オープンワールドゲームおすすめ PCとPSで自由度の高い冒険を楽しもう

オープンワールドゲームというのは、日本では「グランド・セフト・オート」みたいなゲームという感じで、かなり狭い意味で認識されているようだ。そして、GTAみたいなゲームが日本のメーカーから出てこないので、「日本人にオープンワールドゲームは作れない」などといった性急な結論が出てしまっている。GTAに関して言うならば、車泥棒や犯罪は日本人の感性に合わないので、ああいうタイプのゲームを敢えて作ろうとは思わないのだろう。僕の考えでは、広い世界が感じられて冒険している気分になれればオープンワールドと言えるので、別に3Dでなくてもシームレスでなくてもいいと思っている。

その意味で、僕が最初に広い世界での冒険を感じることができたのは、ファミコンの「天地を喰らう2 諸葛孔明伝」だった。パソコン(マイコン)小僧だった僕だが、家庭機で本格的なRPGがやれるとは思ってなかったので、このゲームにはかなりびっくりしたのである。これはつまり三国志のRPGなんだけど、敵が軍門に下るとそのまま仲間になるのが変わっていて、最終的には何十人もの武将が仲間キャラになる。これはのちにPSで出た「幻想水滸伝」のハシりではないかと思っている。

その「幻想水滸伝」シリーズも、スタンダードなRPGだけど世界の広がりと自由度では、オープンワールドゲームと言ってもいいのではないか。特に四作目は非常に評価が低かったけれども、3Dマップの世界を自由に冒険するという感じは、このゲームが一番よく出ている。日本では自由度の高いゲームが出ないと文句を言っておいて、出たら出たでストーリー性が薄いと文句をつけるんだから、まったく勝手なものである。

 

ところで、3Dで描かれた世界を自由に旅する、本格的なオープンワールドRPGといえば、やはり「ドラゴンクエスト8」であろう。これはストーリー性が高い和製RPGの代表格ということもあり、オープンワールドという観点で語られることはほとんどないのだが、当時で言えば「オブリビオン」に匹敵する名作ではないかと思うのだ。このゲームはマップが3D、キャラが2Dで描かれているそうで、こういう手法はPS時代の「グランディア」「ゼノギアス」でも用いられていたものの、PS2になってようやく、アニメキャラがゲーム上でグリグリ動く感じを実現することができたようだ。格闘ゲームの「ドラゴンボールZ3」もそうだが、ポリゴンよりもこうしたアニメ調の表現の方が、日本のゲームには合うような気がする。

PS2時代では、「ダーククロニクル」「バンピートロット」といった3D調のアドベンチャーRPGが輩出し、それなりにオープンワールド的な気分(定義が曖昧なのでよくわからんけど)を楽しむことができた。しかし、本当に自由度の高い冒険という意味では、レースゲームの「チョロQHG2」こそが、日本製オープンワールドゲームの最高傑作ではないかと思うのだ。これはラジオを聴きながら世界を好きなように走りまわって、町についたら適当にレースをやるという、まったく自由でいいかげんなところが非常によかった。どういうわけか、以降の続編ではこのスタイルはなくなり、普通のレースゲームになってしまったのだが……。おそらくは、「チョロQワンダフォー」の続編を企画したときにちょうどオープンワールドが流行りだしたので、単純に便乗したのだろう。

 

3Dの世界を駆けまわるスタイルといえば、レースゲーム・ドライビングゲームと相性がいいのは当然のことだろう。初代PSだと「バットマン」というのがあって、ゴッサム・シティーをバットモービルで走る面白さがあったが、これはもうひとつ技術が追いつかなくて珍作といったところ。むしろ海外PCゲームからPSに移植された「ミニミニ大作戦」(日本未発売)の完成度が高かった。もっとも、これはミッションをこなしていく形式であって、自由度はないのだが、立体的な町の中を車でグリグリ走るという感覚が、ドライビング・ゲームとしてはかなり画期的だったのである。「オーバードライビン」(ニード・フォー・スピード)あたりでも、まだ背景は平板な書き割り調だった頃の話だ。

さすがに初代PSで3Dのオープンワールドは無理があったわけだが、そんな時代にもかかわらず、日本製ゲームの中から奇跡的な快作が生まれている。人気のロックマン・シリーズをオープンワールド・アドベンチャーにした「ロックマンDash」である。これはその頃流行していたFPSから発想したスタイルかも知れないが、それにしても初代PSの段階で、3D世界をグリグリ動きまわるアクションアドベンチャーとは、よくぞ作ったと言わざるを得ない。この「ロックマンDash」は二作目も出たし、現在でも熱狂的ファンが存在するシリーズなのだが、メーカー内部でゴタゴタがあったのか、続編は完全に頓挫してしまったようだ。

 

オープンワールドゲームが家庭機で主流になってくるのは、当然PS2時代になってからで、特に「ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド2」の登場が大きかったと思う。今から思えばごく狭い箱庭世界ではあるのだが、町の中を自由に走りまわるレースゲームというのは、それまではありそうでなかった。前作がひとつの町をレース場に見立ててストリートレースをやるという内容だったので、そこに流行してきたオープンワールドを組み合わせたのだろう。次の「モスト・ウォンテッド」では、警察に追われて町中を逃げまわるという、のちの「ニード・フォー・スピード」シリーズのスタイルが完成したのである。この「アンダーグラウンド2」「モスト・ウォンテッド」を模倣したストリートレースものは、海外ではかなりの数が出現した(日本にはほとんど来なかったけど)。

そして、ハワイ・オアフ島をまるごとゲーム世界にしてしまった、究極とも言うべきドライビング・ゲーム「テストドライブ・アンリミテッド」がPCで登場。これはPS2にも移植されたんだが、アタリ社の倒産とかあって日本版は発売されなかった、残念。そんなところがPS2のオープンワールド・レースゲーム事情なんだけど、そうした流行の波が来る前に「チョロQHG2」が出ちゃったという、歴史的快挙に注目してもらいたい。注目しようにも、このゲーム自体なかなか手に入らない代物であるのだが。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA