状態から一年でそのレベルまでいければ、周囲を驚嘆させるのに十分だろう。それだけで親や教師からガタガタ言われることはなくなるし、同級生からも勉強のことで馬鹿にされるということは絶対になくなる。大学に受かる受からない以前に、まず人生が変わるのではないか

特に、当サイトのやり方では無意識の習慣ということを重視している。そのコツはただひとつ、毎日の日課にしてしまうことであり、歯磨きをしないと気持ちが悪いのと同じレベルで、勉強しないと気持ち悪くて眠れない、という状態を目指している。いわゆる受験勉強のイメージである、苦行的な単語や文法は一切やらないのがモットーである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

ひきこもりの人生リセット作戦 勉強とネットビジネスではじめよう

このところメインになっている勉強ネタですが、内容的にどうしても高校生向けになりがちなのである。それはそれでいいのだけど、元来はひきこもりで勉強しようにもどうしたらいいか分からない、というちょっと大きいお友達に向けて書いているわけである。大事なのはどこの大学に受かったとか、何点取ったかとかいった枝葉のことではなくて、ひきこもりや落ちこぼれの状態からどうやって人生を組み立てていくか、という長期的な展望にあるわけだ。

ちょうどメルマガ準備中でもあることだし(まだ言っているw)、当サイトとしても新たなスタートということで、基本中の基本を整理しておきたいのである。

 

ひきこもり経験者とか、まさに現在ひきこもっている人は、どうにも身動きが取れないという場合が多いと思うんだな。周囲からはいろいろ言われるし、働こうにも経歴が経歴だからなにかと難しい。ひきこもってゲームでもやっているより仕方がない、というのは僕も経験している。僕は体調が悪くて、十年くらい起き上がるのも難しかったので、さらに絶望的な状態だった。その頃はネットもない時代だったから、ネットビジネスはおろか、ちょっとした情報すら入ってこないので完全に社会から遮断された状況になってしまい、まるで無人島にいるようなものだった。

今はネットという便利なものがあるので、自宅に居ながらにして稼ぐことができるし、放送大学で学歴を得ることだってできる。これを最大限に利用して、ひきこもりであっても誰からもガタガタ言われない人生を築いていこうではないか、というのが当サイトの基本方針なのである。

僕はひきこもるのが悪いとは思ってないし、ひきこもりから脱出するべきだとも考えてはいない。ただ、落ちこぼれ状態からは脱出するべきである。勉強における落ちこぼれもそうだし、社会からも落ちこぼれて底辺にいるような状態から脱して、周囲から尊敬され一目置かれる存在になって、偉そうな顔して(?)生きてみようと言いたいのだ。そのために、大学卒業の資格を手に入れて、さらにネットビジネスで普通のサラリーマン以上の収入を手にすることを目指す。その域までいけば、たとえひきこもりであっても誰も何とも言わないばかりか、お金を持っているというので親兄弟や親戚が揉み手で擦り寄ってくることだろう。

 

そういうわけで、ひきこもり経験者がゼロから最短距離で普通の学力を身につけるにはどうすればいいか、というのを目指した勉強ネタだったのだけど、ちょっと現役高校生や浪人のみなさんに受けたので、「簡単に80点取る方法」というネタにシフトしてしまった。しかしまあ、基本は同じであって、無駄を省いて必要な勉強だけに集中すれば、短期間で名の通った中堅大学に入れるくらいの学力はつくのである。

ひきこもりの人はそうやって普通に受験して大学に行ってもいいし、放送大学で単位を取るのもありだ。大事なのは学力をつけて学歴を得ること。そして同時に、学費もネットビジネスで稼いじゃおうってことである。放送大学ならば年間17万くらいの学費負担で卒業することができる。これはネットビジネス初心者の目標としてちょうどいい金額である。

単純な話、学歴があって収入がある人間ならば、おいそれと馬鹿にされることはないし、不当な扱いを受けることもなくなるだろう。ひきこもり状態で身動きができないという人、何をどうすればいいのか分からないという人は、まずそのレベルを目指してみてはどうかと思う。そして、周囲から普通の扱いを受けられるようになったならば、それから改めて新しい人生の目標を定めればいいだろう。

当サイトの勉強ネタはその第一歩であり、普通の高校で無理なく成績上位に入る方法を解説している。具体的に言うと、英語・数学といった主要科目でコンスタントに80点以上取り、偏差値58程度の中堅大学に滑り込む方法を目指しているので、詳しいことは勉強カテゴリの過去記事を見てもらいたい。

 

あと、これが一番大事なんだが、勉強にしてもネットビジネスにしても、きっちり仕上げるには時間がかかるのである。まず一年単位で計画を立てて、毎日少しずつやって徐々に厚みを増していくのが基本なのだ。十日や一月で成果が出るものではないのだが、たいていの人はそれが我慢できなくて、途中で挫折してしまうのだな。特にブログアフィリエイトは、ブログが強くならなければ検索上位に表示されることがなく、つまりそれまではアクセス自体が増えないわけだから、売り上げが伸びるとなると一年とか二年とか先の話なのである。植物の種を蒔いてから実がなるまで数年かかるのと全く同じことだ。そう考えれば、途中でやめてしまうのがいかに馬鹿げたことかが分かると思う。

なにはともあれ、今はネットという便利なものがあって、ひきこもっていても勉強できるしビジネスもやれるのである。ひきこもっているというのは、自分の時間がたくさんあるので、逆に飛躍するチャンスでもあるのだ。どんな逆境にあっても、現在の状況を最大限に利用してのし上がり、お金と地位を手に入れて愚民どもを高みから見下ろしながら生きようではないか(笑)、と最後はいつも悪の首領みたいなことを言ってしまうのだが。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ