ひきこもり・ニートでも稼げるアフィリエイトの盲点と裏技

アフィリエイトにもいろいろありますが、初心者がいきなりいわゆる「稼ぐ系」(お悩み相談、教材販売、恋愛・セックス等)に参入しても、急に成果を上げることは難しい。売り方自体の難しさにくわえて、ベテランのアフィリエイターが多いので競争率が高く、昨日今日はじめたばかりでは人目につくことさえままならないからである。そんなわけで、アフィリエイトをやろうと一念発起したはいいけど、商売まで行き着かないうちに挫折する人が多いのだ。おそらく九割以上の者が、三ヶ月と続かないでやめてしまうだろうと思う。逆に言えば、たとえ売れなくても半年以上続いている人は、それだけでかなり見込みがあるとも言える。

比較的成果が出やすいのが物販アフィリエイトであって、これはニュース系とか趣味系とか、何でもいいけど人の集まりやすいブログを作り、楽天やアマゾンの広告、あるいはアドセンスで稼ぐというものだ。ひとつのブログでは月に数万が限度だろうが、人気ブログになりさえすれば確実に何かが売れるので、初心者段階ではこの手法で稼ぐ感覚を掴むのがいいだろう。今回は、誰でも稼げる物販アフィリエイトってことで、ちょっとしたコツと裏技をご紹介してみよう。

 

一番手っ取り早いのが、人気ドラマのあらすじを毎日書いていくというやり方。テレビに昔ほどの神通力はなくなったとはいえ、午後九時台のドラマには、特に若い女性を中心にファン層が多いので、瞬間的にアクセスを集めやすい。そして、若い世代ならば楽天やアマゾンで買い物をするのはごく普通の行動だから、かなりの確率で広告をクリックしてもらえるのだ。これは二、三ヶ月もしっかり更新すれば、数百円の売り上げは簡単に出る(実際にやってみたところ、楽天では最初の月に早くも売れた)。

ブログのテーマはゲームでもいいし、芸能やスポーツでも何でもいいのだが、とにかく大筋ではメジャーなジャンルを選ぶこと。ファンが多いジャンルならば、単純にそれだけ閲覧者も多いということである。スポーツなら野球やサッカーは愛好者が多いけれど、例えば柔道とかフェンシングとかだと、マイナーすぎてブログを見ようという絶対数が少なく、これでは商売にならない。まずこの段階でマイナーな方に入っていては、戦わずして負けているので注意が必要だ。

とはいっても、あまりにメジャーすぎると競争が激しくて、やはり埋もれてしまうという悩みがあるのだね。例えば、AKBに関するブログならば売れ線ではあるのだけど、AKB関連のサイトはネット上に無数にあるわけで、その中で目立つためには、切り口を変えるとか、どこか特定の部分にクローズアックするとか、メジャーの中での細分化の工夫が必要になってくる。つまり、独自の視点で記事を書ける詳しいジャンルで、しかもメジャーなテーマを見つけようということ。

 

テーマが決まれば記事を書いていくんだが、ここでも初心者は基本的な部分でつまずく場合が多い。まずタイトルのつけ方だけど、これはロングテールを狙うことが大事だ。どういうことかというと、例えば「AKBの新曲」「プロ野球日本シリーズ」といった感じで無造作に適当なタイトルをつけてしまいがちなのだな。これでは、世間には何十万、何百万という記事が既に存在するわけで、新規に書いても検索エンジンでは最下位近くに沈んでしまい、読者は誰一人として訪れないだろう。なるべく30字くらいの長いタイトルを作って、その中にキーワードを三つくらい混ぜれば、競争率が下がって検索される確率が高くなる。

それから、記事はある程度以上の長さが必要である。以前は千字程度が基準になっていたが、最近は検索エンジンが利口になって厳しくなってきているので、内容のある記事を最低二千字以上という感じで書いていくのが望ましいようだ。ということを言ったら、ひたすら字数を埋めることに必死になる人が出てくるのだけど、ただネット上で調べてきたことをコピペしただけの、ありきたりな内容の記事では、いくら文字ばかりたくさん書いても意味がない。一番大事なのは内容であり、他にはない切り口で自分の経験や感想をしっかり書くことが要求される。当たり前のことなんだけど、これが最も難しいところである。

 

ブログを作る上での一番の悩みは、アクセスが集まらないことである。これは誰もが通る道なので、達観して割り切ることが大事だ。最初の三ヶ月とか半年とかは、二桁も来れば上出来と考えていればちょうどいいだろう。と同時に、SNSを利用したり相互リンクをつけたり、コメントまわりをやったりといった、自分でできることは全部やっておくこと。その当たり前の作業をやらないで、アクセスが集まらないといってやめてしまう人が多すぎる。しっかり記事を書いてしっかり対策を講じれば、100UUくらいは誰でも簡単に突破できるのである。

それに加えていうならば、過度な相互リンクやスパムコメント行為は逆効果であるし、他人の迷惑になって却って人気を落とす結果になるので、何事もバランスが大事である。サイトの人気を高めて読者から信頼を得ることが全てだという基本を忘れては、商売もなにもあったものではないのだ。

 

とまあ、裏技というよりは当たり前のことを並べた感じなのだけど、わが身をかえりみても、気がつくとこういった基本の逆を行っていることが多い。とにかく早く稼ぎたいという気持ちが強すぎて、つい悪手を打ってしまうようだ。アフィリエイトは「急がば回れ」である。結局、どんなテクニックよりもこの言葉に尽きるような気がする。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA