ドラクエ1を今ごろプレイしているレトロゲーム好きの中年男

いつものように延々と勉強ネタをやってもいいんだが、ちょうど中間試験が終わった頃のようなので、時期的に言ってそんな話は誰も読みたくないだろう。ということで、たまにはゲームネタを挟んでみるのも悪くないと思ったのである。といっても最近のゲーム機は全く持ってないので、必然的にレトロゲーム(下手したらマイコンゲーム)の話題になってしまう。マイコンはいかにも古すぎるのだけど、初代ドラクエの話ならば今どきのゆとり諸君に通じないこともないだろう、と希望的観測を抱きながらダラダラといってみたいと思う。

なんで初代ドラクエかというと、なんとなく「ドラゴンクエスト1・2」というスーファミのゲームをやりはじめたのである。今さら攻略記事を書いても仕方がないので、ただやりはじめたという報告だけしようと思ったら、早くも前半の山場であるドラゴン戦を突破して姫を救出してしまった。ストーリーらしいストーリーもないまますいすい進むし、システム的には「ドラクエ5」と同じ体裁にリメイクされていて、スーファミ版はごく普通のシンプルなRPGという感じで今でも十分に遊べるのだ。

 

それはそれだけの話なのですが、ひたすらうろうろとレベル上げをしていると、昔のことを妙に思い出してしまう。ドラクエの1とか2がファミコンで出ていた当時は、自律神経失調症に悩まされていて非常に苦しく、起き上がったり出歩いたりすることが辛かった。やることがないのでゲームばかりやっていた。といっても、もっぱらPCゲームばかりであって、ファミコンでまともなゲームが出るとは全く思っておらず、ファミコンを買ってもいなかった(仕事に出られなくて貧乏していたので、買うことができなかったのも事実なんだが)。

そしたら大学の先輩が見かねたのだろう、「ファミコンでベストプレープロ野球が出たぞー」と言って、ファミコン本体とゲームソフトを持ってきてくれた。それからしばらくは、ベストプレープロ野球のデータを入力しては延々と試合を観戦するのを、引っくり返ったまま繰り返す毎日だった。まあ、やってることは現在と大差ないわけだが(笑)。

そうこうしていたら、ちょっと起き上がれるようになったので、ふらふらと這うようにして商店街のファミコンショップに出かけるようになった。その頃はPCで「三国志」をやっていたがあまり乗れず、そこでナムコの三国志を買ったがこれもあまり面白くなくて、シミュレーション的なのは合わないなーと思って、期待せずに「天地を喰らう2 諸葛孔明伝」というRPGの三国志ゲームを買ったのですな。そうしたらこれが非常に面白くて、ファミコンでもRPGがやれるじゃん、と認識を新たにしたのだった。

 

そこで、ファミコンでRPGをやりはじめたのかと思ったら、そうではなかったんですねー。例の先輩がまたぞろ下宿にやってきて、「おまえまだファミコンやってんのか。時代は次世代機だぞ、スーファミだぞ、映像と音がダンチだぞ」と吹きまくるので、乗せられてスーファミを買ったのである(その頃には塾の先生に復帰したので、ちょっと金があったのだ)。それで「F-ZERO」とか「ウルトラマン」なんかを一年くらいやっていた。

そうこうするうちに、そういえば俺はRPGをやるつもりだったのだ、と急に記憶が甦ってきて、やっぱりまずはドラクエをやるべきである、と思ったのだった。その頃には、ドラクエは社会現象になるくらいの話題になっていた。しかし、まだスーファミ版のドラクエは出ておらず、最新作はファミコンの「ドラゴンクエスト4」だったのである。近所の古本屋で中古が300円だったのでさっそく購入して、ファミコンを引っぱり出してきてやりはじめたのが、僕の生涯初ドラクエだったわけである。

ところが、「ドラクエ4」の内容は全然覚えてないのだな。おそらくスーファミの映像に慣れてしまったので、ファミコンのショボい画面とかピコピコ音がかったるくなって、中盤で挫折したのだろう。その少しあとにプレイした「ドラクエ5」の面白さが鮮烈であって、僕の中では最初のドラクエ体験は4よりも5という感じになっている。ちなみに言うと、その頃ファイナルファンタジーシリーズもじわじわと話題になっていたのだが、「結構面白いけどドラクエには勝てないよね」という意見が大勢を占めていたと思う。僕はそういう感じで4、5あたりをやったあと、FF6のストーリーの面白さに打ちのめされて、ひょっとしたらFFはドラクエを抜いたんじゃないか?と思ったのである。

 

そういうふうにドラクエとFFに注目しつつ、いろいろなゲームを馬鹿みたいに中古ショップで数百円で買ってきては、仕事そっちのけで(?)プレイしつづける日々だった。RPGとシミュレーションRPGの主なタイトルはほとんどプレイしたのではないだろうか。僕にとってはスーファミ時代がゲーム全盛期であって、プレステやサターン以降は別物になったという気分が強いのだ。プレステを買って、最初のゲームとしてFF7をやった時の衝撃は測り知れないものがあったのだが、同時に僕の中では、それまでのRPGの時代が終わったなーという気持ちが大きかった。てなわけで、次回はスーファミRPGの思い出をいろいろ書いてみたいと思う。ではまたー。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA