数学を定期テストで簡単に80点以上取る方法落ちこぼれ編

当サイトではひきこもり・ニート経験者諸君に向けて、学歴をデッチ上げる(おい)方法をご紹介しており、高校生向けの学習講座という気持ちはあまりなかったのである。とは言っても、僕自身が塾の先生をやっていた関係から、無駄な勉強法をやっている若人を見ると腹が立ってくるんで、ついつい「簡単に80点取る」シリーズに力が入ってしまうのだ。先日は英語編をやったので、今回はやはり期末試験対策として数学の得点の仕方をご紹介してみたい(実際に、現役高校生の読者ちゃんがいるのかいないのか判然としないのだけど)。

この数学編は過去記事に一回ちょこっと書いたのだが、その後外人がスパムコメントを大量に(一分間に何通という割合)送りつけてきてブログ運営が困難になったので、公開停止したりしているうちに埋もれてしまったのである。ちなみに、スパムコメントはひらがな入力を必須にしたらパタッと止んでしまった。さすがのクソ外人もひらがなは知らなかったようだ。

 

さて、数学を苦手にしている高校生のお友達(大人でもいいけど)は大量にいるようだけど、実は全科目の中でも、数学が最も高得点を取りやすいのである。はっきり言って、高校の定期試験やセンター試験では、普通に満点を狙える科目なのだ。普通レベルの高校に入れる脳味噌があれば、誰でも八割以上は簡単に取れるのに、やり方が間違っているせいで必死にがんばっても30点とか40点とか、落第点を取って泣いている子が多いのである。これは非常にもったいない話なので、ここで点の取り方に特化した勉強法を披瀝することとしよう。と大仰に言うほどのことでもないんだが。

まず、参考書のたぐいは一切買う必要はない。ただし、教科書はあまりにも簡潔に書かれていて、先生の説明抜きでは分かりにくいところがあるのは確かなので、どうしても数学が苦手だという人は、チャート式の一番簡単なやつを買ってもいいと思う。基本的に、使用するのは教科書と、授業で使っている問題集(おそらく3TRIALか4STEP)だけで十分である。定期試験対策では、一週間前から勉強する人が多いと思うが、これではちょっと時間が足りないかも知れない。二週間かけてやれば、余裕を持って満点狙いまで持っていけるだろう。一夜漬けなどというのは全くの論外である。

 

まず最初に、教科書を見ると「例題」というのが載っている。そこには解き方をていねいに解説しているので、その説明文に書いてあるとおりに例題を解いてみる。ここで、大半のお友達が「よーし、分かった」と言って、次の例題に取りかかってしまうのだね。数学の点数が上がらない原因は、ひとえにこのやり方にあるのだ。

中学校までなら、この勉強法で十分だったのである。問題自体が簡単なので例題を一回見たら覚えられるし、試験の時には思い出しながら解答しても、たとえうろ覚えであってもそこそこ得点できた。しかし高校の数学は一回では覚えきれないうえ、試験問題の数が多いので、思い出しながら解いていたのでは時間切れになってしまうのだ。よく「分かってはいるんだけど時間が足りなくて」と言い訳するやつがいるが、これは完全に稽古不足であって、つまりは分かってないということなのである。

ではどうすればいいかというと、例題を一回解いてとりあえず理解できたら、次にその下に出ている練習問題を解く。おそらく五個から十個くらい載っていると思うので、最初のいくつかは例題を真似しながら解いて、後半は例題を見ないで自力で解いてみる。ここまでくれば、その問題に関しては一応自分の力で解答できるようになったが、まだうろ覚えの状態である。このまま試験を受けても時間が足りなくて、五割から六割取れればいいところだろう。そこで、時間切れにならないようにスピードアップのための練習をする必要がある。

今度は学校で使っている問題集を取り出して、同じ問題が載っているページを開く。すると、やはりそこにも十題くらい出ているので、スピードを重視しながら片っ端から解いていきましょう。同じ問題を十回も二十回も解くのだから、最後の方になると手が解き方を覚えたみたいに、無意識のうちに物凄い速さで解答できるようになる。おそらく、問題を見た瞬間に解答のイメージが頭に浮かぶレベルまでいくだろう。そこまでいけば、その問題に関しては完成である。試験範囲の全ての例題について同じことを繰り返せば、馬鹿でもチョ○でも80点、90点は簡単に取れるようになるわけだ。つまるところ、分かる分からないではなくて徹底した反復練習と、スピードアップということなのである。

 

以上は定期試験対策なのだが、センター試験対策でもやることは全く同じだ。センター試験では数学1だけやればいいので、分量としてもそれほど多くなく、確実に高得点が取れるので非常に美味しい科目ということができる。教科書に出ている全ての例題について、同じ問題を十個から二十個一気に解くという反復練習をやる、ただそれだけのことである。そして、学校で使っている問題集を最初から最後まで全問解いてしまえば、数学の勉強は終了。文系の人ならば、数学についてはこれ以上何もする必要はない。

実際、僕は高校生の頃、夏休みを利用して問題集を最後まで全問一気に解くという勉強法をやってみた。それまで数学は苦手だったのだが、夏休み明けからは急に得意科目になり、マークシート模試では簡単に満点が取れるようになった。数学と聞くだけで暗い気分になっていたのが、逆に楽しくて仕方がないように変わり、生活も大きく変わったのである。




ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA